2018年01月14日

2018年1月第2週のFX

セントラル短資FXダイレクト。
通貨ペア数量LorS、Bid、スワップ(→は先週末から今週末の変化)
USD/JPY3万L、113.094→110.992、43→45
NZD/JPY5万L、81.056→80.540、40→42
ZAR/JPY20万L、9.180→8.970、10→11
TRY/JPY4万L、30.255→29.608、87→90
AUD/CHF1万L、0.76623→0.76599、46→45
USD/CHF4万L、0.97470→0.96776、57→56
USD/CAD2万L、1.24122→1.24672、28→22
GBP/USD2万S、1.35641→1.37335、33→33
資産残高は5022108円→5030419円。含み損益は+170314円→-45191円。
清算価値は5192422円→4985228円。証拠金維持率611%→595%。実効レバ4.0倍→4.1倍。
スワップは1273円/日→1304円/日。365倍で475960円/年。

売買はなし。
値動きとしては大幅円高。USD/CAD以外の全ペアが悪化。
ZAR/JPYの9円乗せとTRY/JPYの30円乗せは鬼門なのかもしれない。
全般にも大幅悪化で含み損転落。
スワップは増加傾向。ただし月曜が米国祝日で不明のため、水曜日頃の数字。




etc.
保有する日本株(+JREIT)の出来事。
夢真グループの稼動技術者数が昨年12月で6000名を突破。
AITの3Q。小幅増益。進捗率は74.3%。昼発表でやや売られる。

この1週間中に奥村組、夢真、ハイマックス、グリクロ、三協フ、SRI、SSRI、MIRAI、TLIFが年初来高値更新。
(うち、グリクロ、SSRI、MIRAIが上場来高値更新・・・だと思う)。
夢真はあと11円で上場来高値(2014年1月10日の1173円)だったのだが。


EVは部品点数が大幅に減るという話だが、そうなると中央自動車とSPKのメイン事業である
補修部品販売の縮小は避けられないのかと思う。
新車販売はEVが大勢を占めるようになったとしても、市中を走ってる車が一気にEVになる訳じゃないから、
徐々に縮小していくことになるだろうけど。
中央自の方はコーティング屋として生き残るんだろうか?
EVになっても絶対に外板はあるからなぁ。
でもEVは軽量化が求められるので、外板の材質が劇的に変わるかもしれないし、
そうなればコーティングが不要になる可能性もある。
いや違うな。内燃機関車だって軽量化は求められてる。
軽量化と強度とコストの三竦みで現状があるのだから、EV云々は関係ない。
SPKはどうなるんだろう・・・


どうでも良い話だが、2809キユーピーのことをキューピーと書く人は信用しない。
7751キヤノンをキャノンも同様。9369キユーソー流通システムをキューソー流通システムとかも。
信用しないは言い過ぎだが、眉に唾つけて聞く感じ。
こういうのは略してる訳でもないし、愛称でもない。ただ単に適当な人間だというだけ。
なので、その適当度に応じて話を聞く。
他にも、ブログ等で誤字脱字誤変換に無頓着な奴も信じない。
誰でも間違いはあるだろうが、間違いがない様に努力しないのは屑。
正しさを求める意欲と努力に欠ける奴がどんな偉そうなことを言ったって、
それは思い付きと勘でしかないので、参考にするほどの価値はない。
本当にどうでも良い話だな(笑)

そんな偏屈な私でも、8068菱洋エレクトロが「りょうよう」ではなく
「りょーよーえれくとろ」と読むのは理解しがたい。
(四季報に振り仮名が振ってあるので、登記社名だよね?)


「投資で失敗する人が必ずはまる「王道パターン」」
http://www.toushin-1.jp/articles/-/4950
記事の終盤を見ると解るが、「投資信託でうまくいく人、いかない人」という本の宣伝。
「だから積極的な売買を避けて、投資信託を持ち続けましょう。
売買は投資信託にまかせましょう。」という結論になるわけだ。
親切ごかしで儲けられるんだから、世の中って上手く出来てるなぁと感心する。


日経JQ平均が金曜に終値4142.65、高値4143.53の年初来高値を付けた。
史上最高値は1990年7月9日の4149.20で、もう目前だが、
果たしてこれは終値ベースなのかザラ場ベースなのか?
まぁ、どっちも突破してしまえば良いだけだが。

因みに東証二部指数はとっくに史上最高値更新中だが、
2016年8月1日にシャープが入って、更にその後東芝も入って、もう指数として当てにならない。
なので更新に意味はない。


スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 11:38 | Comment(0) | FXポジション | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.