スポンサード リンク



2018年06月30日

2018年6月末の資産状況

日本株式(+円)  元本6204万6741円、時価1億2637万4941円。年間予想配当金370万2278円。
米国株(+米ドル) 元本2314万7705円、時価2705万2577円。年間予想配当金119万1455円。
アセアン株    元本344万4258円、時価326万2099円。年間予想配当金17万7899円。
FX          元本469万7746円、時価474万5350円。年間予想スワップ34万2370円。
貴金属       元本258万0436円、時価380万2259円。年間予想配当金0円。

合計       元本9591万6886円、時価1億6523万7226円。年間予想収入541万4002円。

ジャスダック指数が-2.77%、東証REIT指数が+1.76%。

日本株の個別の値動きは日特建、エプコ、FTG、兼松エレが堅調。
対して世紀東急、日成ビルド、システナ、真空、ケル、助川、バルカー、
中央自、コネクシオ、ミロク情報が軟調。
半導体系の4兄弟(真空、ケル、助川、バルカー)を除けば、
高配当が買われて低配当が売られてるようにも見える。
兼松エレはAI関連と認識されてるのかもしれない。
成長は諦めたがその分還元は厚くする世紀東急と、
成長は諦めたがそのくせ還元は甘いコネクシオが、同様に軟調なのは許しがたい。
前述の4兄弟は手放そうかと思ってたのだが、配当利回り3%台に入ってきたので
むしろ買い増すべきだろうか。特にケルの3.3%とバルカーの3%は。
バルカーはある程度成長株として評価すべきかもしれない。
ケルは衰退必至の遊戯機器に絡んでるのが気に入らないのだが、カジノ関連と言えなくもない。

米国株はほぼ横ばい。株価的には下げてるはずだが、円安のおかげで値を保ってる。
クラフトハインツ、PPL、サザン、テスラが堅調。
アッヴィ、エマソンエレクトリック、ロッキードマーチン、ボーダフォン、
ワデル&リード、ウェイボー、TALエデュケーションが軟調。
先月末に比べてかなりの原油高で、それでテスラが買われるのは解るが、
電力株が買われるのは解らない。
来月こそは損出ししようと思うが、毎月そう思っては忘れてる。

アセアン株は含み損拡大。
前述の中国株(ウェイボー、TALエデュケーション)も合わせて新興国株安。
貿易戦争の影響だろう。
特にシンガポールテレコムが酷い。含み損益が-28.45%って(笑)
逆に配当利回りは5.68%に上昇してるのだが、買い増しすべきだろうか。

2017年7月から始めた信用短期トレードの結果。
2017年は6ヶ月で計+170万4509円。
2018年1月は+28万4299円(ロングが+28万3415円、ショートが+884円)。
2018年2月は-96万2378円(ロングが-92万0625円、ショートが-4万1753円)。
2018年3月は-9万1013円(ロングが-15万0921円、ショートが+5万9908円)。
2018年4月は-14万3938円(ロングが+9万6038円、ショートが-23万9976円)。
2018年5月は-45万2423円(ロングが-27万7034円、ショートが-17万5389円)。
2018年6月は-20万7728円(ロングが-20万7728円、ショートが+-0円)。
ということで、またも連敗を止められなかった。
始めて丁度1年経った。
今のところ、地合いが良い時は儲けて、地合いが悪い時は損するという、当たり前の結果。
来月、もし13万1328円以上の損失を出してしまうと、開始以来の通算で損失になってしまう。
このまま赤字転落するようなら、トレード停止も考える。
長期的にトントンならホビー・レジャーとして続けたいのだが、
たぶん地合いが中立の時でも損しそうな気がするので、続ければ続ける程損失が膨らみそう。


スポンサード リンク



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

posted by 冬葉ツトム at 12:43 | Comment(0) | 資産状況 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


-- Yahoo! -- Copyright(C) 2009-2018 配当金生活 all rights reserved. -- Google --