2018年09月29日

2018年9月末の資産状況

日本株式(+円)  元本6701万3273円、時価1億2855万2173円。年間予想配当金373万1564円。
米国株(+米ドル) 元本2469万8062円、時価2857万3973円。年間予想配当金135万2131円。
アセアン株    元本284万4880円、時価280万6234円。年間予想配当金15万5625円。
FX          元本468万5188円、時価468万2520円。年間予想スワップ31万8280円。
貴金属       元本325万0171円、時価434万9703円。年間予想配当金0円。

合計       元本1億0249万1574円、時価1億6896万4603円。年間予想収入555万7600円。

ジャスダック指数が-0.36%、東証REIT指数が+1.40%。

日本株の個別の値動きは日特建、システナ、構造計画、北越工、南陽、兼松エレ、AIT、スペースが堅調。
エプコ、FTGが軟調。
特に北越工が元気だが、災害が続いたせいだろうか。停電対策?

米国株は売買なし。
損出ししたかったのだが、地震でアタフタしてるうちに月末になってしまい、円安に。
これは大失敗。
値動きはBP、ロッキード・マーチンが堅調。
ブリティッシュ・アメリカン・タバコ、クラフト・ハインツが軟調。
まぁ株価がどうなっても、これだけ円安になれば増えるけど。

アセアン株はシンガポール・テレコムを買い増し。
本当はラチャブリ・エレクトリシティも買い増ししたかったのだが、買いそびれた。
更にYTLパワーも買い増ししたいのだが、10月が権利月なので迷ってる。

FXの今週の状況。
通貨ペア数量LorS、Bid、スワップ(→は先週末から今週末の変化)
EUR/JPY3万S、132.344→131.903、-9→-15
CHF/JPY1万S、117.499→115.772、-10→-10
NZD/JPY5万L、75.200→75.289、+25→+25
ZAR/JPY20万L、7.865→8.027、+10→+10
USD/CHF5万L、0.95806→0.98164、+35→+34
EUR/USD2万S、1.17528→1.16025、+80→+80
GBP/USD4万S、1.30839→1.30333、+61→+68
資産残高は4679327円→4685188円。含み損益は-266399円→-2668円。
清算価値は4412928円→4682520円。証拠金維持率447%→473%。実効レバ5.5倍→5.2倍。
スワップは867円/日→872円/日。365倍で318280円/年。
売買はなし。
値動きは全ペアが改善。ほぼ含み損が消えた。
ZAR/JPYが久しぶりに8台回復。
スワップは多少の動きはあるが、月末になって急に増減してるので四半期末の異常値かも?
合計は若干の増加。

貴金属は純銀ETFを買い増しした。
が、なのに減少してるのはアセアン株を買って現金が減ったため。
この辺、紛らわしいので集計方法を考えるべきだが、さて?

各口座を合計すると現金(預り金)が1000万円ほどある。
これは由々しき状況である。
キャピタルゲイン狙いならそういう状況もあろうが、
インカム狙いで現金が余ってるなんて許されない。
「常にフルポジ」が絶対である。
しかし、では何に使うか・・・が判らない。





etc.
地震から1ヵ月近く経って、ほぼ元通りなのだが、
未だに品不足なのは乾電池。
近くのイオンでまぁまぁ豊富に売ってるのは単四だけで、
他のサイズはマンガン電池とエボルタネオだけ。
停電の時、充電機器なんて糞の役にも立たないのが浮き彫りになったからなぁ。


スポンサード リンク

posted by 冬葉ツトム at 14:22 | Comment(0) | 資産状況 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


-- Yahoo! -- Copyright(C) 2009-2018 配当金生活 all rights reserved. -- Google --