2011年10月14日

SHO-BI

7819SHO-BIの今後10年間を配当中心に占ってみる。

化粧雑貨、服飾雑貨及びキャラクター雑貨のファブレスメーカー。

各事業部門は販売先の売場別で区分されてる。
「ヘルス&ビューティー事業部門」(スーパー等の化粧品・服飾雑貨売り場)が売上げの33.4%(2Q時点)。
「ファンシー・キャラクター事業部門」(スーパー等のキャラクターグッズ売り場)が56.0%。
「その他事業部門」(100円均一ショップ、コンビニ等)が10.6%。

1948年 創業者である寺田正次がクシ・ブラシなどの化粧雑貨の一次問屋「寺田商店」を創業
1949年 粧美堂株式会社を設立
1960年 株式会社ダイエーと取引開始。ジャスコ、ニチイ、イトーヨーカドー等、総合スーパーの販路拡大
1996年 株式会社サンリオとのライセンス契約を継承
1999年 ウォルト・ディズニー・ジャパン社との間でライセンス契約を締結
2005年 中国国内でのディズニーキャラクターの商品化許諾権を取得
      中国でのキャラクター雑貨販売と国内輸入窓口として粧美堂日用品(上海)有限公司を設立
2006年 商号を「SHO-BI Corporation株式会社」へ変更
2008年 商号を「SHO-BI株式会社」へ変更
2009年 ジャスダック証券取引所(現大阪証券取引所JASDAQ市場)に上場
2010年 東京証券取引所市場第二部に上場
2011年 東京証券取引所市場第一部に指定

続きを読む


posted by 冬葉ツトム at 16:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | 保有銘柄 | 更新情報をチェックする


2011年10月07日

ザッパラス

3770ザッパラスの今後10年間を配当中心に占ってみる。

携帯およびPCの占いコンテンツが中心。

「コンテンツ事業」(占いやデコメや待ち受けなど)が売上高の75.5%。
「コマース関連事業」(オンラインショッピングや携帯電話販売)が22.3%。
「その他の事業」(他社サイト運営)が2.1%。

社名「ザッパラス」の由来は"zap=元気"と"pallas=知恵・工芸の女神"を組み合わせた造語だそうだ。

2000年 サイバービズ株式会社を設立
      モバイルコンテンツの企画制作・開発・運営の受託を通してBtoCのEコマースを開始
      iモード公式コンテンツ「待受ギャラリー」を配信、デジタルコンテンツ事業を開始
2001年 株式会社ザッパラスに社名変更
2003年 iモード公式ショップ「アロマガーデン」をオープン、モバイルコマースを開始
2004年 PCユーザー向けにデジタルコンテンツの提供開始
2005年 東京証券取引所マザーズへ上場
      携帯販売等を行う株式会社ジープラスを子会社化
2006年 携帯コンテンツの企画・開発・制作を行う株式会社アレス・アンド・マーキュリーを子会社化
2008年 総合ショッピングサイト「ポケットマーケット」をオープン
2009年 東京証券取引所市場第一部へ市場変更
      iPhone向け占いアプリ『今日の星占い』の提供開始
      mixiアプリ 第1弾『ミク×ミク診断』提供開始
2010年 モバゲーオープンプラットフォームへアプリ提供開始
      モバイル版「GREE」向けソーシャルゲーム 第1弾『パイレーツレジェンド』提供開始
      中国国内携帯向けアプリ『心を読むタロット』をアップストアへ提供開始
2011年 ソーシャルゲーム「スピトラ外伝」を「モバゲータウン」にて提供開始
      芸能人コラボスイーツ企画第1弾「イモトわたろん」を「スイーツの王様」にて発売開始
      PC向け占いポータルサイト「cocoloni 本格占い館」を提供開始
      女性のためのスマートフォン生活お助けサイト 「プリマ!」を提供開始

続きを読む


posted by 冬葉ツトム at 16:03 | Comment(4) | TrackBack(0) | 保有銘柄 | 更新情報をチェックする


2011年09月22日

トラストパーク

3235トラストパークの今後10年間を配当中心に占ってみる。

駐車場運営が主柱。マンション分譲も拡大中。
福岡・九州を中心に全国大都市圏に進出。

セグメント別だと「駐車場事業」が売上高の73.9%、「不動産等事業」が26.1%に分かれる。

1993年 有限会社ピー・エム・トラストを設立
1995年 株式会社ピー・エム・トラストへ組織変更
1998年 大分・長崎・鹿児島営業所を開設
2000年 東京営業所(現東京支店)を開設
2001年 駐車場専用POSシステムを開発.加盟店運営開始
2003年 名古屋営業所を開設
      トラストパーク株式会社へ商号変更
2004年 大阪支店を開設
      子会社「トラストネットワーク株式会社」を設立
2005年 山口支店を開設
2006年 福岡証券取引所 Q-Board市場に上場
2009年 神戸営業所を開設
      子会社「ピー・エム・トラスト株式会社」を設立、飲食業として「いなほ焼き」販売
2010年 株式会社グランシップの株式を取得、子会社化
      宮崎営業所を開設
2011年 ピー・エム・トラスト株式会社を清算結了、飲食業から撤退
      子会社「タウンパトロール株式会社」を設立
      札幌営業所を開設

続きを読む


posted by 冬葉ツトム at 16:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 保有銘柄 | 更新情報をチェックする


2011年09月16日

グリーンクロス

7533グリーンクロスの今後10年間を配当中心に占ってみる。

工事安全機材を販売・レンタル。商業施設向け広告の製造・販売。
福岡を拠点に西日本全域に展開。

商品別売上高は「安全機材用品」(工事安全機材の販売)が44.7%、
「グリーンレンタル」(工事安全機材のレンタル)が14.6%、
「サインメディア」(広告看板の販売)が40.7%。

1969年 福岡市に交通標識製作所を個人創業
1971年 株式会社交通標識製作所を設立
1983年 商号を株式会社グリーンクロスに変更
1990年 全拠点にカッティングマシーン導入
1996年 福岡証券取引所へ株式上場
1999年 住友3Mと提携しスコッチプリントを製作販売するグリーンメディア事業部を開設
      グリーンレンタル事業部を開設
2006年 株式会社児島産業岡山を連結子会社とする(2008年に吸収合併)
2010年 中国浙江省杭州市に杭州緑十字貿易有限公司を設立
      東亜安全施設株式会社の株式を取得し連結子会社とする

続きを読む


posted by 冬葉ツトム at 16:13 | Comment(7) | TrackBack(0) | 保有銘柄 | 更新情報をチェックする


2011年07月22日

SPK

7466SPKの今後10年間を配当中心に占ってみる。

自動車補修部品と産機・建機部品を卸す商社。
社名の由来はSincerity(誠実)、Passion(情熱)、Kindness(親切)から。

国内営業本部と海外営業本部と工機営業本部という変わったセグメント。
国内営業本部は国内の主に車検向け部品を扱う。売上高の59.7%。
海外営業本部は海外への補修部品の輸出。29.7%。
工機営業本部は産機・建機の組み付け部品。10.6%。
海外現地法人はシンガポール、マレーシア、タイ、中国広州、オランダの5社。

1917年 伊藤忠商事株式会社の機械部より分離し、系列会社として大阪自動車株式会社を設立
1922年 伊藤忠商事株式会社の系列から離脱・独立。自動車部品・用品の販売に専念
1949年 社名を大同自動車興業株式会社に改称、自動車部品専門商社として再スタート
1980年 シンガポールに現地法人を設立
      大阪工機部を開設
1990年 オランダに現地法人設立
1992年 社名をSPK株式会社に変更
1995年 ジャスダックに株式上場(店頭登録)
1997年 マレーシアに現地法人設立
2000年 東証第二部市場に上場
2003年 東証第一部市場に指定
      大阪の株式会社丸安商会の全株式を取得し連結子会社化
      中国広州に駐在員事務所開設
2005年 タイに現地法人設立
2007年 中国広州駐在員事務所を現地法人に格上げ

続きを読む


posted by 冬葉ツトム at 16:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 保有銘柄 | 更新情報をチェックする


2011年06月17日

クリエイト・レストランツHD

3387クリエイト・レストランツHDの今後10年間を配当中心に占ってみる。

外食チェーン。現在121業態で運営中という多業態展開が特色。

全店舗数376店舗。うちレストラン部門221店舗(58.8%)、フードコート部門155店舗(41.2%)。
立地別店舗数では、郊外SC49.7%、都市SC他28.7%、駅ビル12.2%、百貨店6.9%、路面2.4%。
海外には上海に中華/小籠包専門店が2店舗。

1997年 徳壽クリエイティブサービス株式会社(現・株式会社徳壽)が地ビール
      製造販売会社として、株式会社ヨコスカ・ブルーイング・カンパニーを設立
1999年 株式会社クリエイト・レストランツに商号変更
      レストラン事業を開始(台場「portofino」等、5店舗を出店)
2000年 三菱商事株式会社が資本参加
      「フードバザー御殿場」を出店し、フードコート事業を開始
2001年 近畿エリアへ進出
2003年 東海エリア、九州エリアへ進出
2004年 北海道エリア、中国エリアへ進出
2005年 東北エリアへ進出。愛知万博に「フェスティバルフードコート」を出店
      東京証券取引所マザーズに株式を上場
2006年 北陸・四国エリアへ進出
2007年 信越エリアへ進出
      株式会社吉祥との合弁会社「株式会社クリエイト吉祥」が営業を開始
2008年 上海豫園南翔饅頭店有限公司との合弁会社「上海豫園商城創造餐飲管理有限公司」を設立
2010年 事業持株会社体制へ移行
      「株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス」に商号変更
      上海万博に、合弁会社を通じて「南翔饅頭店」を出店
      子会社「中國創造餐飲管理有限公司」を香港に設立

続きを読む


posted by 冬葉ツトム at 16:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | 保有銘柄 | 更新情報をチェックする


2011年06月10日

伊藤園第1種優先株式

25935伊藤園第1種優先株式の今後10年間を配当中心に占ってみる。

茶葉・緑茶飲料の最大手。「お〜いお茶」で有名。
その2593伊藤園の発行する優先株が25935伊藤園第1種優先株式。

優先株式は2007年9月に東証一部上場。
普通株式1株につき0.3株の割合にて第1種優先株式を無償で割り当て。
11月に740万株、12月に110万株を発行。
議決権が無い代わりに優先配当が受けられる。
優先配当は普通配当額の125%。小数第一位を切り上げ、ただし15円を下限とする。
普通株が無配でも優先配当15円は支払われる。
優先配当の全部または一部が支払われない場合は、不足分の優先配当は累積される。
普通株式への転換権は無し。

売上高のうち「茶葉(リーフ)事業」が9.4%、「飲料(ドリンク)事業」が89.4%。
この「飲料(ドリンク)事業」の内訳は
日本茶48.2%、中国茶5.0%、野菜11.6%、果実4.5%、コーヒー7.4%、紅茶4.8%、
機能性1.5%、ミネラルウォーター3.4%、その他3.0%。


1966年 伊藤園の前身「フロンティア製茶株式会社」を設立
1969年 商号を「株式会社伊藤園」に変更
1979年 ウーロン茶(茶葉)の販売を開始
1981年 「缶入りウーロン茶」開発、販売開始
1985年 「缶入り煎茶(「お〜いお茶」の前身)」の開発に成功、販売開始
1987年 ITOEN(USA)INC.(アメリカ ハワイ州)設立
1989年 「缶入り煎茶」を「お〜いお茶」に名称変更
1992年 ジャスダックに株式を店頭公開
      「充実野菜」発売
1994年 ITO EN AUSTRALIA PTY. LIMITED(オーストラリア)を設立し、茶園の造成を開始
      合弁会社寧波舜伊茶業有限公司(中国)を設立
1996年 東京証券取引所市場第二部に上場
1998年 東京証券取引所市場第一部に指定
2001年 米国本土に連結子会社ITO EN(North America)INC.を設立
2004年 「お〜いお茶 濃い味」「1日分の野菜」発売
2006年 フードエックス・グローブ株式会社、Mason Distributors,Inc.を連結子会社化
2007年 「TULLY’S COFFEE BARISTA’S SPECIAL」を発売
2008年 ダノングループと「エビアン」の国内独占販売権を締結
      伊藤園・伊藤忠ミネラルウォーターズ株式会社を設立
      フードエックス・グローブ株式会社とタリーズコーヒージャパン株式会社が合併し、
      商号をタリーズコーヒージャパン株式会社に変更
2009年 ニューヨーク生まれの「TEAS' TEA」ブランドを日本で発売
      「タリーズコーヒー」ブランドで初の缶コーヒー発売
2011年 チチヤス株式会社の株式を取得し子会社化

続きを読む


posted by 冬葉ツトム at 16:09 | Comment(3) | TrackBack(0) | 保有銘柄 | 更新情報をチェックする


2011年05月27日

あいホールディングス

3076あいホールディングスの今後10年間を配当中心に占ってみる。

株式会社ドッドウエル ビー・エム・エスとグラフテック株式会社の設立した持株会社。
子会社16社(連結子会社14社、非連結子会社2社)、関連会社3社により構成。
そのため両社の行なっていた事業が合わさって、かなり多岐に渡ってる。
「セキュリティ機器関連事業」が売上げの23.4%。
「カード機器及びその他事務用機器関連事業」が11.6%。
「コンピュータ周辺機器関連事業」が23.9%。
「保守サービス関連事業」が9.9%。
「設計事業」が16.6%。
「計測機器関連事業」が5.3%。
「リース・割賦関連事業」が8.4%。
「その他関連品事業」が2.0%。

所在地別の売上げは日本が89.9%、北米が6.9%、欧州が3.1%。

7626株式会社ドッドウエル ビー・エム・エスの沿革
1950年 有限会社タイプライターサービス社を設立
1963年 有限会社ドッドウエル・ビジネスマシーンズ・サービス社に商号変更
1978年 株式会社ドッドウエル ビー・エム・エスに商号変更
1999年 日本証券業協会に株式を店頭登録
2002年 東京証券取引所市場第二部に株式を上場
2003年 東京証券取引所市場第一部銘柄に指定

6968グラフテック株式会社の沿革
1949年 株式会社渡辺研究所を設立
1952年 株式会社渡辺測器製作所に商号変更
1977年 渡辺測器株式会社に商号変更
1983年 グラフテック株式会社に商号変更
1985年 東京証券取引所市場第二部へ株式上場
1987年 東京証券取引所市場第一部へ指定替え

2007年 株式会社ドッドウエル ビー・エム・エス及びグラフテック株式会社が持株会社を設立。
      東京証券取引所市場第一部に上場。
      株式会社USTAGEを子会社に。
2008年 株式会社ユー・エス・ケーを関係会社に
      株式会社ニューロンを子会社に。
2009年 株式会社塩見設計を子会社に
      あいエンジニアリング株式会社を設立
      Silhouette America, Inc.を設立
2010年 株式会社塩見設計が商号を株式会社あい設計に変更

続きを読む


posted by 冬葉ツトム at 15:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 保有銘柄 | 更新情報をチェックする

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.