2020年07月31日

2020年7月末の日本株式ポートフォリオ

JFEシスは元・川鉄システム開発。名前の通り川崎製鉄のシステム部門。
最近の買い基準である売上の伸び、ROE・ROA、配当利回りを勘案して。
JFEスチールが3分の2保有で無借金なので安心。
そのうちTOBされるかもしれないが、その時は諦める。

プラネットは成長力がない割に利回りが低いので。
いくら利益が出そうになっても、その分サービス料金を下げる(親の顔色を窺えば必至)ので
利益が伸びない・・・という構造的な欠陥があり、将来に期待が持てない。
言い換えれば、増配力もない。
永久保有と考えてた時期もあったのだが。
2008年に480円(分割考慮後)で買ったのが最初で、12年も持ってた割に大して育たず。
貴重な1-7月決算なので引っ張り過ぎたかもしれない。

SPKは、これも成長力がない割に利回りが低いので。
国内自動車保有台数が伸びない上に、電動化によるパーツ数減少が懸念。
海外は伸びるかもしれないが利益率低いし。
配当方針が配当性向型になったのもガッカリで、売却要因の一つ。
プラネット共々、インフラ企業なので安定度は高いのだが。
2010年に550円(分割考慮後)で買ったのが最初で、これも大して育たず。

プラネットもSPKも実質は永久社債であり、以前はそれで満足だったが今は不満という、
私の変化の方が売却の主要因と思われる。


4832JFEシステムズを新規購入。

9287ジャパン・インフラファンド投資法人を追加購入。

2391プラネットを全売却。
7466SPKを全売却。
その他を1銘柄売却。


という訳で、1増3減の合計59銘柄。


配当株が以下の40銘柄
1413ヒノキヤグループ
1448スペースバリューホールディングス
1887日本国土開発
1898世紀東急工業
1929日特建設
1941中電工
1982日比谷総合設備
2169CDS
2311エプコ
2362夢真ホールディングス
2674ハードオフコーポレーション
2763エフティグループ
3107ダイワボウホールディングス
3447信和
3633GMOペパボ
3712情報企画
3800ユニリタ
3817SRAホールディングス
4304Eストアー
4327日本エス・エイチ・エル
4346ネクシィーズグループ
4658日本空調サービス
4709IDホールディングス
4748構造計画研究所
4832JFEシステムズ
4845スカラ
6364北越工業
7417南陽
7508G-7ホールディングス
7812クレステック
7822永大産業
8096兼松エレクトロニクス
8117中央自動車工業
9381エーアイテイー
9422コネクシオ
9466アイドママーケティングコミュニケーション
9622スペース
9639三協フロンテア
9640セゾン情報システムズ
9761東海リース

J-REIT・インフラファンドが以下の13銘柄
2979SOSiLA物流リート投資法人
3278ケネディクス・レジデンシャル・ネクスト投資法人
3455ヘルスケア&メディカル投資法人
3459サムティ・レジデンシャル投資法人
3476投資法人みらい
3481三菱地所物流リート投資法人
8968福岡リート投資法人
8977阪急阪神リート投資法人
8979スターツプロシード投資法人
9281タカラレーベン・インフラ投資法人
9282いちごグリーンインフラ投資法人
9286エネクス・インフラ投資法人
9287ジャパン・インフラファンド投資法人

その他が6銘柄。


スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 16:29 | Comment(0) | ポートフォリオ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.