2020年09月01日

2020年8月末の資産状況

日本株       元本8375万7285円、時価1億2615万8600円。年間予想配当金483万9738円。
米国株(+米ドル) 元本2305万7874円、時価2601万0160円。年間予想配当金112万1834円。
米国債       元本14万9470円、時価17万0577円、年間予想分配金2657円。
FX          元本489万2008円、時価440万1462円。年間予想スワップ9万0520円。
貴金属       元本283万0000円、時価609万2486円。年間予想配当金0円。
現金(円)      元本599万6754円、時価599万6754円。年間予想配当金0円。

合計         元本1億2068万3391円、時価1億6883万0039円。年間予想収入605万4749円。

あくまでも毎月最終営業日の夕方の数字であって、
外国株や為替などは正確な月末の数字ではない。
(ただし最終営業日の翌日が土日祝日の場合は例外もあり)
日本株にはJ-REIT、インフラファンドも含まれる。
米国株とは米国上場銘柄という意味であり、
英国やカナダ等に本社のある銘柄も含まれる。
FXの時価とは元本+含み損益であり、ポジション総額ではない。
現金(円)とは証券口座内の預り金であり、
いわゆる生活防衛資金は含まれていない。
予想配当や分配金やスワップは税引き前の数字であり、
税引き後が知りたければ勝手に2割ほど引くように。
記念配当や特別配当は基本的に予想配当金に含めていない。
(恒常的に特配などを出す銘柄もあり、その場合は例外的に含める)
株主優待は収入に含めていない。
入金はない(本ブログ開始からは1円も入金してない)。
出金はある(毎月、生活費として出金してる)。

先月末比でJQ指数が+4.76%、東証REIT指数が+4.99%、円建てS&P500指数が+7.22%。
まぁこんなものか。


保有する日本株ではペパボの上下動が激しいのは相変わらずだが、
最も影響したのはエプコの優待廃止。
廃止そのものは構わないのだが、だったら最初からやるなと。
一部昇格用だったのだろうが、昇格自体が余計。たかが時価総額100億程度ならJQで充分。
あとはスカラがソフトブレーン売却するらしい。
仲悪いらしいから、これだけ高く売れりゃ良いんじゃないか。


米国株は久々に動いた。

CSCOシスコ・システムズを新規購入
RWRダウ・ジョーンズREIT-ETFを新規購入

AMZNアマゾン・ドット・コムを追加購入
GOOGアルファベットを追加購入
MSマイクロソフトを追加購入
SRETグローバルXスーパーディビデンドREIT-ETFを追加購入
Vビザを追加購入

DEOディアジオを全売却
GDゼネラル・ダイナミクスを全売却
MCDマクドナルドを全売却
SBUXスターバックスを全売却

PFの顔触れはAAPL、ABBV、AMZN、AQN、ARCC、AVGO、BCE、BTI、CSCO、GOOG、
LHX、LMT、MO、MSFT、NEP、NTAP、OKE、PG、RWR、SO、SRET、T、V。
全般として、半端なのは手放して両極に振ったつもり。
両極ってのは「高成長低配当」&「低成長高配当」のハイローミックス。
日本株もそうなのだが、低成長高配当は不動産にある程度担当してもらおうかと考えてる。
低成長っていうかシクリカルだな。それとディフェンシブを組み合わせて3極というべきか。


米国債とFXは放置。
貴金属は、金現物1万の積み立てのみ。田中の買取価格は7292円/g。



スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 16:10 | Comment(0) | 資産状況 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.