2020年03月14日

2020年3月第2週のFX

セントラル短資FXダイレクト。
通貨ペア数量LorS、Bid、スワップ(→は先週末から今週末の変化)
EUR/JPY4万S、119.110→119.934、-2→-2
CHF/JPY3万S、112.358→113.342、0→0
ZAR/JPY20万L、6.720→6.634、+5→+5
MXN/JPY20万L、5.237→4.935、+11→+11
USD/CHF5万L、0.93770→0.95247、+33→+33
EUR/USD3万S、1.12989→1.11064、+60→+60
GBP/USD2万S、1.30472→1.23436、+47→+47
資産残高は4875790円→4881190円。含み損益は+104912円→+277467円。
清算価値は4980702円→5158657円。証拠金維持率569%→581%。実効レバ4.3倍→4.2倍。
スワップは696円/日→751円/日。365倍で274115円/年。


売買はMXN/JPYを5万通貨ロング追加。
値動きはドル大幅高、ユーロ高、フラン高。ポンド大幅安、新興国通貨安。
対円ペアが全て悪化方向に動くという状況に対して、それ以外のペアが大幅改善。
全体の含み損益は改善。
因みに週中には一時数万円の含み損になってた。
スワップは先週と全く変わらず。
合計はポジが増えた分増加。













etc.
もうボロボロ。
現物は放置でも良いのだが、信用がね。
買っては投げ、買っては投げで、今はもう投げるための資金が枯渇した。
まぁ、維持率は200〜300%あるので、今すぐどうこうってことはないのだが。
レバレッジ1.08ぐらい。
でもこれは大失敗だ。
現物放置は望む姿じゃない。

米株口座は金曜にドル建てで4%ぐらいの含み損になった。
週末には含み益に戻ったが。

金曜の日本株(含リート)の前日差は一時-1000万円だった。
このまま終われば自分史上最大の下げ幅だったのだが、引けでは4位だった。
下げ率では今年2位。

相場は完全にパンデミックパニック状態だが、ウイルス自体の小物感とは対照的。

金曜のリート・インフラファンドは、全66銘柄中28銘柄が一時S安という地獄絵図だったのだが、
保有ではMIRAIだけだった。
保有PFは割りと下落耐性ある?


スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 10:39 | Comment(0) | FXポジション | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.