2018年11月30日

2018年11月末の日本株式ポートフォリオ

依然として守備固めを続けてる。
アプライドとバルカーは、将来楽しみだと思って保有してたが、
将来を考える季節じゃなかろうと思い直した。
PLANTは先月書いた買い戻し。システナはリバランス。

リートの入れ替えは、
・日本管財&ガリレオ売り
・シップヘルスケア&NECキャピタル&三井住友買い・三菱地所買い
という感じで、スポンサーの信用度を高めるのが主な狙い。
日本管財は大丈夫だと思うが、ガリレオはねぇ。
以前の記事にも書いたが、
金融危機時に救済する側の銘柄・自力で持ち堪える銘柄・救済される側・弱者連合
の4パターンがあると思ってて、そのうちの救済する側を増やしたつもり。
たぶんさくらは自力で持ち堪えるタイプだと思う。
ガリレオが早々に逃げて、管財が一人で全て引き受けて風雪に耐え忍ぶ・・・・

さくらは2-8月決算なので選んだのに、勝手に決算期を6-12月に変えてくれたのも売却理由の一つ。
(逆に地所物流を買った理由の一つも2-8月決算だからで、
それが無ければ日ロジでも三井不ロジでも伊藤忠アドロジでも産業でも良かった)
さくらは不況に弱いオフィスと商業施設がメインなのも難点。
そして不況に強そうなヘルスケアと物流に入れ替えた。
物流が不況に強いかどうかは良く判らないけど。
あと、PF内の唯一の物流だったGLPが胡散臭いので、それを地所で補ったというのもある。
これでヘルスケア銘柄(日ヘル・HCM・ケネレジの2割)は全て保有することになった。


3455ヘルスケア&メディカル投資法人を新規買い。
3481三菱地所物流リート投資法人を新規買い。
優待株1銘柄を新規買い。

7646PLANTを買い増し。

2317システナを一部売却。

3020アプライドを全部売却。
7995バルカーを全部売却。
3473さくら総合リート投資法人を全部売却。


という訳で、3増3減の合計55銘柄。

配当株が以下の30銘柄
1448スペースバリューホールディングス
1898世紀東急工業
1929日特建設
2311エプコ
2317システナ
2362夢真HD
2391プラネット
2674ハードオフコーポレーション
2763エフティグループ
3447信和
3712情報企画
3800ユニリタ
4299ハイマックス
4327日本エス・エイチ・エル
4658日本空調サービス
4709インフォメーション・ディベロプメント(来年4月から持ち株会社IDホールディングス)
4748構造計画研究所
6364北越工業
7417南陽
7466SPK
7508G-7HD
7646PLANT
8096兼松エレクトロニクス
8117中央自動車工業
9381エーアイテイー
9422コネクシオ
9622スペース
9639三協フロンテア
9761東海リース
9928ミロク情報サービス

J-REIT・インフラファンドが以下の14銘柄
3269アドバンス・レジデンス投資法人
3278ケネディクス・レジデンシャル・ネクスト投資法人
3281GLP投資法人
3308日本ヘルスケア投資法人
3455ヘルスケア&メディカル投資法人
3459サムティ・レジデンシャル投資法人
3476投資法人みらい
3481三菱地所物流リート投資法人
8966平和不動産リート投資法人
8968福岡リート投資法人
8977阪急阪神リート投資法人
8979スターツプロシード投資法人
9281タカラレーベン・インフラ投資法人
9282いちごグリーンインフラ投資法人

この他に優待株が11銘柄。

スポンサード リンク

posted by 冬葉ツトム at 15:50 | Comment(0) | ポートフォリオ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


-- Yahoo! -- Copyright(C) 2009-2018 配当金生活 all rights reserved. -- Google --