2017年11月18日

2017年11月第3週のFX

セントラル短資FXダイレクト。
通貨ペア数量LorS、Bid、スワップ(→は先週末から今週末の変化)
USD/JPY2万L、    →112.116、36→35
NZD/JPY5万L、78.629→76.385、37→37
ZAR/JPY20万L、7.890→8.020、10→10
TRY/JPY4万L、29.350→28.896、85→83
AUD/CHF1万L、    →0.74791、45→45
USD/CHF4万L、0.99562→0.98885、57→56
USD/CAD2万L、1.26794→1.27773、14→17
GBP/USD2万S、1.31917→1.32137、11→9
資産残高は5060364円→4963431円。含み損益は-168494円→-204109円。
清算価値は4891870円→4759322円。証拠金維持率582%→614%。実効レバ4.2倍→4.0倍。
スワップは1084円/日→1108円/日。365倍で404420円/年。

売買はGBP/AUD3万通貨を損切り。
新規にAUD/CHFを1万通貨ロング。これから3〜4万通貨まで増やすつもり。
新規にUSD/JPYを2万通貨ロング。これももうちょっと増やしたい。。
値動きとしてはZAR/JPYとUSD/CAD以外が悪化。特にNZD/JPYが酷い。
全般には2週続けて大幅悪化。
スワップは小動き。
先週書いた通り、節税損切りと戦略再構築を実行。
戦略の三本柱を「円ショート」「ドルロング」「フランショート」とした。
中でも前二者を強めに。
USD/JPYは、米国株を保有してるのであまり持ちたくなかったのだが、
もう立派な高金利通貨なので、背に腹は変えられず。
って言うか、他の通貨はいざ知らず、ドルは持ち過ぎても構わないかな、と。




etc.
保有する日本株(+JREIT)の出来事。
先週末のエプコ分割発表に対して、5%ほどの上げ。もっと上げるかと思ったが。
同じく先週末のケネレジ合併も好感された。
あと、みらいが上方修正してたのも好感された。

ダイキアクシスの3Q。営業増益、最終小幅減益。進捗率は52.1%。
特別利益が5百万円。特別損失が63百万円。
特益と特損を差し引きして-58百万円。これがなければ純利益501百万円。
3分の4倍して668百万円。通期の会社計画値が850百万円。四季報予想値が900百万円。
前期が648百万円なのでこれは超えるが、計画値には届きそうにない。
持合い株を売れば2億ぐらいどうにでもなるが、さすがにTOTO株は売れないだろうな。
マーケットも気に入らなかったらしく、やや売られる。

構造の1Q。大幅減収、赤字幅拡大。いつもの赤字とはいえ、減収はいただけない。
配当は前期と同じに10円、2Q以降は未定なのも同じ。
これで叩き売り。

アプライドの中間。小幅減益。進捗率は42.7%。これも叩き売り。

ミロク情報が新生銀行と資本業務提携を締結。
同社製品の金融サービス開発や地域金融機関への展開などで連携する。
資本面では新生銀が同社筆頭株主から30万株(9%弱)を取得した。
これで多少上げたが、正直S高もあるかと思ったのでガッカリ。

夢真の月次。10月売上高は前年同月比34%増の22.6億円、営業利益は同68%増の3.9億円。
これは素直に好感される。

そして金曜引け後のIR。
南陽が東証二部に上場承認。12/11に上場予定。福証との重複上場。
合わせて二部上場記念配当3円。中間15+期末40+記念3=58円。
そして売り出し50万8500株とOA7万6000株。計58万4500株。全株の8.84%。
さて、マーケットはどう反応するか?

この1週間中に夢真、北越工、真空、HRE、SPIが年初来高値更新。
HRI、GLPが年初来安値更新。


「毎月100円からOK!最新・投資信託の積み立てとは」
https://allabout.co.jp/gm/gc/471175/
他にも10万円から買える優待株みたいなのとか、
この手の記事はよく見かけるのだが、
少額から買えるから、だからなんなの?と思う。
月100円x12ヶ月x30年=36000円。
月1000円x12ヶ月x30年=36万円。
月1万円x12ヶ月x30年=360万円。
360万円は大きな金額だけど、人生を変える程の額じゃないよ。

そもそも、これから少額から始めようって人は、
今まで碌に貯金できなかった人だよね。
負の実績がある人だよ。
そんな人が、FPが薦める理想計画を完遂できるかね?

これがもし年収300万円の人が
年100万円貯金x3年=300万円貯めたなら、
その300万円は人生を変える力があると思うけど。
金額が、というよりその「3年間」が。


最近は信用の短期トレードに精を出してる状況なので、
他のトレーダー達のブログ等も良く見るようになったのだが、
負けてる人ってのは、傍から見てても「そりゃ負けるだろうな」って人ばかりだね。
・勘と感情で売買する。
・チャートにしろファンダにしろ、都合の良い要素だけに注目して、それを「分析」と呼ぶ。
・都合が悪くなると時間軸を転換する。
・手っ取り早く興奮したい(なので損小利大の「利大」ができない)。
・意地でも損切りしない(なので損小利大の「損小」ができない)。
・塩漬けは、見なければ存在しない、或いは長期というレッテルを貼れば魔法のように消滅する。
・結果が出せてもいない「下手な丁半博打」を、そのまま延々と繰り返す。
・繰り返せなくなったら、どうせ退場すれば良いやと思ってる。
・銘柄を変えても、株がFX・仮想通貨になっても、やることは同じで、当然結果も同じ。

損切りが辛いって言うんだよね、その人達。
辛過ぎて、できないって。
でもその結果、大きな損切りをする。
小さな損は耐えられないが、大きな損はしかたがないんですって。
不思議な人達だよね。
壮大な、マイナス方向のマシュマロ実験。
才能云々じゃなくて、脳の病気じゃないのかね?

私は、むしろPFに含み損があるのに耐えられないけどね。
証券口座に青い字があるだけでイラッとするよ。
これはこれで病気だな(笑)


スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 16:26 | Comment(0) | FXポジション | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.