スポンサード リンク



2018年07月07日

2018年7月第1週の信用短期トレード

【ルールとか指針とか目標とか、まぁそんなもの】(随時改正)
ファンダメンタルはほぼ気にしない。チャートで判断。移動平均線が肝(現物株がチャート無視なので、それと差別化)。
判断基準は極力簡単にする(複雑化は言い訳のための例外を招くだけ)。
建日のうちに決済基準に達した場合などを除いて、デイトレードはしない(反応速度の鈍さは自覚してる)。
結果に言い訳しない(言い訳しても、金も時間も戻ってこない)。
自分に言い訳しない(屑になりたくてトレードしてる訳じゃない)。

今週の信用短期トレードの決済(順不同)。
利益確定銘柄は東証マザーズETF、シルバーライフ。
損切り銘柄は日経レバETF、エステー、リニカル、メディアドゥ、インフォコム、
プロパティエージェント、マークラインズ、ソネット・メディア・ネットワークス、
ファンドクリエーショングループ、アートスパークHD、エムアップ、メディアフラッグ、
エイトレッド、グレイステクノロジー。

今週の損益。含み損益の前週比が+2.61万、確定損益が-36.9827万、差し引き-34.3727万円。


週末のポジ。
1570日経レバレッジETFx4
3969エイトレッド
4391ロジザード
5367ニッカトー
8698マネックスグループ
9274国際紙パルプ商事


またまたまたまた駄目。
先週末のポジは月曜に全部投げた。
今のやり方に正しいという確信が持てないし、少なくとも地合いの悪い時は通用しない。
で、その後は買っては投げ買っては投げの繰り返し。
こうなると、もう嫌気が差してくる。

テクニカルなど通用する感じがなかったので、
需給戦として直近IPOに手を出した。
特に国際紙パルプはわりと低位なので、持ってれば何時かは噴くんじゃないかと。
ロジザードは上場3日目の金曜に買い気配で始まったので飛び付いてみた。その後S高で引けた。
もちろんマネックスも丁半博打。
そして金曜引け際にエイトレッドとニッカトー。これはテクニカルに戻った。

7月は背水の陣なのだが、いきなりの大敗。
どうせこれで終わりなら、思い切って一か八かに賭けてみるのも面白かろう。
ワールドカップ開催中でもありサッカーに例えるなら、アディショナルタイムのパワープレイ的な。
来週は勝負してみようかと思う。
もう遅いかな。月曜、あまりにギャップアップして始まるとさすがに買えないけど。
(それの何が「勝負」だ?)
雇用統計も過ぎてNYは続伸してるが、CME日経先物は37円高。



スポンサード リンク



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

posted by 冬葉ツトム at 12:24 | Comment(0) | 短期トレード | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


-- Yahoo! -- Copyright(C) 2009-2018 配当金生活 all rights reserved. -- Google --