2017年12月16日

2017年12月第3週のFX

セントラル短資FXダイレクト。
通貨ペア数量LorS、Bid、スワップ(→は先週末から今週末の変化)
USD/JPY3万L、113.511→112.621、35→40
NZD/JPY5万L、77.587→78.730、33→37
ZAR/JPY20万L、8.308→8.583、9→9
TRY/JPY4万L、29.563→29.148、83→87
AUD/CHF1万L、0.74516→0.75623、45→45
USD/CHF4万L、0.99258→0.98943、56→56
USD/CAD2万L、1.28623→1.28872、20→20
GBP/USD2万S、1.33996→1.33256、23→31
資産残高は4986853円→4995213円。含み損益は-19052円→+68233円。
清算価値は4967801円→5063446円。証拠金維持率596%→608%。実効レバ4.1倍→4.1倍。
スワップは1137円/日→1204円/日。365倍で439460円/年。

売買はなし。
値動きとしては概ね円高とドル安と欧州通貨安。
全般には大幅改善。久し振りに含み益になった。
スワップは増加傾向。
1日1200円台ってのも久し振りの様な気がする。
スイス円のショートが先月上旬からプラススワップになってる。
プラスでなくても、せめてマイナスでさえなければ
円暴騰リスクヘッジに使えて便利なので保有も考えたが、
現状フランショートのポジも持ってるので重複しすぎかな。




etc.
保有する日本株(+JREIT)の出来事。
グリクロは予想通りの無風。
アプライドが急騰したのは有名個人投資家のみきまる氏が主力銘柄として紹介したためらしい。凄い影響力。
東テクが12月18日付で東証二部から東証一部へ指定替え。大きく買われる。
夢真の11月売上高は前年同月比37.3%増、営業利益は同2.1倍。やや買われる。

この1週間中に夢真、情報企画、ハイマックス、北越工、G7、グリクロ、助川、コネクシオ、KDR、SRI、SSRI、MIRAIが年初来高値更新。
(うち、グリクロ、コネクシオ、SSRI、MIRAIが上場来高値更新・・・だと思う)。


持ち株の四季報チェック。
日特建は独自再増額。来期配当のレンジも上がった。四半期ごとの利益平準化は是非実現してほしい。
ソーバルは前号比減益なのに「前号並み」の表記。それでも会社計画よりはかなり上だが。
システナは前号比増額なのに「前号並み」の表記。そして株価は-3.23%って、完全に四季報の嫌がらせ。
夢真は今期も来期も会社比弱気。こっちが現実的だろう。外国人比率が12.4%から5.4%に。
プラネットは前号比減額。越境ECは全く言及せず。まさかこのまま無かった事に?(笑)
ワールドは今期来期共に前号比減益。性向ガチガチ系なので自動的に配当も減額予想。
FTGは会社の下方修正に合わせて前号比減額。来期も減額だが弱気過ぎで、たぶん上振れると思う。
ティーライフは来期を小幅増額。茶の一本柱から複数の柱が出来るなら一時的コストも已む無しだが。
情報企画は会社計画に合わせて前号比大幅増額。配当も65円って数字が出てきた。
ユニリタは下方修正に合わせて前号比大幅減額。結果も出せてないのにインセンティブ重視やめるって?
SHLは売上げが前号比増額、利益が減額。大株主にもう一つフィデリティの名が登場してる。
日本空調は前号比増額なのに「前号並み」の表記。来期も増額で、性向5割なので自動的に配当予想も増額。
IDは下方修正に合わせて前号比大幅減額。しかし来期まで利益減額なのは納得しかねる。不採算PJ消えるのに。
北越工は前号比大幅増額でほぼ前期並みまで改善。しかしここは期末時点の為替次第なので、予想しても無意味。
真空は上方修正に合わせて前号比大幅増額。来期配当は「40〜60」にして欲しかった。
ケルの外国人比率が0.4%から8.3%に急増。
南陽は上方修正に合わせて前号比増額なのに「前号並み」の表記。来期も増額。自動的に来期配当レンジも増額。
SPKは前号比独自増額。まだ記念配なしに粘着してる。この記者は偏執狂かね?
PLANTは売上げ増額、営業利益減額、最終特益。それで「前号比減額」の表記。計画通りに100人採用なら当分は期待薄か。
助川も売上げ増額、利益減額で「前号比減額」の表記。
バルカーは会社の修正に合わせて配当増額。
兼松エレも会社の修正に合わせて配当増額。
中央自も会社の修正に合わせて配当増額。
AITも会社の修正に合わせて配当増額。
コネクシオは自己株消却で伊藤忠の持分が6割超えた。GSも独銀もノルウェー政府も売ってるのに順調に株価上昇。
ミロク情報は前期比再増額。なのに配当予想は変えないのか。

システナとバルカーとミロク情報の大株主にノルウェー政府が登場した。
兼松エレとコネクシオには以前から居る。


今週の信用短期トレードの決済(順不同)。
利益確定銘柄は日経レバETF、サンヨーホームズ、フェローテック、帝国通信工業、
助川電気工業、テクノプロHD、コーセル、関東電化工業、カワタ、ヒューリック、
メイコー、レーザーテック、ルネサスイーストン、ダイセキ環境ソリューション、
ユナイテッド、ドリームインキュベータ。
損切り銘柄は藤倉ゴム工業、ニレコ、三益半導体工業、岡本工作機械製作所、
トラストテック、マルカキカイ。

地合が素晴らしいので当然利益は出てるが、期待してるほどではなく、
しかも、なんとなく納得できてない感じ。
性格が天邪鬼なのに、それが順張りと合ってないような。
下がってるのを買いたい。
上がってるのを売りたい。
流れに立ち向かいたい・・・・・
でも、数日〜10日程度のトレードは順張りが正解だと思う。
もっと短期かもっと長期なら逆張りもあるだろうけど。

カラ売りの方は規模縮小して試行錯誤中。
どうやったら良いのか、誰か教えてください(笑)


スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 15:19 | Comment(0) | FXポジション | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.