2019年05月04日

2019年5月第1週のFX

セントラル短資FXダイレクト。
通貨ペア数量LorS、Bid、スワップ(→は先週末から今週末の変化)
EUR/JPY4万S、124.539→124.475、-4→-4
CHF/JPY2万S、109.573→109.300、+5→+5
NZD/JPY4万L、74.368→73.796、+27→+27
ZAR/JPY20万L、7.746→7.741、+8→+8
USD/CHF5万L、1.01898→1.01632、+76→+81
EUR/USD2万S、1.11493→1.12019、+101→+112
GBP/USD4万S、1.29173→1.31656、+78→+78
資産残高は4877176円→4884100円。含み損益は+606664円→+451913円。
清算価値は5483840円→5336013円。証拠金維持率536%→521%。実効レバ4.6倍→4.7倍。
スワップは1156円/日→1203円/日。365倍で439095円/年。

売買はなし。
値動きはポンド高。豪州通貨安。やや円高、ドル安。
特にポンド高とドル安の相乗効果でGBP/USDが大幅悪化。
全体の含み損益も大幅悪化。
スワップはUSD/CHFとEUR/USDが急増。
スイスが利下げ余地無しなのを考えると、やっぱりセン短の中ではアメリカが利上げ?

スポンサード リンク

posted by 冬葉ツトム at 07:24 | Comment(0) | FXポジション | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。