スポンサード リンク



2017年08月05日

2017年8月第1週のFX

セントラル短資FXダイレクト。
通貨ペア数量LorS、Bid、スワップ(→は先週末から今週末の変化)
NZD/JPY5万L、83.191→82.099、40→38
ZAR/JPY20万L、8.505→8.243、13→13
TRY/JPY4万L、31.344→31.359、97→92
USD/CHF4万L、0.96894→0.97276、51→51
EUR/USD3万S、1.17545→1.17756、45→45
EUR/AUD4万S、1.47142→1.48502、62→61
USD/CAD3万L、1.24277→1.26483、22→21
資産残高は5101299円→5111909円。含み損益は+29094円→-54892円。
清算価値は5130393円→5057017円。証拠金維持率535%→529%。実効レバ4.6倍→4.7倍。
スワップは1501円/日→1464円/日。365倍で534360円/年。

売買はなし。
値動きとしてはオセアニア通貨の反落が大きい。そして相変わらずのユーロ高。
全般としては含み損益悪化。再び含み損に戻った。
3つの戦略「ドル高」「円安」「ユーロ安」のうち、前2者は、まぁ順当な動きなのだが、
こんなにユーロ高になるとは想定外。
こうなると、建てる時に迷ったEUR/AUDとGBP/AUDのショートは、GBP/AUDを選ぶべきだったか。
今からでも遅くないだろうか?
スワップは減少気味。
(因みにEUR/AUDとGBP/AUDのスワップは前者が61、後者が59で、ほぼ同じ)




etc.
保有する日本株(+JREIT)の出来事。
先週金曜の場中の1Q発表で-9%も売られたIDが月曜も-6%、
-8%も叩き売られた北越工が月曜も-11%って。
場中に反応できないサラリーマンが決算博打をするって感覚が理解できない。
そして引け後に順当な1Qを出したコネクシオが-9%、兼松エレが-4%、SHLが-3%って。
ありえない事ばかり起きる。
ハイマックスの-8%も、売られることは予想通りだが下げ幅大きすぎだろう。

そして月曜に順当な1Qを出したミロク情報が何故か水木と売られる。
日本空調と東テクは、1Qの比重が軽いので何とも言えず。
水曜の夢真の3Qは大幅増収、利益横ばい。利益が出ないのはエンジニア投資で計画通りだが、
木曜は何故か-3%。そして何故か金曜は+4%。ミスターマーケットはキチガイかね?
ユニリタの1Q。新体制構築に手間取り大幅減益。進捗率は対中間35%。
期末でガッカリした点がそのまま。このままずっと新体制移行状態が続くんじゃないか。

金曜引け後にソラストの1Q。増益。進捗率は対中間53%。
同じく中央自の1Q。大幅増益。進捗率は対中間64%。
どちらも普通なら買われるだろうけど、地合がキチガイに支配されてる今の状況では・・・

エプコが東京電力エナジーパートナー株式会社との業務提携・合弁会社設立。
社名は「TEPCO ホームテック株式会社」で東電エナジーが51%、エプコが49%出資。
こりゃ明日はS高だな・・・と思ったら+3.8%。拍子抜け。
まぁ3月の「検討中」発表前からだと4割近く上がってるから仕方がないか。

この1週間中にエプコ、システナ、ソラスト、南陽、PLANT、バルカー、HREが年初来高値更新。
(うち、システナ、ソラスト、南陽が上場来高値更新・・・と思う)
年初来安値更新はなし。


上にもちょっと書いたが、ザラ場を見られないサラリーマンが決算博打に興ずるのが理解できない。
よく「反応できないので場中の決算発表を止めるべき」とか言ってるのを見かけるが、
まずは動かしがたい自分の立場があって、そこを起点に作戦を練るのが当たり前じゃないか。
つまり、場中に反応できないのなら、イベント反応の短期投資なんて作戦が出てくる訳がないのだ。
場中発表に文句を言ってる連中は馬鹿じゃないのかね?


台湾加権指数が8/2に終値での史上最高値更新。(ザラ場高値は6/27)
やっぱり半導体はキテる。
と同時に、春山昇華さんが書かれてる通り
http://haruyama-shoka.blogspot.jp/2017/07/high-volatility.html
中国経済もこれから5年ぐらいは堅調なのかもしれない。
この辺に上手く乗っかりたいが・・・・・・


BGS B&Gフーズが急落してるのだが、なんだろう?
実は買った直後にアマゾンのホールフーズ買収が発表されて、
これは失敗したかなとも思ってたのだが。
アマゾンが価格破壊しそうだよなぁ。
これがなければ買い増ししたいが、むしろ手放すべきか。

持ち株でアマゾンに侵食されそうなのは、食品のBGSとKHC。
CSCOとIBMもAWSに食い荒らされるだろう。
もしドラッグストアに進出されたら、PG、GSK、ABBVにも影響ありそうだし。
さすがにタバコと原油と電力と通信と兵器と重電と金融は大丈夫だと思うが。
いや、日本でソフトバンクがやった様に、通信3強になるかも・・・
小売店舗にガソリンスタンド併設されれば油価にも・・・
個人のビッグデータを保有してるのだからリテール金融も・・・
あれ?アメリカはタバコの価格は自由なんだっけ?だとすれば自由自在に・・・

と、どんどん被害妄想が膨らむのだが、最近は米株で良くない事ばかり続いて意気が上がらないもので。
元々、FANG高騰を指咥えて見てるだけのところに、IBMの負け組は確定的だし、
タバコは規制強化されそうだし、ドル安だし。


スポンサード リンク



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

posted by 冬葉ツトム at 11:19 | Comment(0) | FXポジション | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


- Yahoo! -- Yahoo!カテゴリ - Copyright(C) 2009-2017 配当金生活 all rights reserved. - Google -- dmoz -