2019年05月31日

2019年5月末の日本株式ポートフォリオ

盛大に入れ替えた。
この時期に買うか?とも思ったが、堪え切れず。


EストアーはECサイト構築・ネット通販総合支援の会社。
収益構造改革で今後数年は期待できないけど、減配はないと思う。
現状でも配当利回り3.6%。100株なら配当優待利回り6%!
短信の説明文の解りやすさが出色で、15年前にピープルの短信を見たときを思い出した。

アイドマは流通小売支援の会社。バローの販促部門。
買ったときは3%台後半だったのだが、アリババのグループ会社と提携したとかで急騰して、
既に配当利回り2%台になってる。
Eストアーとアイドマは成長力に期待で、10年以内に株価5倍を目指す。
どちらも社長の保有分多し。

セゾン情報システムズはHULFTの会社。
DOE10%目安を発表後もさして買われず、配当利回り5.5%で放置されてる現状は信じ難い。
HULFTの課金があるので営業赤字は考えられず、ってことは増配傾向だし。
やっぱり数年前の特損の無配で信用されてないのか。
でも再度同様な状態になったら、セゾンがTOBすると妄想。

SRAはシステム開発の会社。
安値放置セクターなのは承知してるが、それでもPER12倍・配当利回り4.5%は
同業他社と比べて安いと思ったので。
なんとなく地味というか、受け身な感じがする。

永大産業は建材の会社。地震リスクヘッジ目的で、関西方面を強化したかった。
昨年の台風で工場・物流拠点・在庫が水没、前期大赤字。今期予想もEPS1円。
と、ボロボロだが、現金ジャブジャブなので配当は払えるだろうと。
保有する現預金と時価総額が大差ない。配当利回り5%。
3月に買った国土開発に続いて破綻歴あり。
すてきナイスが4位株主(汗)


今年買ったばかりの電力・ガス銘柄は全て売った。
値動きの小ささに期待して買ったのだが、全くの期待外れで。
大失敗。
北ガスだけは意図通りの大人しい値動きだったのだが、勢いで売ってしまった。

システナとミロク情報も売り切った。
こういうのを売っっちゃうから駄目なんだろうなとは思いつつ。
ミロク情報は丁度テンバガーで売り切った。平均買値330円を3300円で。
システナは5倍強だったが、元本が大きかったのでこちらの方が儲かった。

SRAがシステナの、セゾン情報がミロク情報の後継っていう期待もあるのだが、
明らかに力不足なのがなんともはや(笑)


3817SRAホールディングスを新規購入。
4304Eストアーを新規購入。
7822永大産業を新規購入。
9466アイドママーケティングコミュニケーションを新規購入。
9640セゾン情報システムズを新規購入。
優待株1銘柄を新規購入。

2674ハードオフコーポレーションを追加購入。

3269アドバンス・レジデンス投資法人を部分売却。
8117中央自動車工業を部分売却。

2317システナを全売却。
9503関西電力を全売却。
9511沖縄電力を全売却。
9513J-POWER(電源開発)を全売却。
9534北海道ガスを全売却。
9928ミロク情報サービスを全売却。
優待株1銘柄を全売却。


という訳で、6増7減の合計58銘柄。


続きを読む

スポンサード リンク

posted by 冬葉ツトム at 15:45 | Comment(0) | ポートフォリオ | 更新情報をチェックする


2019年04月26日

2019年4月末の日本株式ポートフォリオ

予告通りにスペバリを買い戻した。
売却前より株数を増やしたので、実質的には買い増し。
配当利回り7%台は美味し過ぎ。
次の関門は4Qと今期予想だが、さてどうなるやら。

電力枠の追加として関電と電源開発を買った。
関電は10年以内には60円配当に戻ると思ってるので、そうなれば配当利回り4.5%。
電源開発も10年以内には100円配当になると思ってるので、そうなれば4%。
どちらも目先筋の皆さんに感謝しつつ。


1448スペースバリューHDを新規購入。
9503関西電力を新規購入。
9513J-POWER(電源開発)を新規購入。

2362夢真HDを追加購入。
9511沖縄電力を追加購入。

2317システナを部分売却。
2391プラネットを部分売却。
7466SPKを部分売却。
9928ミロク情報サービスを部分売却。


という訳で、3増0減の合計59銘柄。


続きを読む

スポンサード リンク

posted by 冬葉ツトム at 16:06 | Comment(0) | ポートフォリオ | 更新情報をチェックする


2019年03月29日

2019年3月末の日本株式ポートフォリオ

国土開発は地震リスクヘッジ用として。
記念配当込みの27.5円を来期も維持するか解らないし、
短信の説明が糞だし、期末一括配当だし、むかし破綻してるし。
色々と難点はあるが目を瞑った。
一度破綻してるのは、むしろ慎重に経営してくれるかもしれない。
5月期末で決算期分散もできる。

スペバリは権利前に一旦手放した。
しかし地震リスクヘッジ銘柄の主力であることに変わりはないので、
4月中には買い戻す予定。

GLPは中国資本なのが、やっぱり信用しかねるので。
元々、シンガポール政府投資公社がスポンサーなのに魅力を感じて買ったという点もあったので、
それがなくなったのは減点で。
ただし、アグレッシブな運営はさすが万科企業と常々感心してたので、
外部環境が悪くなったら買い直したい。

プラネットやIDやSPKや中央自は少しだけ削いだ。
プラネットを売る日が来るとは・・・と、ちょっと感慨深い。
中央自は2005年に買い増しして以来の売買。13年半ぶり(笑)


1887日本国土開発を新規購入。

3308日本ヘルスケア投資法人を追加購入。
3455ヘルスケア&メディカル投資法人を追加購入。
9286エネクス・インフラ投資法人を追加購入。

2317システナを部分売却。
2391プラネットを部分売却。
4709インフォメーション・ディベロプメントを部分売却。
7466SPKを部分売却。
8117中央自動車工業を部分売却。
9928ミロク情報サービスを部分売却。
8979スターツプロシード投資法人を部分売却。

1448スペースバリューHDを全売却。
3281GLP投資法人を全売却。


という訳で、1増2減の合計56銘柄。


続きを読む

スポンサード リンク

posted by 冬葉ツトム at 15:51 | Comment(0) | ポートフォリオ | 更新情報をチェックする


2019年02月28日

2019年2月末の日本株式ポートフォリオ

日比谷はNTTグループなどの空調等設備の施工やメンテが中心。
年末に買った中電工と同様の、現金ジャブジャブで困ってます系。
配当政策が「DOEに着目」というヘンテコな代物で、
これは数字にとらわれずにガバガバ出しますよという意思の表れと見る。
ただ、短信の説明が糞なのは難点。

インフラファンドはスポンサーの強さでタカラインフラやいちごインフラを選んでるのに、
それでエネクスインフラを買わないのは矛盾してるだろうと。
(親父が伊藤忠エネクス、祖父が伊藤忠商事、大伯父が丸紅!)
いちごが分配金利回り6%でエネクスが7%なんて有り得ないし。
将来の水力や風力組み入れにも期待。
ただ、11月決算や茨城中心がタカラと被るのがちょっと嫌だが。

売った優待株はNDソフトなのだが、去年買って1回も優待を受け取らないうちにMBOされた(笑)


1982日比谷総合設備を新規買い。
9286エネクス・インフラ投資法人を新規買い。

9511沖縄電力を買い増し。
9534北海道ガスを買い増し。

9928ミロク情報サービスを一部売却。

優待株を1銘柄売却。


という訳で、2増1減の合計57銘柄。


続きを読む

スポンサード リンク

posted by 冬葉ツトム at 15:39 | Comment(0) | ポートフォリオ | 更新情報をチェックする


2019年01月31日

2019年1月末の日本株式ポートフォリオ

売買なし。


という訳で、0増0減の合計56銘柄。


続きを読む

スポンサード リンク

posted by 冬葉ツトム at 16:31 | Comment(0) | ポートフォリオ | 更新情報をチェックする


2018年12月28日

2018年12月末の日本株式ポートフォリオ

PLANTは出店期にあるのだが、好景気の時にじっとしてて、
この不穏な季節に出店を開始・加速するのは、
タイミング的に如何なものかと心配になったので手放した。
で、その代わりにディスカウントストアのミスターマックスを買った。
ちょっと負債が多いのだが・・・・

中電工は現金ジャブジャブで困ってるので、
純資産配当率2.7%目処の方針は守れるんじゃないかと思って。
四季報には「資産の4割が投資有価証券、外債多い」と書いてあるが、
有価証券の殆どは電力会社・金融機関・公的団体・地方自治体などの社債で、
外債も少ししかない。
そう恐れる程のものではないと思う。

新たに電力ガス株を配当利回り3%辺りを基準に買うことにした。
で、沖電と北ガスを買ってみた。
地震リスクも考慮して、列島の両端で。
まだ少ししか買ってないので、2019年内に買い下がる予定。

南陽は6割以上を占める産機事業がシクリカルなので減らした。
その他の売買は配分調整。


1941中電工を新規買い。
8203MrMaxHDを新規買い。
9511沖縄電力を新規買い。
9534北海道ガスを新規買い。

1898世紀東急を買い増し。
2674ハードオフを買い増し。
9422コネクシオを買い増し。
9761東海リースを買い増し。

2317システナを一部売却。
4299ハイマックスを一部売却。
7417南陽を一部売却。
9622スペースを一部売却。

7646PLANTを全部売却。
優待株を2銘柄売却。


という訳で、4増3減の合計56銘柄。

続きを読む

スポンサード リンク

posted by 冬葉ツトム at 17:17 | Comment(0) | ポートフォリオ | 更新情報をチェックする


2018年11月30日

2018年11月末の日本株式ポートフォリオ

依然として守備固めを続けてる。
アプライドとバルカーは、将来楽しみだと思って保有してたが、
将来を考える季節じゃなかろうと思い直した。
PLANTは先月書いた買い戻し。システナはリバランス。

リートの入れ替えは、
・日本管財&ガリレオ売り
・シップヘルスケア&NECキャピタル&三井住友買い・三菱地所買い
という感じで、スポンサーの信用度を高めるのが主な狙い。
日本管財は大丈夫だと思うが、ガリレオはねぇ。
以前の記事にも書いたが、
金融危機時に救済する側の銘柄・自力で持ち堪える銘柄・救済される側・弱者連合
の4パターンがあると思ってて、そのうちの救済する側を増やしたつもり。
たぶんさくらは自力で持ち堪えるタイプだと思う。
ガリレオが早々に逃げて、管財が一人で全て引き受けて風雪に耐え忍ぶ・・・・

さくらは2-8月決算なので選んだのに、勝手に決算期を6-12月に変えてくれたのも売却理由の一つ。
(逆に地所物流を買った理由の一つも2-8月決算だからで、
それが無ければ日ロジでも三井不ロジでも伊藤忠アドロジでも産業でも良かった)
さくらは不況に弱いオフィスと商業施設がメインなのも難点。
そして不況に強そうなヘルスケアと物流に入れ替えた。
物流が不況に強いかどうかは良く判らないけど。
あと、PF内の唯一の物流だったGLPが胡散臭いので、それを地所で補ったというのもある。
これでヘルスケア銘柄(日ヘル・HCM・ケネレジの2割)は全て保有することになった。


3455ヘルスケア&メディカル投資法人を新規買い。
3481三菱地所物流リート投資法人を新規買い。
優待株1銘柄を新規買い。

7646PLANTを買い増し。

2317システナを一部売却。

3020アプライドを全部売却。
7995バルカーを全部売却。
3473さくら総合リート投資法人を全部売却。


という訳で、3増3減の合計55銘柄。

続きを読む

スポンサード リンク

posted by 冬葉ツトム at 15:50 | Comment(0) | ポートフォリオ | 更新情報をチェックする


2018年10月31日

2018年10月末の日本株式ポートフォリオ

こちらは初雪の季節到来。
「株価の値動きが収益源の皆さんは大変だなぁ」と、感慨深いものがある。
ROEとかPSRとか連続増配とかを気にする季節はもう終わったのだと思う。
次はPERを礼賛する連中が死に絶え、
PBRや配当利回りに日が当たる季節が来る。
そして現金がスーパースターになった頃に春がやってくる。
グレアム原理主義者たちが決起しようとした正にその時、横でフキノトウが顔を出す。
これからの注目ワードは
「高配当、減配なし、低PBR、高自己資本比率、無借金」だ。


ハードオフはデフレ対応って事で。
クズの皆さんは不用品を買うのが大好きで、その不用品を買い取ってもらうのも大好き。
なぜなら、さらに不用品を買うための原資になるから。
そしてリユース店とクズの両者にとってWin-Winの好循環が続く・・・・・
メルカリは脅威なのか?はちょっと心配。
本日通期を下方修正だが、災害の影響で一過性と見て、もし下げるようなら買い直す。
(って言うか、災害後のリユース需要増加を考えたら、通期の減額幅は大き過ぎじゃないか?)

信和は足場レンタルで、多少は地震リスクヘッジにならないかと期待したいところだが、
以前にダイサンを持ってた経験からするとそれは無理っぽい。
負債が多いが、レンタル会社なので止む無し。
上場したばかりでデータが少ないのが難点だが。

PLANTは減らす気は全くなかったのだが、損出しの時に買い戻しに失敗して少し減ってしまった。
できれば元に戻したい。

ここ数年は全体として銘柄数を減らす方向でやってきたが、
これからは逆に増やす方向が良いかなと考えてる。
以前のピーク時のような100銘柄は多過ぎるにしても、
配当株とJ-REITで50銘柄ぐらい。


2674ハードオフコーポレーションを新規買い。
3447信和を新規買い。

1448スペースバリューHDを買い増し。
1898世紀東急工業を買い増し。

7646PLANTを一部売却。

という訳で、2増0減の合計55銘柄。

続きを読む

スポンサード リンク

posted by 冬葉ツトム at 15:50 | Comment(2) | ポートフォリオ | 更新情報をチェックする


2018年09月28日

2018年9月末の日本株式ポートフォリオ

システナは1銘柄で時価評価1000万円を超えてしまって、
この程度の規模のPFでは大き過ぎるような気がしたので。
なんだか、毎日翻弄されてる感じがしたので減らした。
それでもダントツの存在なのだが。

ティーライフは減配を受けて即処分。
ここまで還元意欲が薄いとは夢にも思わなかった。
払えるのに払わない会社は許さない。
まぁ、払いたくても払えない会社も許さないが(笑)
貴重な1-7月決算だったのになぁ。

東海リは売ろうかとも思ってたほど低評価な銘柄だったのが、
(元々高配当なだけの銘柄と認識してたのだが、それが減配したので0点)
北海道胆振東部地震で気が変わって、逆に買い増ししてみた。


9761東海リースを買い増し。

2317システナを一部売却。

3172ティーライフを全部売却。


という訳で、0増1減の合計53銘柄。

続きを読む

スポンサード リンク

posted by 冬葉ツトム at 16:23 | Comment(0) | ポートフォリオ | 更新情報をチェックする


2018年08月31日

2018年8月末の日本株式ポートフォリオ

ここまでは結構強気だったのだが、中立に変更した。
中立っていうか、山の頂上。
頂上滞在時間は、長くても1年ぐらいと思う。もう充分。
もし更に上げるようなら、それはもう仕方がないと割り切れる水準だとも言える。
で、PF内の市況株(真空とケルと助川)は売った。

出来た資金は、高分配なREITと、それに対応する地震リスクヘッジと、
景気後退期に防御力の高そうな銘柄に割り振った。
実はバルカーも市況次第と思って買ってたのだが、
思ったより安定成長を感じたので売らずに買い増ししてみた。


1916日成ビルド工業を買い増し。
7417南陽を買い増し。
7508G-7HDを買い増し。
7646PLANTを買い増し。
7995日本バルカー工業を買い増し。
3459サムティ・レジデンシャル投資法人を買い増し。
3473さくら総合リート投資法人を買い増し。
9282いちごグリーンインフラ投資法人を買い増し。

6384昭和真空を全部売却。
6919ケルを全部売却。
7711助川電気工業を全部売却。
優待株を1銘柄売却。

という訳で、0増4減の合計54銘柄。

続きを読む

スポンサード リンク

posted by 冬葉ツトム at 16:14 | Comment(0) | ポートフォリオ | 更新情報をチェックする