2019年03月29日

2019年3月末の日本株式ポートフォリオ

国土開発は地震リスクヘッジ用として。
記念配当込みの27.5円を来期も維持するか解らないし、
短信の説明が糞だし、期末一括配当だし、むかし破綻してるし。
色々と難点はあるが目を瞑った。
一度破綻してるのは、むしろ慎重に経営してくれるかもしれない。
5月期末で決算期分散もできる。

スペバリは権利前に一旦手放した。
しかし地震リスクヘッジ銘柄の主力であることに変わりはないので、
4月中には買い戻す予定。

GLPは中国資本なのが、やっぱり信用しかねるので。
元々、シンガポール政府投資公社がスポンサーなのに魅力を感じて買ったという点もあったので、
それがなくなったのは減点で。
ただし、アグレッシブな運営はさすが万科企業と常々感心してたので、
外部環境が悪くなったら買い直したい。

プラネットやIDやSPKや中央自は少しだけ削いだ。
プラネットを売る日が来るとは・・・と、ちょっと感慨深い。
中央自は2005年に買い増しして以来の売買。13年半ぶり(笑)


1887日本国土開発を新規購入。

3308日本ヘルスケア投資法人を追加購入。
3455ヘルスケア&メディカル投資法人を追加購入。
9286エネクス・インフラ投資法人を追加購入。

2317システナを部分売却。
2391プラネットを部分売却。
4709インフォメーション・ディベロプメントを部分売却。
7466SPKを部分売却。
8117中央自動車工業を部分売却。
9928ミロク情報サービスを部分売却。
8979スターツプロシード投資法人を部分売却。

1448スペースバリューHDを全売却。
3281GLP投資法人を全売却。


という訳で、1増2減の合計56銘柄。


配当株が以下の34銘柄
1887日本国土開発
1898世紀東急工業
1929日特建設
1941中電工
1982日比谷総合設備
2311エプコ
2317システナ
2362夢真HD
2391プラネット
2674ハードオフコーポレーション
2763エフティグループ
3447信和
3712情報企画
3800ユニリタ
4299ハイマックス
4327日本エス・エイチ・エル
4658日本空調サービス
4709インフォメーション・ディベロプメント(4月から持ち株会社IDホールディングス)
4748構造計画研究所
6364北越工業
7417南陽
7466SPK
7508G-7HD
8096兼松エレクトロニクス
8117中央自動車工業
8203MrMaxHD
9381エーアイテイー
9422コネクシオ
9511沖縄電力
9534北海道ガス
9622スペース
9639三協フロンテア
9761東海リース
9928ミロク情報サービス

J-REIT・インフラファンドが以下の14銘柄
3269アドバンス・レジデンス投資法人
3278ケネディクス・レジデンシャル・ネクスト投資法人
3308日本ヘルスケア投資法人
3455ヘルスケア&メディカル投資法人
3459サムティ・レジデンシャル投資法人
3476投資法人みらい
3481三菱地所物流リート投資法人
8966平和不動産リート投資法人
8968福岡リート投資法人
8977阪急阪神リート投資法人
8979スターツプロシード投資法人
9281タカラレーベン・インフラ投資法人
9282いちごグリーンインフラ投資法人
9286エネクス・インフラ投資法人

この他に優待株が8銘柄。

スポンサード リンク

posted by 冬葉ツトム at 15:51 | Comment(0) | ポートフォリオ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。