2019年10月01日

2019年9月末の資産状況

日本株       元本7200万5200円、時価1億1700万6100円。年間予想配当金464万2950円。
米国株(+米ドル) 元本2179万1487円、時価2655万9058円。年間予想配当金112万0555円。
米国債       元本59万2485円、時価61万6022円、年間予想分配金1万3787円。
FX          元本469万5736円、時価578万8261円。年間予想スワップ26万2070円。
貴金属       元本254万0000円、時価440万5859円。年間予想配当金0円。
現金(円)      元本895万7219円、時価895万7219円。年間予想配当金0円。

合計         元本1億1058万2127円、時価1億6333万2519円。年間予想収入603万9362円。

あくまでも毎月最終営業日の夕方の数字であって、
外国株や為替などは正確な月末の数字ではない。
(ただし最終営業日の翌日が土日祝日の場合は例外もあり)
日本株にはJ-REIT、インフラファンドも含まれる。
米国株とは米国上場銘柄という意味であり、
英国やカナダ等に本社のある銘柄も含まれる。
FXの時価とは元本+含み損益であり、ポジション総額ではない。
現金(円)とは証券口座内の預り金であり、
いわゆる生活防衛資金は含まれていない。
予想配当や分配金やスワップは税引き前の数字であり、
税引き後が知りたければ勝手に2割ほど引くように。
記念配当や特別配当は基本的に予想配当金に含めていない。
(恒常的に特配などを出す銘柄もあり、その場合は例外的に含める)
株主優待は収入に含めていない。
入金はない(本ブログ開始からは1円も入金してない)。
出金はある(毎月、生活費として出金してる)。

日本株はJQ指数が+5.26%、REIT指数が+4.54%なので、駄目。

スペバリ、世紀東急、夢真、ダイワボウ、信和、南陽、アイドマ、スペースが小幅堅調。
何れも特に理由もなく、日経JQ平均が14連騰するような月なので自然に上昇した感じ。
軟調な銘柄はなし。
強いて言えば三協フがやや軟調だが、
千葉県で台風被害が出て地元の三協フが弱いのは解せぬ。

REITはどれも堅調だが、特に日ヘル、みらい、地所物流、エネクスが元気。
地所物流は、地所の名を冠したREITの利回りが5%もあったのが有り得ない話で、
ようやく修正されてきた。
みらいとエネクスもスポンサーを考えれば当然。
TOB失敗したみらいが、成功したスターアジアとさくらより堅調なのは笑える。

余談だが、アドバンス・レジデンス投資法人(ADR)がテンバガーになった。
ADRの上場来安値からでも3倍程度なのでなぜ10倍なのか訝しがる向きもあろうが、説明すると
実際に私が買ったのは日本レジデンシャル投資法人(NRI)なのだ。
ニューシティ・レジデンス投資法人が破綻し更にNRIの親のパシフィックHDも破綻した後、
投資口価格が10分の1ぐらいになってたNRIを買ったところ、ADRが救済合併してくれて、
結局私のNRIは簿価35000円のADRに変身したというわけ。
何が言いたいのかというと、(色々な条件が重なれば)REITでもテンバガーは可能という話。
閑話休題。



米国株は円建てS&P500が+2.57%。(ただし9/27時点)

微調整程度で、特に動かず。
統合断念は仕方がないとしても、ジュールがコケたアルトリアは売りたくなってきた。
しかし今年はもう利益出したくないので、売るなら来年にしたいのだが・・・・

AAPL アップルを追加購入。
MCD マクドナルドを追加購入。
SBUX スターバックスを追加購入。
TERP テラフォーム・パワーを追加購入。
V ビザを追加購入。

米国株PFは以下の23銘柄。
AAPL アップル
ABBV アッヴィ
AMZN アマゾン・ドット・コム
AQN アルゴンキン・パワー・アンド・ユーティリティーズ
ARCC エイリス・キャピタル
BCE ベル・カナダ
BTI ブリティッシュ・アメリカン・タバコ
DEO ディアジオ
GD ゼネラル・ダイナミクス
GOOG アルファベット
LMT ロッキード・マーチン
MCD マクドナルド
MO アルトリア・グループ
MSFT マイクロソフト
NTAP ネットアップ
OKE ワンオーク
PEGI パターン・エナジー・グループ
PG プロクター・アンド・ギャンブル
SBUX スターバックス
SO サザン
T AT&T
TERP テラフォーム・パワー
V ビザ
金額の多い順に、
電力4銘柄:軍事2:酒煙草3:日用品3:電話2:金融2:ハイテク5:エネルギー:バイオ(独自分類)



米国債券はTLTの追加購入。10株増えて40株になった。
もう少しでTMFも買えたのだが、指値に届かなかった。


FXは主力ポジであるGBP/USDのスワップが激減したおかげで大きく収入減。


貴金属は金現物1万円、金ファンド2万円の巡航積み立て。
金価格はほぼ横ばいで、積み立てた分だけ増えた。



スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 16:18 | Comment(0) | 資産状況 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright(C) 2009-2019 配当金生活 all rights reserved.