2020年05月29日

2020年5月末の日本株式ポートフォリオ

3月から5月上旬にかけて信用買いした玉を、順次現引き中。
買い増しした4銘柄はどれも主力と位置付けてるのだが、
CDSとセゾン情報は主力らしいポジになってきた。
ペパボとネクシィはまだまだ。
特にペパボは足りないので、もう一度1500円を割ってくれないものか。

No.1はまさか1ヵ月で手放すことになろうとは。
しかし売り基準に達したので止む無し。
それにしても急騰の理由がFTGから子会社譲受ってのが笑える。
ずっと持ってたFTGは評価されないのに。

TOWは元々景気敏感な会社だと思うが、これからしばらくは更に敏感になりそう。
持ってると疲れそうなのでヤレヤレ売りした。
損しなくて良かった。


2169CDSを追加購入。
3633GMOペパボを追加購入。
4346ネクシィーズグループを追加購入。
9640セゾン情報システムズを追加購入。
9287ジャパン・インフラファンド投資法人を追加購入。

3562No.1を全売却。
4767テー・オー・ダブリューを全売却。


という訳で、0増2減の合計60銘柄。


配当株が以下の41銘柄
1413ヒノキヤグループ
1448スペースバリューホールディングス
1887日本国土開発
1898世紀東急工業
1929日特建設
1941中電工
1982日比谷総合設備
2169CDS
2311エプコ
2362夢真ホールディングス
2391プラネット
2674ハードオフコーポレーション
2763エフティグループ
3107ダイワボウホールディングス
3447信和
3633GMOペパボ
3712情報企画
3800ユニリタ
3817SRAホールディングス
4304Eストアー
4327日本エス・エイチ・エル
4346ネクシィーズグループ
4658日本空調サービス
4709IDホールディングス
4748構造計画研究所
4845スカラ
6364北越工業
7417南陽
7466SPK
7508G-7ホールディングス
7812クレステック
7822永大産業
8096兼松エレクトロニクス
8117中央自動車工業
9381エーアイテイー
9422コネクシオ
9466アイドママーケティングコミュニケーション
9622スペース
9639三協フロンテア
9640セゾン情報システムズ
9761東海リース

J-REIT・インフラファンドが以下の13銘柄
2979SOSiLA物流リート投資法人
3278ケネディクス・レジデンシャル・ネクスト投資法人
3455ヘルスケア&メディカル投資法人
3459サムティ・レジデンシャル投資法人
3476投資法人みらい
3481三菱地所物流リート投資法人
8968福岡リート投資法人
8977阪急阪神リート投資法人
8979スターツプロシード投資法人
9281タカラレーベン・インフラ投資法人
9282いちごグリーンインフラ投資法人
9286エネクス・インフラ投資法人
9287ジャパン・インフラファンド投資法人

その他が6銘柄。


スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 17:02 | Comment(0) | ポートフォリオ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.