2017年11月01日

2017年10月末の資産状況

日本株式(+円)  元本5569万3274円、時価1億1950万4974円。年間予想配当金321万3368円。
米国株(+米ドル) 元本2291万4607円、時価2855万4542円。年間予想配当金120万2055円。
アセアン株    元本344万4258円、時価354万6050円。年間予想配当金18万4186円。
FX          元本504万6474円、時価489万5716円。年間予想スワップ42万5955円。
貴金属       元本241万8616円、時価381万5284円。年間予想配当金0円。

合計       元本8951万7229円、時価1億6031万6566円。年間予想収入502万5564円。

あくまでも毎月最終営業日の夕方の数字であって、
外国株や為替などは正確な月末の数字ではない。
(ただし最終営業日の翌日が土日祝日の場合は例外もあり)
日本株にはJ-REIT、インフラファンドも含まれる。
米国株とは米国上場銘柄という意味であり、
英国やカナダ等に本社のある銘柄も含まれる。
FXの時価とは元本+含み損益であり、ポジション総額ではない。
いわゆる生活防衛資金は含まれていない。
予想配当や分配金やスワップは、税引き前の数字であり、
税引き後が知りたければ勝手に2割ほど引けば良い。

ジャスダック指数が+2.68%、東証REIT指数が-1.48%。

日本株の値動きはシステナの爆発が目立つ。
あとは日成ビルド、情報企画、日本空調、ソラスト、兼松エレ、AIT、コネクシオが強い。
特に情報企画とAITは百年の眠りから醒めた様な雰囲気(笑)
対してIDがコケた。
日本株はずっと強い。昨年7月からほぼプラスが続いてる。
システナ、ワールド、日本空調、ソラスト、南陽、SPK、AIT、コネクシオ、スペース、ミロク情報が10月中に上場来高値更新。

米株は
TAL TALエデュケーション・グループ(ADR)を新規買い。
中国の教育関連会社で、ヤフーファイナンスジャパンで"TAL"と入力して出てくる
TALインターナショナル・グループとは別物。
こちらはアメリカのコンテナ会社でティッカーはTRTNだ。
他にはGOOGアルファベットを買い増しした。
既保有銘柄の値動きはBP、BTI、DEO、IBM、SO、AMZN、GOOGが強め。
ARCC、GSK、PG、PM、T、WDR、WBが弱め。
どれも決算で乱高下してる感じ。
GSKとPGはアマゾン警戒で下げてるような気がしないでもない。
全体ではドル建てで減少、円建ては円安のおかげで増加。
もう1年半ぐらいドル建てでほぼ横ばいが続いてる。
頼みの綱は円安だけ。
そういえば、生まれて初めて憶えた為替レートは1ドル360円だったんだよな。
憶えた途端に308円になってガッカリしたものだ。
また1ドル360円にならないかなぁ(笑)

あとはアセアン株が増えてFXが減って貴金属が増えたが、誤差だな。


スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 16:11 | Comment(0) | 資産状況 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.