2019年08月03日

2019年8月第1週のFX

セントラル短資FXダイレクト。
通貨ペア数量LorS、Bid、スワップ(→は先週末から今週末の変化)
EUR/JPY4万S、120.907→118.360、+6→+8
CHF/JPY2万S、109.355→108.447、+10→+15
ZAR/JPY20万L、7.599→7.206、+7→+7
AUD/CHF1万L、0.68597→0.66761、+27→+21
USD/CHF5万L、0.99309→0.98224、+76→+65
EUR/USD2万S、1.11274→1.11054、+104→+97
GBP/USD4万S、1.23813→1.21608、+76→+37
資産残高は4896921円→4644095円。含み損益は+795167円→+1050773円。
清算価値は5692088円→5694868円。証拠金維持率576%→648%。実効レバ4.3倍→3.8倍。
スワップは1175円/日→890円/日。365倍で324850円/年。

売買はNZD/JPYを損切りした。
本当はNZD減に合わせてAUD/CHFを増やす計画だったのだが、指値に届かず。
値動きは円高、ややフラン高。ポンド安、ややユーロ安。
全体の含み損益は大幅改善。といっても殆どは損切りのおかげ。
スワップは大変動。数量の大きいUSD/CHFとGBP/USDの減少が痛い。
特にポンドルの半減って・・・
キウイ円が消えたのもあって合計は激減。

これで大きな含み損ポジはZAR/JPYだけになったが、こちらは当分放置の予定。
それにしても、FXやってる個人のほとんどは円ショートオンリーだろうに。
他人事ながら大変そうだ。














etc.
SHLの3Q。最終13.5%増益。通期を小幅上方修正。
その修正EPSをすでに超えてるが、4Qは赤字だそうだ。
これでなぜか売られる。

北越工の1Q。最終4.2%増益。進捗率は対中間50.5%、対通期23.9%。

ハードオフの1Q。最終39.5%増益。進捗率は対中間96.6%、対通期41.2%。
都市再開発事業に伴う店舗明け渡しにかかる受取補償金による特益。
経常6.0%増益で、この進捗率は対中間65.0%、対通期26.0%。
順当に叩き売り。

セゾン情報の1Q。最終82.3%増益。HULFTが牽引。進捗率は対中間87.1%、対通期34.0%。
順当に大爆発。

コネクシオの1Q。最終42.0%増益。業績予想非開示を継続。
順当にやや買われる。

世紀東急に公正取引委員会からの排除措置命令および課徴金納付命令。2017年の奴。
課徴金28億9781万円に対して独占禁止法関連損失引当金43億4600万円で、
差額14億4800万円を特別利益として計上。上期最終を一転2.2倍増益に上方修正。
配当を30円から40円に増額。
なぜか買われる。

兼松エレの1Q。最終31.0%減益。進捗率は対中間15.0%、対通期7.07%。
ストレージ関連事業での販売減。
順当に売られる。

中電工の1Q。営業赤字転落、経常34.4%減益、最終は投資有価証券売却益で10.2%増益。
進捗率は対中間31%、対通期11.3%。
順当にやや売られる。

ハイマックスの1Q。最終15.9%増益。進捗率は対中間68.3%、対通期25.6%。

G7の1Q。最終41.9%増益。進捗率は対通期25.1%。
順当に買われる。

アイドマの1Q。今期から連結なので前期比なし。進捗率は対通期19%。
非連結比だと売上げ9.1%増収、営業16.6%減益、経常14.8%減益、最終18.6%減益。
中間配当実施。9+9=18円配に。
提携してるアリババのグループ企業Sunparl社及びZkong社と共同開発した
電子棚札ソリューションを基軸とするオールストアプロモーションサービスを開始。
順当に売られる。

日本空調の1Q。最終64.6%増益。進捗率は対通期18.6%。
8/8〜14で立会外分売。92800株。発行済み株式数の0.26%。

中央自の1Q。最終37.3%増益。進捗率は対中間41.1%、対通期22.18%。



前半戦、ここまでの反応はほぼ順当。
嬉しかったのは、国土開発とアイドマの中間配当実施。



スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 12:40 | Comment(0) | FXポジション | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright(C) 2009-2019 配当金生活 all rights reserved.