2017年12月02日

2017年12月第1週のFX

セントラル短資FXダイレクト。
通貨ペア数量LorS、Bid、スワップ(→は先週末から今週末の変化)
USD/JPY3万L、111.567→112.168、35→35
NZD/JPY5万L、76.729→77.238、36→30
ZAR/JPY20万L、7.881→8.160、10→9
TRY/JPY4万L、28.160→28.643、82→82
AUD/CHF1万L、0.74604→0.74274、45→45
USD/CHF4万L、0.97936→0.97619、56→57
USD/CAD2万L、1.27113→1.26915、14→20
GBP/USD2万S、1.33269→1.34753、16→16
資産残高は4971229円→4978971円。含み損益は-336957円→-267375円。
清算価値は4634272円→4711596円。証拠金維持率600%→571%。実効レバ4.1倍→4.3倍。
スワップは1107円/日→1108円/日。365倍で404420円/年。

売買はUSD/JPYを111.000で1万通貨ロング追加。
値動きとしては対円ペアが大幅改善。それ以外は悪化。
全般には改善。
スワップはついにZAR/JPYが2桁から陥落。ひょっとしたら史上初かも。
そしてそれより大きいのがNZD/JPYの大幅減少。
ただし、USD絡みがやや増加気味とポジ増加で、全般としては横ばい。




etc.
保有する日本株(+JREIT)の出来事。
IDがソフトバンク・テクノロジーと協業し、クラウド型ウェブアプリケーション
ファイアウォール「Imperva Incapsula(インパーバ インカプスラ)」と、
その運用監視を支援する「マネージド・セキュリティ・サービス for Imperva Incapsula」の取り扱いを開始。
昼発表で多少買われる。インパーバってのはアメリカのセキュリティ大手なんだな。

真空が四季報サプライズ銘柄に入ったらしく買われるが、その反動が酷い。

プラネットの1Q。ほぼ横ばい。当然。進捗率は対中間で57.9%、対通期で29.9%。やや売られる。
スペースが12月末で1.1分割。端数が出かねないので、やるのなら整数倍でやって欲しいのだが。
これで買われる。分割って言葉に無条件反応したようだ。

日本エスコンが保有する商業施設と商業底地をエスコンジャパンリート投資法人へ売却。
これに出資してる(前日に追加出資した)日成ビルドにも思惑が働いたと思われ、盛大に買われる。

IDがセゾン情報システムズから株式会社フェスの株式取得し子会社化。
システム運営管理事業を拡大。これで大きく買われる。

FTGがプレミアムウォーターHDのウォーターサーバーを販売する合弁会社を設立。
やや買われる。

GLPの親会社がNesta Investment Holdingsに買収された模様。なんだか解らないが。
市場は好感したらしく、リートにしては大きく買われる。

この1週間中に日成ビルド、エプコ、システナ、夢真、情報企画、ハイマックス、真空、助川、コネクシオ、東テク、KDR、SRI、SSRIが年初来高値更新。
(うち、エプコ、システナ、コネクシオ、東テクが上場来高値更新・・・だと思う)。
HRIが年初来安値更新。


グーグルファイナンスのポートフォリオがやっと無くなった。
っていうか、実質的にはグーグルファイナンス自体が消えた。
「これ、誰が使うの?」って状態。
ヤフーファイナンス(日本)でARCCエイリスキャピタルが登録できないのだが(たぶん不具合)、
これが出来ればもうここ管理で良いのだが。


「ヤフーの株主は億万長者!今後可能性のある銘柄は?」
https://allabout.co.jp/gm/gc/14228/
この手の話は良く聞く。
ソニーとかヤフーとか、上場した頃に買って持ち続けてれば今頃は億万長者・・・
そりゃその通りなのだが。
もっとスケールの小さな話もあって、先週売った銘柄を持ち続けてればもっと稼げたのに・・・
これもその通り。
だけどね。持ち続けられないから売ってるんだよ。
持ち続けた人もいただろうが、あなたには無理。
「持ち続けてれば」が、あなたには既に有り得ない話で。
「俺もイチローに生まれてくれば」とか「あたしも綾瀬はるかに生まれてくれば」と同類。
その有り得ない話を、あの時こうしてればとグチグチグチグチ・・・・・
そんな人間が成功できるわけがない。


今週の信用短期トレードの決済(順不同)。
利益確定銘柄は中部飼料、山一電機、伯東、グリー(空売)、ソラスト、ライク、クオール、
東京機械製作所(空売)、フルキャスト、ディップ、丸文、コーセル、岡谷電機産業、
萩原電気、アバールデータ、信越ポリマー。
損切り銘柄は東京個別指導学院(空売)、イマジニア(空売)、モノタロ(空売)、
ワイヤレスゲート(空売)、パーク24(空売)、新日本無線、TYK、山一電機、
東京エレクトロンデバイス、フェローテック、サンワテクノス、オプティム(空売)、
アスクル(空売)、象印マホービン(空売)、パーソル、イノテック、トリケミカル研究所。

ご覧の通り、カラ売りでヤラレ過ぎ。この辺は再考すべき。
実現損益はプラスなのだが、それは含み益を削って捻出しただけなので、
現状は利益確定できそうなポジは殆どない。
来週からどうすれば良いのか?
あきらかに小型ハイテク系に追い風は吹いてないと思うのだが、その分、買いたくなるような株価位置。


スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 15:27 | Comment(0) | FXポジション | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.