2018年01月06日

2018年1月第1週のFX

セントラル短資FXダイレクト。
通貨ペア数量LorS、Bid、スワップ(→は先週末から今週末の変化)
USD/JPY3万L、112.674→113.094、45→43
NZD/JPY5万L、79.845→81.056、35→40
ZAR/JPY20万L、9.109→9.180、10→10
TRY/JPY4万L、29.644→30.255、88→87
AUD/CHF1万L、0.76029→0.76623、45→46
USD/CHF4万L、0.97444→0.97470、57→57
USD/CAD2万L、1.25711→1.24122、20→28
GBP/USD2万S、1.35017→1.35641、33→33
資産残高は5015691円→5022108円。含み損益は+93167円→+170314円。
清算価値は5108858円→5192422円。証拠金維持率606%→611%。実効レバ4.1倍→4.0倍。
スワップは1241円/日→1273円/日。365倍で464645円/年。

売買はなし。
値動きとしては円安が目立つ。円ショートが大幅改善。フランショートも改善。
久々にTRY/JPYが30円台に復帰した。
全般にも大幅改善。
スワップはマチマチな動き。NZD/JPYの大幅増加が効いて合計では増加。

2018年の予想で書いた「利上げ開始」「資源産出」国の通貨が強いという予想。
利上げ開始がEUR、CAD、AUD、NZD(+ZAR、TRY)。これを1Pとする(新興国は確度低く+0.5P)
資源産出がUSD、CAD、AUD、NZD(+ZAR、GBP)。これを1Pとする
(ZARは金の値動きに自信がない、GBPはスコットランド独立問題で産油国か微妙なので+0.5P)
これで現在のポジを判定すると
USD/JPYが+1P。
NZD/JPYが+2P。
ZAR/JPYが+1P。
TRY/JPYが+0.5P。
AUD/CHFが+2P。
USD/CHFが+1P。
USD/CADが-1P。
GBP/USDが+0.5P。
となって、USD/CADロングだけがマイナスになる。
だが、世界金融危機時の値動きを考慮すると、USD/CADを捨てる気にはなれない。
GBP/USDショートは低ポイントだが、同様の理由で温存したい。
TRY/JPYロングも高スワップで外しがたい。
という事で、各ポジの顔触れはそのままとする。
戦略の三本柱「円ショート」「ドルロング」(「フランショート」)を維持。
ただしAUD/CHFが少なすぎるので増強したい。




etc.
保有する日本株(+JREIT)の出来事。
ソーバルの3Q。増益。進捗率は75.8%。これで売られる。その前にちょっと買われてたので仕方がない。

この2週間中に奥村組、日成ビルド、夢真、ワールド、情報企画、ハイマックス、SPK、
グリクロ、助川、バルカー、スペース、三協フ、ミロク情報、SRI、SSRIが年初来高値更新。
(うち、ワールド、SPK、グリクロ、助川、スペース、ミロク情報、SSRIが上場来高値更新・・・だと思う)。
ティーライフが年初来安値更新。


まだ2日間だが、2018年の年初は
「儲けが出すぎたので年末は利益確定売りを控えていたが、
年が明けて遠慮なく利益確定できるぞ」売りが出てる感じがする。
そして大型株にはそれを吹き飛ばす程の海外勢の買い戻し。


色々なブログで今年の予想を見たが、殆どのブログが北朝鮮を最大のリスクとして挙げてた。
まだそんな言い訳をしてるのだ。
以前に書いたものだが再掲しよう。
>落ち着いてるのが普通。
>アメリカ・ソ連・中国と、敵の核兵器の攻撃可能範囲に入ってもう72年経ってるんだよ?
>(その間、範囲に入ってないのは1945年の終戦から1949年のソ連の核実験成功&Tu-4運用開始までの4年間だけ)
>ニューヨークもモスクワも北京も、ずっと核ミサイルの脅威に晒され続けてるし。
>ソウルなんて何十年も前から火の海だよ?
>少しは常識を身に付けるべき。

この程度の常識すらない連中が、「カリアゲガー」「黒電話ガー」「ロケットマンガー」とか叫んでるのだが、
その連中より金正恩の方がよほど合理的に行動してる。
もちろんリスクがないとは言わないが、恒常的にあるリスクでしかないよ。


「貯金1400万円の30歳会社員、投資で生活できますか?」
https://allabout.co.jp/gm/gc/449785/
生活できるかどうかの質問なのに、生活費も提示しない。
株で生活したいような素振りなのに、資金額も一昨年までの成績も提示しない。
質問に答えて欲しいなら、答えを導けるだけの条件を提示しないといけないだろうに、
その程度も出来ない人間が投資で生活できるわけがない。
そもそも、必要な条件が明示できるような人間は、自分で答えも導きだせる。
明示できないなら、誰に聞いたところで正解など得られない。
ブログのコメント欄によくある「○○はどうですか」と同等で、
この手のQ&Aは全て無意味な質問と答え。


今年から信用短期トレードは独立した記事にする。


スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 12:29 | Comment(0) | FXポジション | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.