2020年10月01日

2020年9月末の資産状況

日本株       元本8731万6375円、時価1億3601万7200円。年間予想配当金492万4330円。
米国株(+米ドル) 元本2309万2752円、時価2515万8416円。年間予想配当金112万5767円。
FX          元本489万9722円、時価461万8760円。年間予想スワップ12万1910円。
貴金属       元本284万0000円、時価588万8070円。年間予想配当金0円。
現金(円)      元本299万1407円、時価299万1407円。年間予想配当金0円。

合計         元本1億2114万0256円、時価1億7467万3853円。年間予想収入617万2007円。

あくまでも毎月最終営業日の夕方の数字であって、
外国株や為替などは正確な月末の数字ではない。
(ただし最終営業日の翌日が土日祝日の場合は例外もあり)
日本株にはJ-REIT、インフラファンドも含まれる。
米国株とは米国上場銘柄という意味であり、
英国やカナダ等に本社のある銘柄も含まれる。
FXの時価とは元本+含み損益であり、ポジション総額ではない。
現金(円)とは証券口座内の預り金であり、
いわゆる生活防衛資金は含まれていない。
予想配当や分配金やスワップは税引き前の数字であり、
税引き後が知りたければ勝手に2割ほど引くように。
記念配当や特別配当は基本的に予想配当金に含めていない。
(恒常的に特配などを出す銘柄もあり、その場合は例外的に含める)
株主優待は収入に含めていない。
入金はない(本ブログ開始からは1円も入金してない)。
出金はある(毎月、生活費として出金してる)。

先月末比でJQ指数が+3.29%、東証REIT指数が-1.19%、円建てS&P500指数が-5.13%。
望外に健闘してる。PF全体にIT系が多いので、そのおかげか。

保有する日本株ではスカラが頑張ってる。
2ヵ月で2倍近い株価上昇なのだが、それでもまだ配当利回り3%。
そこまでの上昇率ではないがスペバリも凄い。ようやく買値に戻った(笑)
本来は株価4桁が当然の銘柄だと思ってるが、それでも一直線に上げ過ぎか。
たぶん、経営が落ち着いたとの判断で機関が買い戻してるのだと推測。
情報企画は地銀再編絡みでスガノミクス銘柄と認識?
ユニリタはDX銘柄と見られてるのだろうか。それとも農業ITの方?公共交通ITの方?それらも含めてDX?
DXといえばIDHDはド真ん中だと思うのだが、株価がパッとしないのは何故だろう?

米国株は売買なし。再び放置に戻った。
値動きとしては軟調。日本株の足を引っ張ってる。
PFの顔触れはAAPL、ABBV、AMZN、AQN、ARCC、AVGO、BCE、BTI、CSCO、GOOG、
LHX、LMT、MO、MSFT、NEP、NTAP、OKE、PG、RWR、SO、SRET、T、V。計23銘柄。

米国債は売り切った。
将来、再び買い増す時のベースにしようとTLTを10株だけ残してたが、
買い増し出来そうにないので。

FXは多少マシになったが、依然として含み損。
規模縮小したいと思ってるのだが、なかなか踏ん切りがつかない。

貴金属は、金現物1万の積み立てのみ。低調。
田中の買取価格だと先月末比7292円→7037円/g。
米株と一緒にゴールドも下げるんではヘッジになってないのだが・・・


スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 16:20 | Comment(0) | 資産状況 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.