2018年02月18日

2018年2月第3週のFX

セントラル短資FXダイレクト。
通貨ペア数量LorS、Bid、スワップ(→は先週末から今週末の変化)
USD/JPY4万L、108.785→106.247、47→46
NZD/JPY5万L、78.924→78.541、41→38
ZAR/JPY20万L、9.042→9.126、10→10
TRY/JPY4万L、28.446→28.341、87→88
AUD/CHF3万L、0.73432→0.73344、46→46
USD/CHF5万L、0.93973→0.92704、63→63
GBP/USD4万S、1.38249→1.40233、43→48
資産残高は5071192円→5080745円。含み損益は-419372円→-660618円。
清算価値は4651820円→4420127円。証拠金維持率481%→443%。実効レバ5.1倍→5.6倍。
スワップは1503円/日→1541円/日。365倍で573415円/年。

売買はUSD/CHFロングを1万通貨追加。
値動きとしてはとにかくドル安が酷い。7ペア保有のうち3ペアがドル絡みで痛いところ。
ランドが孤軍奮闘中。全般には大幅悪化。
スワップはマチマチ。ポジが増えたので合計額は増加。




etc.
保有する日本株(+JREIT)の出来事。
週末のIRを受けた反応はFTGと真空が買われ、日成ビルドとスペースが売られた。
妥当な反応。

構造計画の2Q。赤字幅微縮小。個人的には好感だが、市場の反応は薄い。
ワールドの決算。大幅上振れ。増益で着地。82.7円配当。今期は微増益、微増配。
マンション引渡し時期次第なので、今の不動産市況なら上振れは最初から解ってることなのだが、
なぜか好感される。

アプライドの3Q。小幅減益。進捗率は74.0%。相変わらずの何も解らない説明が不快だ。
エプコの決算。小幅増益。今期は小幅増益。配当は維持。
売り気配で始まり朝方の安値-11.88%から驚きの浮上、引けは+3.46%!

システナは大和証券が2(アウトパフォーム)継続、目標株価4300円→5000円。
これで買われる。古老イナゴの主体性のなさが凄い。

夢真の1月月次。売上高は前年比33%増収、営業利益は+103%増益。
技術者採用は1月度234人。年間計画2500人に対し、10〜1月の累計で929人。
もちろん買われる。

そして金曜引け後。
夢真が関連会社のBTCボックスを譲渡。譲渡特益2億円。
前日が月次で買われてるのでこれで上げるのは無理だろうが、
「土地転がし」ならぬ「ベンチャー転がし」が上手い。

この1週間中にHRIが年初来安値更新。


2/6が自分史上1位の下げ幅だったのだが、先週末の16日は、たぶん自分史上11〜12位の上げ幅だった。
(1位から10位までしか記録してないのだが、その10位に肉薄したので「たぶん」)
でも、下げ幅の4分の1ぐらいの金額なのが悲しいところ。


世間は「暴落だ!」とか言ってるけど、何処からも悲鳴は聞こえてこないよ。
聞こえてくるのは「嘆き」だけで。
みんな余裕しゃくしゃくだよね。
ましてや売り方の高笑いなんて全く。
そんな暴落はない。
少なくとも今のところは「急落」であって、暴落ではない。


仮に長期トレンドが崩れたのだとしても、いますぐ本格的に売り始めるとか可笑しいよ。
少なくとも半年1年は一進一退が続くよ。長期トレンド転換ならば。
戦艦大和がモーターボートみたいに急反転するかね?
長期ってそういうこと。
売りだ売りだと騒いでるのって、単に長期トレンドにかこつけた当てものゲームだね。


麻生財務相の「特別に介入しなければいけないほど急激な円高でない」との発言を
失言と評してるのを見て、こんな馬鹿も居るんだと感心した。
いま口先介入して何の意味がある?
やるなら期末の3月下旬か、来期決算予想が出る4月下旬でしょ。


「40代からの資産運用は、積み立て投資をベースに」
https://allabout.co.jp/gm/gc/454678/
40代から20年間積み立てるのがオススメなんですってよ。
積み立てって平準化されるのが最大の利点なのに、20年じゃ足りないだろう。
1990年から日本株を20年間積み立てて、2010年に取り崩し始める。
そんなケースだって考えられるんだが。
単に20年後に景気が良いか悪いかの丁半博打で、それを薦めるって・・・
まぁ、あるじゃんの読者が相手なら、別に正しい記事である必要はないだろうけど。


「32歳貯金150万。家を買うため親から借金しますが赤字」
https://allabout.co.jp/gm/gc/463335/
節約って、大きいところから手を付けるのがセオリーだと思ったが、
この場合、一番大きいのは住宅購入なんだよね。
つまり、この新築住宅購入が身の丈に合ってないことこそが諸問題の根源であり、
それをやめる(或いはグレードダウンする)ことが最高の解決策だ。
しかしFPはそんなことは絶対言わないのだ。
なぜなら読者に喜ばれないから。

このFP。アドバイス1として、親への返済額を下げることを薦めてるが、
もしこの子供にたかられてる親から
「せっかく貯めた老後資金が消えていきます」って相談されたら、どうアドバイスするんだろう?


スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 11:14 | Comment(0) | FXポジション | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.