スポンサード リンク



2018年04月21日

2018年4月第3週の信用短期トレード

【ルールとか指針とか目標とか、まぁそんなもの】(随時改正)
ファンダメンタルはほぼ気にしない。チャートで判断。移動平均線が肝(現物株がチャート無視なので、それと差別化)。
判断基準は極力簡単にする(複雑化は言い訳のための例外を招くだけ)。
建日のうちに決済基準に達した場合などを除いて、デイトレードはしない(反応速度の鈍さは自覚してる)。
結果に言い訳しない(言い訳しても、金も時間も戻ってこない)。
自分に言い訳しない(屑になりたくてトレードしてる訳じゃない)。

今週の信用短期トレードの決済(順不同)。
利益確定銘柄はプレミアグループ、プロパスト、イハラサイエンス、マネーフォワード。
損切り銘柄はアンビション、フィックスターズ、クロス・マーケティンググループ、
鎌倉新書、アルテック、デュアルタップ、パーク24、プロパスト。

今週の損益。含み損益の前週比が-2.65万、確定損益が+2.9575万、差し引き+0.3075万円。

週末のポジ。
2362夢真HD
2385総医研HD
2453ジャパンベストレスキューシステム
4819デジタルガレージ
4848フルキャストHD
6292カワタ
6366千代田化工建設
6554エスユーエス
6629テクノホライゾンHD
6848東亜ディーケーケー
6920レーザーテック
7172ジャパンインベストメントアドバイザー
8844コスモスイニシア
8927明豊エンタープライズ
9697カプコン

1570日経レバETF(カラ売り)x4
2516東証マザーズETF(カラ売り)x2

辛うじてプラスに。
先週「順張りを先鋭化した」と書いたが、それが月曜にいきなり裏目。
多くのポジが損切りになり、そこでまた銘柄選択基準を大きく変えた。
それがうまくいったのか、それとも地合いが好転したからか、なんとかプラスに持ち込めた。
たぶん後者なんだろう。地合い様のおかげである。
今の基準は見方によっては逆張りに近い。
(1週間ぐらいのチャートでは逆張りにも見えるが、1か月以上だと順張り)
千代田化工建設だけが例外で、これは別基準。
迷走は続く。

ヘッジのショートは日経レバETFを売り増しした。
これの含み損をマザーズETFの含み益で相殺してる。
本当はマザーズETFの方を売り増ししたいのだが、あまりにも順調に下げるので売り切れない。
それにしてもこのマザーズETFが上場したのが2月1日で、ほぼ初値天井なのはお見事。



スポンサード リンク



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

posted by 冬葉ツトム at 11:19 | Comment(0) | 短期トレード | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


-- Yahoo! -- Copyright(C) 2009-2018 配当金生活 all rights reserved. -- Google --