2019年11月01日

2019年10月末の資産状況

日本株       元本7186万5200円、時価1億2333万6000円。年間予想配当金466万0242円。
米国株(+米ドル) 元本2188万7102円、時価2678万0346円。年間予想配当金115万4807円。
米国債       元本74万5375円、時価75万7073円、年間予想分配金1万7359円。
FX          元本472万0223円、時価536万4163円。年間予想スワップ26万4990円。
貴金属       元本257万0000円、時価452万7931円。年間予想配当金0円。
現金(円)      元本929万6971円、時価929万6971円。年間予想配当金0円。

合計         元本1億1108万4871円、時価1億7006万2484円。年間予想収入609万7398円。

あくまでも毎月最終営業日の夕方の数字であって、
外国株や為替などは正確な月末の数字ではない。
(ただし最終営業日の翌日が土日祝日の場合は例外もあり)
日本株にはJ-REIT、インフラファンドも含まれる。
米国株とは米国上場銘柄という意味であり、
英国やカナダ等に本社のある銘柄も含まれる。
FXの時価とは元本+含み損益であり、ポジション総額ではない。
現金(円)とは証券口座内の預り金であり、
いわゆる生活防衛資金は含まれていない。
予想配当や分配金やスワップは税引き前の数字であり、
税引き後が知りたければ勝手に2割ほど引くように。
記念配当や特別配当は基本的に予想配当金に含めていない。
(恒常的に特配などを出す銘柄もあり、その場合は例外的に含める)
株主優待は収入に含めていない。
入金はない(本ブログ開始からは1円も入金してない)。
出金はある(毎月、生活費として出金してる)。

日本株はJQ指数が+3.80%、REIT指数が+3.12%なので、まぁこんなものか。

国土開発、世紀東急、日特建、夢真、SRA、ID、構造計画、南陽、SPK、
G7、永大産、兼松エレ、コネクシオ、三協フが堅調。
洪水被害の復旧や増税対策の補正予算の思惑で、建設土木株が軒並み強い。
他は素直に業績に従ってる。
特に強かったのはG7だが、ここ半年ほどでようやく神戸物産の値動きに互してきた。

プラネット、AITが軟調。
AITも業績は良いのだが、米中貿易戦争に巻き込まれるイメージ?
取り扱いはほとんどが日中間なのだが。

REITは日ヘル、阪急、タカラインフラ、いちごインフラ、エネクスインフラが強かった。
日ヘルはもう詰んでると思うので、被買収対象としての思惑?
インフラファンドが軒並み元気だが、リートが高騰で利回りが低下して、その代替?
カナディアンソーラーの「台風による発電施設損傷はすぐ復旧も、
売電先である電力会社の配電設備の修復が滞り売電できず」っていうのは、
リスクとして覚えておきたい。



米国株は円建てS&P500が+3.62%。(ただし10/30時点)

LHXはL3テクノロジーズ(LLL)とハリス(HRS)が7月1日に合併して出来た。
国防企業としては売上げ米国第6位。通信・エレクトロニクスの専門。
既保有のLMTとGDはハードウェアに強いので、毛色の違うのも含めようかなと。
ヤフーファイナンスの表記は元のハリスのままだが、怠慢である。

LHX L3ハリス・テクノロジーズを新規購入。

米国株PFは以下の24銘柄。
AAPL アップル
ABBV アッヴィ
AMZN アマゾン・ドット・コム
AQN アルゴンキン・パワー・アンド・ユーティリティーズ
ARCC エイリス・キャピタル
BCE ベル・カナダ
BTI ブリティッシュ・アメリカン・タバコ
DEO ディアジオ
GD ゼネラル・ダイナミクス
GOOG アルファベット
LHX L3ハリス・テクノロジーズ
LMT ロッキード・マーチン
MCD マクドナルド
MO アルトリア・グループ
MSFT マイクロソフト
NTAP ネットアップ
OKE ワンオーク
PEGI パターン・エナジー・グループ
PG プロクター・アンド・ギャンブル
SBUX スターバックス
SO サザン
T AT&T
TERP テラフォーム・パワー
V ビザ
金額の多い順に、
電力4銘柄:軍事3:酒煙草3:日用品3:電話2:金融2:ハイテク5:エネルギー:バイオ(独自分類)



米国債券はTLTの追加購入。10株増えて50株になった。



FXは先月の100万円超の含み益から大幅悪化。
ポンド・ユーロ高が直撃。
ブレグジットするしない・合意の有無で右往左往してるが、
結局、欧州は呉越同舟であり、長期的には瓦解すると見ているので、
基本的にそのままのポジを維持する予定。



貴金属は金現物1万円、金ファンド2万円の巡航積み立て。
田中の金買取価格が5700円に接近。30年来高値更新中。
因みに11/1の小売価格は5808円で昨年末から800円上昇、
バブル期である1980年1月の最高値6495円の背中も見えてきた。


スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 16:37 | Comment(0) | 資産状況 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright(C) 2009-2019 配当金生活 all rights reserved.