2020年01月18日

2020年1月第3週のFX

セントラル短資FXダイレクト。
通貨ペア数量LorS、Bid、スワップ(→は先週末から今週末の変化)
EUR/JPY4万S、121.762→122.175、-6→-6
CHF/JPY3万S、112.526→113.818、-6→-6
ZAR/JPY20万L、7.617→7.610、+6→+6
MXN/JPY5万L、5.820→5.900、+11→+11
USD/CHF5万L、0.97249→0.96752、+22→+34
EUR/USD3万S、1.11211→1.10905、+71→+71
GBP/USD2万S、1.30528→1.30102、-6→+32
資産残高は4840546円→4844357円。含み損益は+481523円→+425029円。
清算価値は5322069円→5269386円。証拠金維持率603%→594%。実効レバ4.1倍→4.2倍。
スワップは444円/日→580円/日。365倍で211700円/年。


売買はなし。
値動きはフラン高。円安、やや欧州通貨安。
全体の含み損益は小幅悪化。
スワップは今度こそ年末始の異常値は終わったらしい。
主力のUSD/CHFがかなり戻ったのとGBP/USDがプラ転した。
ただし1ヵ月前に比べれば、ポジが増えてるのにスワップは同レベルだが。

先週「ポンドルショート(のスワップ)が-6円なのは少ないぐらい。
-50円ぐらいでも不思議はない。」と書いて
その根拠としてポン円ロングのスワップが+80円なのを挙げた。
それが+80円のままなのに、ポンドルショートは+32円に
謎。
ポン円ロングのスワップが+80円、ドル円ロングが+25円、ポンドルショートが+32円。
これって、ポン円ロングとドル円ショートとポンドルショートを持てば、
(上手く配分すれば)為替リスクが消えて、好スワップの円になるんじゃ?



スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 12:31 | Comment(0) | FXポジション | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.