2015年12月31日

2015年12月末の米国株式ポートフォリオ

12月になって節税損切りに励んでいたところ、
KMIを損切りしたら減配の情報が入ってきた。
で、買い戻すのを止めた。
その資金でシェブロンを買い戻した。
やっぱりオイルメジャーですよ←節操ない(笑)

更にテレフォニカを損切りして、
代わりにボーダフォンを買った。
テレフォニカは、欧州債務危機からのV字回復も
ある程度は期待してたのだが、サッパリで。
だったら王道のボーダフォンで良いかなと。

続きを読む


posted by 冬葉ツトム at 17:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | 米国株 | 更新情報をチェックする


2015年10月02日

2015年9月末の米国株式ポートフォリオ

これから年末(か、来年初め)までは不安定な市況が続くと思ってる。
であれば、毎年恒例の節税損出しも数回に分けて実行した方が効果的かと考えた。
それで先月は日本株の買い直しをやった。
今月は米国株をやろうと思ったのだが、そのついでに再編成も考えた。

考えた時に円建てで5万円以上の含み損だったのは
BP、CVX、GSK、POT、RCI、SO。
(TやKMIはドル建てだと含み損なのだが、買った時からは円安が進んでるので)

続きを読む


posted by 冬葉ツトム at 16:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国株 | 更新情報をチェックする


2015年07月01日

2015年6月末の米国株式ポートフォリオ

昨年末に掲げた
>現在の高配当を重視しつつ、将来の増配にも期待し、
>国・地域や業種のバランスに配慮しながらも、
>あまり銘柄を増やしてコレクション化しないように。
という方針の元、こうなった。

ARCC エイリス・キャピタル
BP  BP(ADR)
CSCO シスコシステムズ
CVX  シェブロン
GE  ゼネラル・エレクトリック
GSK  グラクソ・スミスクライン(ADR)
JNJ  ジョンソン・エンド・ジョンソン
KMI  キンダー・モルガン
KRFT クラフト・フーズ
LMT  ロッキード・マーチン
MO  アルトリア・グループ
NYCB ニューヨーク・コミュニティ・バンコープ
PFF  iシェアーズS&P米国優先株式インデックスファンド
PG  プロクター・アンド・ギャンブル
PM  フィリップ・モリス
POT  ポタシュ・コーポレーション・サスカチワン
PPL  パシフィック・パワー・アンド・ライト
RAI  レイノルズ・アメリカン
RCI  ロジャース・コミュニケーションズ
SO サザン
T  AT&T
TEF  テレフォニカ(ADR)
TLN  タレン・エナジー
UL  ユニリーバ(ADR)

続きを読む


posted by 冬葉ツトム at 15:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 米国株 | 更新情報をチェックする


2015年01月01日

2014年12月末の米国株式ポートフォリオ

2013年の末にマネックスが特定口座対応してから、
2014年の1年間かけて米国株PFの整備を続けてきた。
で、こうなった。

ARCC エイリス・キャピタル
BP  BP(ADR)
CSCO シスコシステムズ
CVX  シェブロン
GE  ゼネラル・エレクトリック
GSK  グラクソ・スミスクライン(ADR)
JNJ  ジョンソン・エンド・ジョンソン
KMI  キンダー・モルガン
KRFT クラフト・フーズ
LMT  ロッキード・マーチン
MO  アルトリア・グループ
NYCB ニューヨーク・コミュニティ・バンコープ
PFF  iシェアーズS&P米国優先株式インデックスファンド
PG  プロクター・アンド・ギャンブル
PM  フィリップ・モリス
POT  ポタシュ・コーポレーション・サスカチワン
PPL  パシフィック・パワー・アンド・ライト
RAI  レイノルズ・アメリカン
RCI  ロジャース・コミュニケーションズ
T  AT&T
TEF  テレフォニカ(ADR)
UL  ユニリーバ(ADR)

続きを読む


posted by 冬葉ツトム at 12:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国株 | 更新情報をチェックする


2014年07月04日

2014年6月末の米国株式ポートフォリオ

人気記事ランキングによると第3位が「2013年末の米国株式ポートフォリオ」
という事で、どうやら皆さん米国株に興味があるらしい。
なので上半期の状況をまとめてみる。

昨年12月に初めて買ったのは

CSCO シスコシステムズ
CVX  シェブロン
JNJ  ジョンソン・エンド・ジョンソン
KMI  キンダー・モルガン
LMT  ロッキード・マーチン
MO  アルトリア・グループ
PG  プロクター・アンド・ギャンブル
RAI  レイノルズ・アメリカン
T  AT&T
NYCB ニューヨーク・コミュニティ・バンコープ
PPL パシフィック・パワー・アンド・ライト
CTCM CTCメディア
ARCC エイリス・キャピタル
PFF iシェアーズS&P米国優先株式インデックスファンド

の14銘柄だった。その後は

続きを読む


posted by 冬葉ツトム at 16:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国株 | 更新情報をチェックする


2013年12月26日

2013年末の米国株式ポートフォリオ

マネックスの特定口座対応により、念願の米国株購入ができるようになった。
が、英語ができないという致命的弱点があるため、
個別株から掘り出し物を見つけて・・・なんて手は使いにくい。
かと言って、2009年のような何を買っても大丈夫な時期でもない。
大丈夫どころか、株価は天井圏で配当利回りは低下している。

そこで方針としては主軸を増配傾向の大型株にしようと決めた。
大型株なら潰れにくいだろうし、今は低配当でも待ってれば高配当株になるし。
で、相互リンク先のgonchan0810さんの持ち株をパクった。
Dividend Snowball Investing
しかし私の立場としては今現在の高配当も生活費として必要なので、それは考慮。

そして選んだのは以下の14銘柄。

続きを読む


posted by 冬葉ツトム at 16:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国株 | 更新情報をチェックする

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.