スポンサード リンク



2018年06月02日

2018年6月第1週の信用短期トレード

【ルールとか指針とか目標とか、まぁそんなもの】(随時改正)
ファンダメンタルはほぼ気にしない。チャートで判断。移動平均線が肝(現物株がチャート無視なので、それと差別化)。
判断基準は極力簡単にする(複雑化は言い訳のための例外を招くだけ)。
建日のうちに決済基準に達した場合などを除いて、デイトレードはしない(反応速度の鈍さは自覚してる)。
結果に言い訳しない(言い訳しても、金も時間も戻ってこない)。
自分に言い訳しない(屑になりたくてトレードしてる訳じゃない)。

今週の信用短期トレードの決済(順不同)。
利益確定銘柄はアスラポートダイニング、ファーマフーズ、ファンデリー、シイエムシイ、
弁護士ドットコム、フィックスターズ、シンメンテHD、トーセイ、シルバーライフ、
バリューコマース、鎌倉新書。
損切り銘柄はSHIFT、エスケーエレクトロニクス、メディアシーク、システムディ、
セルシード、ヴィンクス、エイジア、ライドオンエクスプレスHD、トレイダーズHD、
ミズホメディー、ファンデリー、ジャストシステム、ベルシステム24、
キャピタルアセットプランニング、グリムス、サニーサイドアップ、スターマイカ。

今週の損益。含み損益の前週比が+4.20万、確定損益が-29.2456万、差し引き-25.0456万円。

週末のポジ。
2915ケンコーマヨネーズ
3182オイシックスドット大地
3857ラック
3912モバイルファクトリー
3984ユーザーローカル
4552JCRファーマ
4819デジタルガレージ
6038イード
6065ライクキッズネクスト
6073アサンテ
6182ロゼッタ
7177GMOフィナンシャルHD
8056日本ユニシス
9466アイドママーケティングコミュニケーション

2516東証マザーズETF(カラ売り)x4

またやられた。
地合いが悪ければ駄目という状況が気に入らなく、方針を大幅に変えた。
高値ブレイクを狙う。
なのでPFの顔触れもガラッと変わって、初心者が勘で選んだような銘柄群(汗)
イードのPER113って・・・・・

スクリーニングの数値とかが全く固まってないので、微調整を繰り返してる。
おかげで早く結果が見たくて、相場が待ちきれない(笑)

こういう時こそ、バーチャルトレードや検証ソフトとかを使うべきだな。
いきなり実弾ってのは馬鹿だ。

アイドママーケティングコミュニケーションは、次の不況期には現物で買いたいなぁ。

テクニカルで判断してるので別にこれで買った訳ではないが、調べたら出てきた直近の材料っぽいもの。
ラックは「5/31 岩井コスモ証券 新規 A 目標株価 2000円」
ユーザーローカルは「5/30 四季報の夏号の先取りサプライズ銘柄に取り上げられる」
JCRファーマは「6/1 今年8月から血液脳関門通過型ハンター症候群治療酵素製剤の第3相臨床試験を予定」
ライクキッズネクストは「5/27 政府が幼児教育・保育無償化策を来年10月に前倒し」
「6/1 学童保育を5年で30万人拡充へと加藤厚労相が発言」
GMOフィナンシャルは「6/1 英国現地法人と提携し英国で仮想通貨・FXトレーディングアプリを提供開始」
日本ユニシスは「5/25 みずほ証券 投資判断中立から買いに格上げ 目標株価2220円から3300円に引き上げ」



スポンサード リンク



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

posted by 冬葉ツトム at 12:32 | Comment(0) | 短期トレード | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


-- Yahoo! -- Copyright(C) 2009-2018 配当金生活 all rights reserved. -- Google --