2020年04月04日

2020年4月第1週のFX

セントラル短資FXダイレクト。
通貨ペア数量LorS、Bid、スワップ(→は先週末から今週末の変化)
EUR/JPY4万S、120.163→117.281、-29→+21
CHF/JPY3万S、113.308→111.070、-40→+20
ZAR/JPY20万L、6.109→5.701、+5→+5
MXN/JPY25万L、4.593→4.330、+8→+8
USD/CHF5万L、0.95188→0.97617、-12→+5
EUR/USD3万S、1.11340→1.08639、+59→+22
GBP/USD2万S、1.24635→1.22738、+70→-6
資産残高は4888374円→4892195円。含み損益は+64289円→+384513円。
清算価値は4952663円→5276708円。証拠金維持率556%→603%。実効レバ4.4倍→4.1倍。
スワップは321円/日→523円/日。365倍で190895円/年。


売買はなし。
値動きはドル大幅高、円高。
円ショート以外のペアが大幅改善。
全体の含み損益は大幅改善。
スワップはプラ転が3ペアも、マイ転が1ペア。先週に続いての激動中。
合計は急増。













etc.
初めて志村けんさんを見たのは私が小学生の時だった。
当時の男子小学生の一番人気はドリフターズであって、
当然ながら「8時だョ!全員集合」の視聴は必須となっていた。
見てないと、月曜に登校しても話に参加できずに寂しい思いをすることになる。
なので、いつも夜8時には寝かされてた私も、土曜日だけは9時まで起きているのを許されたほど。
(もちろん休日前なのもある。まだ土曜が半ドンだった頃の話だ)
それは、ある日突然起きた。
いつも通りに8時だよを見てると、突然、1人の黒子が画面にクローズアップされて、
そいつが今でいうところの変顔をしたのだ。
8時だよはステージ上の公開生放送であり、メインコンテンツは20分ほどのコントで
場面転換などの時の小物移動は数人の黒子が出てきてやっていた。
だから黒子が映るのはいつものことなのだが、それは引きの画面であって
アップになることなど一度もなかった。
それが大写しになって、あろうことか顔の前の頭巾をめくり上げ、カメラの方を向いて変顔をしたのだ。
時間としては1〜2秒のことだったのだが、呆気にとられた。
コント自体はその前も後も普通に行われていた。そして番組も普通に終了した。

月曜の朝、登校してきた同級生たちは皆一様に真剣な面持ちであった。
第一声は「おい、見たか、あれ?」だった。
もちろんあれとは8時だよの謎の出来事のことである。
そして男子全員で「あれはなんだったのか討論会」が開かれる。
まず最初に提示された解釈は「トラブル説」である。
まだ放送事故なる単語は一般には使われていない時代だが、
8時だよの場合は生放送ということもあり、放送事故は頻繁にあった。
最も有名な、会場の照明が故障してずっと真っ暗なままだった回は私も見た。
なのでトラブル説が出るのは当然なのだが、すぐに否定された。
一連の黒子の動作を見るに、あきらかに故意だからだ。
次に出されたのは「変な奴説」である。
黒子の中に一人だけ変な奴が混ざっていて、そいつが勝手にやったことだと。
しかしこれもすぐに否定された。カメラがアップになったからだ。
いくら黒子が変なことをしても、それに合わせてカメラがアップにはならない。
そして次は「変な奴二人説」。黒子とカメラマンが口裏を合わせてやった計画的犯行。
しかしこれも可能性が低いことは明白である。
変な奴が複数いて、しかも片方はテレビ局の人間である。
「トラブルか故意が、偶然重なった説」は、皆思ったが、口には出さなかった。
あまりにもご都合主義だからである。
そして最終的には「コントの一部だった説」で終了した。
しかしあまりにも唐突過ぎてなんの笑いにも繋がってはいず、相当に無理がある解釈で
誰も納得はしていなかったが、もう朝のホームルームが始まる時間だったのだ。

モヤモヤしたままで数週間が過ぎた。
そしてそれは再び起きたのだ。
8時だよのコントで同じ黒子が変顔。
しかも前回より少しだけ長い時間(5秒ぐらい?)で、変顔もちょっと複雑化していた。
カメラも前回より少し顔に寄っていた。
これでもう「トラブル説」「変な奴説」(と、それらの複合説)は否定された。
同じトラブルがまた起きるとは考えられないし、変な奴なら前回で首になってるはず。
月曜の朝に提示されたのは「新しい形のコントを試してる説」である。
しかし前討論会ほどには盛り上がらなかった。
全員「解らない」に話が帰着することが解っていたからだ。

しばらくして、ドリフに新メンバー加入が発表された。
それはあの黒子だった。
その時私は志村けんという名前を覚えた。顔はもう覚えていた。
あれから半世紀。
志村さんのご冥福を祈ります。



スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 12:57 | Comment(0) | FXポジション | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.