2020年08月31日

2020年8月末の日本株式ポートフォリオ

7030スプリックスは学習塾。森塾がメイン。ゴルスタで有名(汗)
塾ほど、多人数相手でリモート環境への移行に支障がないビジネスも珍しいかと思って。
(同じく多数の人間相手でも、外食とかは致命的な支障ありと)
防犯とか弁当とかで親も歓迎するだろうし。
いつも通り売上の伸び、ROE・ROA、配当利回りを勘案して。
創業者が過半数を保有で還元にも期待。
時価総額もまだ150億で伸び代あり。因みにリソー教育で460億。
難点は「塾=万年割安株」という呪いを払拭できるかどうか・・・

7164全国保証はローン保証の会社。
これも売上の伸び、ROE・ROA、配当利回り。
立川一さんをパクった。
正直、なにやってるのかは解ってない(笑)
心配なのは(上場以降はずっと増益なので)減益時に減配しないかどうかは解らない点。
上場前の2011-2012年は減収減益なのに配当維持なのだが、これは参考にならなさそう。

売り切った3銘柄は、成長力の割に利回りが低いという最近の常套句。
日比谷は債券的な意味合いで持ってたのだが、そこはREITに任せれば充分かなと思い始めた。
(長期的にNTTがオフィスを手放す可能性もあり。自ら5Gテレワークの見本になる?)
クレステは買った理由がCDSの代替だったのだが、そのCDSが買えたので。
(もちろん減配も問題だが、その減配を責められない程に有利子負債も多い)
スペースは同業の乃村工藝社や丹青社に比べて成長力がないのに、唯一の取り柄の配当が減配では。
(これだけ現金ジャブジャブの会社が減配ってことは、ジャブジャブを食い潰すほどの長期低迷を会社が予見してる?)


7030スプリックスを新規購入。
7164全国保証を新規購入。

9287ジャパン・インフラファンド投資法人を追加購入。

7508G-7HDを一部売却。

1982日比谷総合設備を全売却。
7812クレステックを全売却。
9622スペースを全売却。


という訳で、2増3減の合計58銘柄。


配当株が以下の39銘柄
1413ヒノキヤグループ
1448スペースバリューホールディングス
1887日本国土開発
1898世紀東急工業
1929日特建設
1941中電工
2169CDS
2311エプコ
2362夢真ホールディングス
2674ハードオフコーポレーション
2763エフティグループ
3107ダイワボウホールディングス
3447信和
3633GMOペパボ
3712情報企画
3800ユニリタ
3817SRAホールディングス
4304Eストアー
4327日本エス・エイチ・エル
4346ネクシィーズグループ
4658日本空調サービス
4709IDホールディングス
4748構造計画研究所
4832JFEシステムズ
4845スカラ
6364北越工業
7030スプリックス
7164全国保証
7417南陽
7508G-7ホールディングス
7822永大産業
8096兼松エレクトロニクス
8117中央自動車工業
9381エーアイテイー
9422コネクシオ
9466アイドママーケティングコミュニケーション
9639三協フロンテア
9640セゾン情報システムズ
9761東海リース

J-REIT・インフラファンドが以下の13銘柄
2979SOSiLA物流リート投資法人
3278ケネディクス・レジデンシャル・ネクスト投資法人
3455ヘルスケア&メディカル投資法人
3459サムティ・レジデンシャル投資法人
3476投資法人みらい
3481三菱地所物流リート投資法人
8968福岡リート投資法人
8977阪急阪神リート投資法人
8979スターツプロシード投資法人
9281タカラレーベン・インフラ投資法人
9282いちごグリーンインフラ投資法人
9286エネクス・インフラ投資法人
9287ジャパン・インフラファンド投資法人

その他が6銘柄。


スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 16:05 | Comment(0) | ポートフォリオ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.