2019年05月18日

2019年5月第3週のFX

セントラル短資FXダイレクト。
通貨ペア数量LorS、Bid、スワップ(→は先週末から今週末の変化)
EUR/JPY4万S、123.567→122.742、-2→+1
CHF/JPY2万S、108.742→108.788、+5→+10
NZD/JPY4万L、72.522→71.669、+27→+21
ZAR/JPY20万L、7.764→7.612、+8→+8
USD/CHF5万L、1.01060→1.01077、+81→+81
EUR/USD2万S、1.12383→1.11566、+94→+88
GBP/USD4万S、1.30047→1.27190、+76→+76
資産残高は4891680円→4899738円。含み損益は+479686円→+592205円。
清算価値は5371366円→5491943円。証拠金維持率531%→548%。実効レバ4.7倍→4.5倍。
スワップは1167円/日→1153円/日。365倍で420845円/年。

売買はなし。
値動きはドル高、円高、フラン高。いや、欧州通貨安、豪州通貨安、ランド安というべきか。
ユーロ安がEUR/JPYとEUR/USDに、ポンド安がGBP/USDに効いて、全体の含み損益は大幅改善。
スワップはEUR/JPYがプラ転、CHF/JPYが倍増。
しかしそれよりNZD/JPYとEUR/USDの急減が効いて、合計では小幅減。
連休が終わっても安定しない。















etc.
連休明けの持株の決算。
ポジティブな印象なのは
日特建・・・・思ってたより還元意欲が強い。
システナ・・・・思ってた以上に順調。ただし、中計で還元に言及がなかったのは?
ハードオフ・・・・需要はあるんだから膿出しすれば回復するよね。小売って簡単。
FTG・・・・これで売られるとは、光通信の呪いとしか思えない。
ユニリタ・・・・メインフレーム以外が増収なのでOK。あとは今期に利益が出せるか?
G7・・・・これも思ってた以上に順調。ついに今期は特配でも記念配でもなく、普通配で増配。
中央自・・・・これも思ってた以上に順調。
三協フ・・・・今までは10円増配ペースだったのが15円になった。

ネガティブなのは
世紀東急・・・・財務的に余裕綽綽なのに30円配を反故にして、今度の30円計画が信用できると?
ハイマックス・・・・人員育成は時間がかかりそう。1年後に中計を見直すそうだ。
ID・・・・社長が売るの?こんな安値で?
空調サ・・・・減配計画なのも嫌だが、配当性向をガチガチに守るのはもっと嫌。
南陽・・・・ここが配当性向上げたって何の意味もない。
「ただし、連結純利益が配当総額を下回る場合は、連結純利益の範囲内」なんだから。


スペバリが下方修正。修正するってことは近日中に決算が出せるってことだな。
そこが最も心配な点だったので一安心。


スポンサード リンク

posted by 冬葉ツトム at 09:24 | Comment(0) | FXポジション | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

-- Yahoo! -- Copyright(C) 2009-2019 配当金生活 all rights reserved. -- Google --