2019年11月23日

2019年11月第4週のFX

セントラル短資FXダイレクト。
通貨ペア数量LorS、Bid、スワップ(→は先週末から今週末の変化)
EUR/JPY4万S、120.228→119.694、+5→+5
CHF/JPY2万S、109.886→108.910、-5→-5
ZAR/JPY20万L、7.386→7.373、+6→+6
AUD/CHF2万L、0.67440→0.67620、+10→+10
USD/CHF5万L、0.98944→0.99678、+43→+43
EUR/USD2万S、1.10522→1.10197、+77→+68
GBP/USD4万S、1.28988→1.28275、+10→+10
資産残高は4731422円→4735232円。含み損益は+753045円→+871065円。
清算価値は5484467円→5606297円。証拠金維持率585%→601%。実効レバ4.2倍→4.1倍。
スワップは559円/日→541円/日。365倍で197465円/年。

売買はなし。
値動きは米ドル高、円高。
ZAR/JPY以外の全ペアが改善。
全体の含み損益は大幅改善。先々週の水準に戻った。
スワップはEUR/USDが大幅減。
合計は大幅減少。

ついに年間スワップ額が20万円を割った。年利4.17%。清算価値比だと3.52%!
レバ掛けてこれでは、リスクリターンが可笑しい。なにか考えないといけないか。
現方針になったのは16/03/26の週で、この時スワップは1000円/日あった。
リラ円とかもあったので多いのだが、リラ円を手放した18/05/20の週以降でも800円台。
世界的な低金利だから仕方がないかなぁ。マイナス金利も多いし。

セン短のスワップが少ないという事情もある。
新興国通貨ロングで、セン短だとリラ円が20円、ランド円が6円、ペソ円が13円、人民元円が6円。
外為どっとコムだとリラ円が50円、ランド円が12円、ペソ円が12円、人民元円が10円。
上田ハーローだとリラ円が60円、ランド円が6円、ペソ円が10円、人民元円が1円。
リラ円が異常に少ないのは、顧客のキャピタルロスの可能性を低下させるという意味で
ある意味良心的かもしれない。
ペソ円が頑張ってるが、せっかくだからここに乗っかるべきなのかなぁ。
しかし高スワップに釣られて新興国通貨ロングってのは、世間によくいる馬鹿と同じである。

素直に考えれば、セン短が少ないのなら他業者を使うのも有り。
しかし面倒。集計も管理も、なにより確定申告が。
(そういえば、そのうちFXも特定口座になるだろうと思って、もう15年も経ってるぞ)
確定益出して無駄な税金も払いたくないし。

全く逆に、規模縮小するって手もある。
どうせ低金利が続くだろうし、冬ごもり。
いっそのこと、FXから撤退するのも一興だな。


スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 11:20 | Comment(0) | FXポジション | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright(C) 2009-2019 配当金生活 all rights reserved.