2018年09月28日

2018年9月末の日本株式ポートフォリオ

システナは1銘柄で時価評価1000万円を超えてしまって、
この程度の規模のPFでは大き過ぎるような気がしたので。
なんだか、毎日翻弄されてる感じがしたので減らした。
それでもダントツの存在なのだが。

ティーライフは減配を受けて即処分。
ここまで還元意欲が薄いとは夢にも思わなかった。
払えるのに払わない会社は許さない。
まぁ、払いたくても払えない会社も許さないが(笑)
貴重な1-7月決算だったのになぁ。

東海リは売ろうかとも思ってたほど低評価な銘柄だったのが、
(元々高配当なだけの銘柄と認識してたのだが、それが減配したので0点)
北海道胆振東部地震で気が変わって、逆に買い増ししてみた。


9761東海リースを買い増し。

2317システナを一部売却。

3172ティーライフを全部売却。


という訳で、0増1減の合計53銘柄。

配当株が以下の30銘柄
1448スペースバリューホールディングス(1916日成ビルド工業の持株会社)(正確には10月から)
1898世紀東急工業
1929日特建設
2311エプコ
2317システナ
2362夢真HD
2391プラネット
2763エフティグループ
3020アプライド
3712情報企画
3800ユニリタ
4299ハイマックス
4327日本エス・エイチ・エル
4658日本空調サービス
4709インフォメーション・ディベロプメント
4748構造計画研究所
6364北越工業
7417南陽
7466SPK
7508G-7HD
7646PLANT
7995バルカー(日本バルカー工業から商号変更)(正確には10月から)
8096兼松エレクトロニクス
8117中央自動車工業
9381エーアイテイー
9422コネクシオ
9622スペース
9639三協フロンテア
9761東海リース
9928ミロク情報サービス

J-REIT・インフラファンドが以下の13銘柄
3269アドバンス・レジデンス投資法人
3278ケネディクス・レジデンシャル・ネクスト投資法人
3281GLP投資法人
3308日本ヘルスケア投資法人
3459サムティ・レジデンシャル投資法人
3473さくら総合リート投資法人
3476投資法人みらい
8966平和不動産リート投資法人
8968福岡リート投資法人
8977阪急阪神リート投資法人(阪急リート投資法人から9/1に商号変更)
8979スターツプロシード投資法人
9281タカラレーベン・インフラ投資法人
9282いちごグリーンインフラ投資法人

この他に優待株が10銘柄。

スポンサード リンク

posted by 冬葉ツトム at 16:23 | Comment(0) | ポートフォリオ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


-- Yahoo! -- Copyright(C) 2009-2018 配当金生活 all rights reserved. -- Google --