スポンサード リンク



2018年08月01日

2018年7月末の資産状況

日本株式(+円)  元本6335万9840円、時価1億2726万2640円。年間予想配当金370万2278円。
米国株(+米ドル) 元本2321万6618円、時価2797万1243円。年間予想配当金120万1070円。
アセアン株    元本344万4258円、時価343万0934円。年間予想配当金17万9469円。
FX          元本472万6395円、時価483万1401円。年間予想スワップ34万4925円。
貴金属       元本260万1524円、時価375万6510円。年間予想配当金0円。

合計       元本9734万8635円、時価1億6725万2728円。年間予想収入542万7742円。

ジャスダック指数が-2.12%、東証REIT指数が+0.21%。

日本株の個別の値動きはシステナ、バルカー、コネクシオが強い。
日特建、FTG、ハイマックスも堅調。
弱いのは特になし。兼松エレが最終日に売られたぐらい。
ほぼ決算を受けての動きで、コネクシオを除いてまぁ妥当な感じ。
システナがPF初の時価1000万円銘柄になった。
この程度の資産で多銘柄分散なのでどうしても銘柄個々は少額になる。
なので1000万円というのはダントツの金額。
因みに2位が500万円台。

米国株はブリティッシュ・アメリカン・タバコ、ロッキード・マーチン、
フィリップ・モリス、ワデル・アンド・リードが堅調。
テスラ、TALエデュケーションが軟調。
全般に強めの銘柄が多くそこに円安だったので、資産は増加。
また損出しを忘れてたが、忘れてるうちに含み損がなくなってきてしまった。

アセアン株も円安のおかげで殆ど含み損がなくなった。
FXも含み益になった。
対して貴金属は全く浮かぶ様子がない。掛け捨て保険。

2017年7月から始めた信用短期トレードの結果。
2017年は6ヶ月で計+170万4509円。
2018年1月は+28万4299円(ロングが+28万3415円、ショートが+884円)。
2018年2月は-96万2378円(ロングが-92万0625円、ショートが-4万1753円)。
2018年3月は-9万1013円(ロングが-15万0921円、ショートが+5万9908円)。
2018年4月は-14万3938円(ロングが+9万6038円、ショートが-23万9976円)。
2018年5月は-45万2423円(ロングが-27万7034円、ショートが-17万5389円)。
2018年6月は-20万7728円(ロングが-20万7728円、ショートが+-0円)。
2018年7月は-29万8126円(ロングが-51万3287円、ショートが+21万5161円)。
通算成績が-16万6798円で、マイナスに転落。
ということで、これで実験終了となった。
1年1ヵ月と17万円を使って「自分の力では地合いの良い時しか儲けられない」ということが解った。
ブログが雑然としてるので、ひょっとしたら信用短期トレードの記事は消すかもしれない。

スポンサード リンク

posted by 冬葉ツトム at 15:56 | Comment(0) | 資産状況 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


-- Yahoo! -- Copyright(C) 2009-2018 配当金生活 all rights reserved. -- Google --