2016年08月31日

2016年8月末の日本株式ポートフォリオ

お試し買いのウエストは、期末一括配当の権利落ちの大幅安が
手に取るように予想できたので手放した。

買い増しの3銘柄は、ブレグジットの時に信用で建てた玉が
ようやく現引きできた。
これで構造とG7は準主力級になった。

ダイキは簿価を下げるのが主目的。
意外とメンテが伸びてるが、風力発電は無風。

ミロク情報は、こういうのを売っちゃうから駄目なんだろうなぁ・・・・・
とは自覚してるのだが。


4245ダイキアクシスを買い増し。
4748構造計画研究所を買い増し。
7508G-7HDを買い増し。

9928ミロク情報サービスを部分売却。

1407ウエストHDを売却。

という訳で、0増1減の合計77銘柄。

続きを読む


posted by 冬葉ツトム at 16:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポートフォリオ | 更新情報をチェックする


2016年07月29日

2016年7月末の日本株式ポートフォリオ

平穏な1ヶ月で特に変更すべき要素もないので
単純に先月買った2銘柄を買い増しした。

ユニリタは変革期でもう少し時間が経たないと成長が見えてこないのと、
その割には他のIT系保有銘柄に比べて低配当でポジが大きいので調節。


3712情報企画を買い増し。
7561ハークスレイを買い増し。

3800ユニリタを部分売却。

優待株を2銘柄売却。

という訳で、0増2減の合計78銘柄。

続きを読む


posted by 冬葉ツトム at 15:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポートフォリオ | 更新情報をチェックする


2016年06月30日

2016年6月末の日本株式ポートフォリオ

先月の方針「円高とデフレ」を続行中。
因みに、別に円高とデフレを予想してる訳ではない。
もし逆に円安になっても外国株が上昇してくれるはずだし、
もし逆にインフレになっても株全体として上昇してくれるはず・・・
という、「どっちに転んでも痛くない」の基本方針を維持してるだけ。

情報企画は金融機関相手のシステム屋。
地銀や信金のシェア高く、メンテが4割を占める。
配当利回り3.4%で増配傾向で優待もあって、
この磐石の守りなら文句なし。

ハークスレイは「ほっかほっか亭」。
外食(中食だけど)強化を狙って色々と捜してみたが、
よく解らなかったので単純に配当利回りで選んでみた。
いくらなんでも売られすぎてる様に見える。
幻かもしれないが(笑)

構造はあまりにも急騰してたので。
ミロクはPF内配分を考慮して一部売った。


3712情報企画を新規買い。
7561ハークスレイを新規買い。

3020アプライドを買い増し。

4748構造計画研究所を部分売却。
9928ミロク情報サービスを部分売却。

という訳で、2増0減の合計80銘柄。

続きを読む


posted by 冬葉ツトム at 15:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポートフォリオ | 更新情報をチェックする


2016年05月31日

2016年5月末の日本株式ポートフォリオ

円高とデフレへの対応を一層進めた。
となれば当然内需という事になるのだが、
PFのコアは建設土木とソフトウェアで、後者を少し増強した。
サテライトとしては、外食小売は嫌いなんだが
上場企業数の多さから無視も出来ないと思って捜してみた。
すると、色々と発見があった。
さらに印刷業にも興味がある。

アバントはろくすけさんのパクリ(笑)
といっても、目的は違うだろうけど。
ミロク情報やプロシップと同様の会計ソフトビジネスで、
サポートが3割を占める。
前期に大赤字の子会社も本体に吸収されたし。
2018年に36円配当、2020年に54円配当という会社目標は達成出来ると判断。

ハイマックスは金融業界に強いシステム屋。
メンテが4割を占めて安定感は高い。
その分、アバントほどの成長意欲は感じられないが。
フィンテックの裏方として恩恵があるんじゃないかと妄想。
フィンテックの他にもAIとかVRとか、結局はIT社畜の皆さんが
血吐くほど頑張らないと実現しないんでしょ?

G-7HDはオートバックスのFCだと思ってたら、
今はもう業務スーパーのFCが主体になってた。
業務スーパーならデフレと円高の恩恵を享受できるはず。
テラバヤシの買収も上手くいったみたいだし。
FC本部の神戸物産の体たらくを見ると、
本部の言いなりの様な弱い立場でもなさそうだし。

アプライドはパソコンショップだと思ってたら、
今はもう法人向け卸やサポートが主体の様な感じ。
PER5倍で配当利回り3%は、いくらなんでも無視されすぎだと。
雑貨屋も展開してて赤字だが、今期か来期には黒字になると思う。
九州地盤なので熊本地震の悪影響は直近で出るだろうが、
復興時はむしろ追い風になると期待も。

中本パックスはグラビア印刷の会社。
記念配込みとは言え90円配当は驚いた。
さらに中間配実施と2-8月決算の内需株とあっては買うしかないと、
熊本地震の翌朝に信用買いした玉を現引き。
辛うじて1600台で買えた。
余談だが、雑誌等のグラビアページは殆どオフセット印刷であり、
グラビア印刷では印刷されてない。

TONEと佐鳥は円高に弱そうなので売り切った。
朝日ネットは増配意欲がそれほど強くないと判ったので主力から降格。


3020アプライドを新規買い。
3836アバントを新規買い。
4299ハイマックスを新規買い。
7508G-7HDを新規買い。
7811中本パックスを新規買い。

3834朝日ネットを部分売却。

5967TONEを全売却。
7420佐鳥電機を全売却。

という訳で、5増2減の合計78銘柄。

続きを読む


posted by 冬葉ツトム at 15:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | ポートフォリオ | 更新情報をチェックする


2016年04月28日

2016年4月末の日本株式ポートフォリオ

先月試しに買ったアルバイトタイムスは減配で、1ヶ月も保有せず売却。
最近こういう事が多い。
焦りが出てるのだろうか。

代わりに買った兼松エンジは、富士山大噴火リスクヘッジ用。
というのは半分冗談だが、どんな災害でも吸引車は必要だろう。
高知本社というのも地域分散になるし。


6402兼松エンジニアリングを新規買い。
優待株2銘柄を新規買い。

1898世紀東急工業を買い増し。

2341アルバイトタイムスを売り切り。

という訳で、3増1減の合計75銘柄。

続きを読む


posted by 冬葉ツトム at 16:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | ポートフォリオ | 更新情報をチェックする


2016年04月08日

2016年3月末の優待株ポジション

普段は内容まで書いてないが別に隠してる訳でもないので、たまには出してみる。
前回の記事とは、かなり変ってる。
食べ物狙い中心なのは同様だが、米は止めて、
金出してまで買わなさそうな食べ物を主体とした。
現在17銘柄保有で、元本で120万円、時価で160万円ぐらいの規模。
以前に比べると資産全体の1〜2%程度で、かなり減った。
PFのスパイス的扱い、基本は1単元10万円以内、業績はあまり気にしない。

続きを読む


posted by 冬葉ツトム at 16:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポートフォリオ | 更新情報をチェックする


2016年03月31日

2016年3月末の日本株式ポートフォリオ

社宅は先月買ったばかりで、もう売るという朝令暮改っぷり。
よく考えたら、賃貸管理ならREITという形で大量に持ってるので。
四季報によると社宅管理は5年程度で頭打ちだそうで、
圧倒的に利益率の低いMS管理が伸びたとしても利益は多寡が知れてるし。
それを補う新規事業は、3年前からやってて未だに確立できてないし。
2020年に42円配当って目標は素晴らしいお題目だが、
今の25円配当でも既にDOE4.1%なので、3.5%が目標ってことは
これからドンドン減配しなきゃいけないのだ(笑)

CACはインド子会社の不正(?)に呆れたので。
IXIの件に続いてこれで2回目ですから。
ここの子会社管理能力はどうなってる?

クリエートメディックは現金替わりとして保有してたが、
もっと成長力のある銘柄が欲しくなったので。
成長力というか増配力というか。

で、3月決算以外で内需系で高配当で高ROEの銘柄として新規に買ったのが
アルバイトタイムスだが、ここ10年で4回も無配という銘柄。
なので「お試し」程度にしか買ってない。
売却で出来た資金は、ほとんど買い増しの方に使ってる。

2341アルバイトタイムスを新規買い。

3661エムアップを買い増し。
4668明光ネットワークジャパンを買い増し。
4748構造計画研究所を買い増し。
6083ERIホールディングスを買い増し。
7417南陽を買い増し。
8904サンヨーハウジング名古屋を買い増し。
9639三協フロンテアを買い増し。

4725CACHDを売り切り。
5187クリエートメディックを売り切り。
8945日本社宅サービスを売り切り。
優待株を1銘柄売り切り。

という訳で、1増4減の合計73銘柄。

続きを読む


posted by 冬葉ツトム at 16:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | ポートフォリオ | 更新情報をチェックする


2016年02月29日

2016年2月末の日本株式ポートフォリオ

元々、日本株は内需系(或いは為替の影響薄)銘柄を揃えて円高のダメージを軽減、
対して外貨建て資産は円安のダメージを軽減するという
両睨み(中途半端)なPFの構築方針だったのだが、
昨年辺りから日本株に円安メリットのありそうな銘柄を入れてきた。
それぐらい円安進行を確信してた。
が、直近の情勢を考慮して、これを改め、元の方針に戻す。
という事で、IDECとアルゴは売り、ミューチュアルは格下げした。
高評価なのは変わらないので、次に極左政権が誕生した時に買い戻したい。

そして資金を建設・土木、不動産に振り向けた。
ウエストは業態が色々と変遷して、今は太陽光発電から
省エネコンサル(?)に移ろうとしてる辺り。
変革期でありどうなるかわからないが、
まぁ、35円配当は守れるんじゃないかと根拠の無い期待。
4月からの電力自由化で注目されるかもしれないし。

構造計画は、以前から信用で売買してた銘柄。
私は地震リスクヘッジ用として買ってただけなのだが、
最近は「5G関連」という話で乱高下してる。
中間期は赤字が普通の銘柄だが、なのに中間配当を始めたのは、
余程業績に自信があるのかなぁと思ったのと、
あまりの乱高下で信用では保有し難いので現引きした。

社宅サービスは社宅とマンションの管理。
今更リロHDとかベネフィットワンとか買えないので、劣化した代替として。
(でも優秀な投資家は、ここからでも買うんだよなぁ・・・・)
マザーズ上場とは思えないような業績も株価もモッサリした銘柄だが、
DOE基準の配当は守れると思うので。

サンヨー名古屋は以前も持ってたが、2年ぶりに買い戻した。
配当利回り4%なら、もう買い始めても大丈夫かなぁと。

1407ウエストHDを新規買い。
4748構造計画研究所を新規買い。
8904サンヨーハウジング名古屋を新規買い。
8945日本社宅サービスを新規買い。

2773ミューチュアルを部分売却して優待株に格下げ。

6652IDECを売り切り。
7595アルゴグラフィックスを売り切り。

という訳で、4増2減の合計76銘柄。

続きを読む


posted by 冬葉ツトム at 17:08 | Comment(3) | TrackBack(0) | ポートフォリオ | 更新情報をチェックする

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.