2021年01月30日

2021年1月末の資産状況

日本株       元本8904万6075円、時価1億3606万8000円。年間予想配当金494万1354円。
米国株(+米ドル) 元本2253万0776円、時価2821万7780円。年間予想配当金117万5977円。
FX          元本294万8112円、時価248万0940円。年間予想スワップ9万2710円。
貴金属       元本288万0000円、時価568万6306円。年間予想配当金0円。
現金(円)      元本722万3287円、時価722万3287円。年間予想配当金0円。

合計         元本1億2462万8250円、時価1億7967万6313円。年間予想収入621万0041円。

あくまでも毎月最終営業日の夕方の数字であって、
外国株や為替などは正確な月末の数字ではない。
(ただし最終営業日の翌日が土日祝日の場合は例外もあり)
日本株にはJ-REIT、インフラファンドも含まれる。
米国株とは米国上場銘柄という意味であり、
英国やカナダ等に本社のある銘柄も含まれる。
FXの時価とは元本+含み損益であり、ポジション総額ではない。
現金(円)とは証券口座内の預り金であり、
いわゆる生活防衛資金は含まれていない。
予想配当や分配金やスワップは税引き前の数字であり、
税引き後が知りたければ勝手に2割ほど引くように。
記念配当や特別配当は基本的に予想配当金に含めていない。
(恒常的に特配などを出す銘柄もあり、その場合は例外的に含める)
株主優待は収入に含めていない。
入金はない(本ブログ開始からは1円も入金してない)。
出金はある(毎月、生活費として出金してる)。

先月末比でJQ指数が-0.17%、東証REIT指数が+3.50%、円建てS&P500指数が+1.02%。
駄目だなぁ。

日本株は、特に動いたのはなし。
強いていえば、中央自動車が小じっかり。
コネクシオとセゾン情報が、あの決算で売られたのは驚いた。
で、だ。問題は夢真だ。
この手の上場廃止とかは面倒なので発表後すぐに手放すのが個人的セオリーなのだが、
ビーネックスも悪くないよなぁ。


米国株は、
GXTG グローバルX マルチテーマ成長株ETFを新規購入。
AQN アルゴンキン・パワー・アンド・ユーティリティーズを追加購入。
NEP ネクステラ・エナジー・パートナーズを追加購入。
PG プロクター・アンド・ギャンブルを一部売却。
V ビザを全売却。
と売買した。
GXTGはグローバルXが運用してる色々なETFを組み入れたETF。
小型成長株も入れたかったのだが、なにを選んだらよいのかさっぱり判らなかったので、ETFに逃げた。
組み入れ1位が大麻ETF(汗)*2021/1/28 時点
2位がゲノム&バイオテクノロジーETF、3位がクラウド・コンピューティングETF、
4位がリチウム&バッテリーテックETF、5位がソーシャルメディアETF、
6位がロボット&AI・ETF、7位がフィンテックETF。
値動きとしてはブロードコムとネクステラEPが堅調。
ロッキードマーチンとP&Gが軟調。


貴金属は金現物(田中貴金属の純金積立)月1万円の積み立て。
金ファンド(iシェアーズ ゴールドインデックス)放置。


スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 17:31 | Comment(0) | 資産状況 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.