スポンサード リンク



2017年07月02日

2017年6月末の資産状況

日本株式(+円)  元本5289万2689円、時価1億0490万5189円。年間予想配当金294万8346円。
米国株(+米ドル) 元本2286万9660円、時価2806万9763円。年間予想配当金122万7369円。
アセアン株    元本344万4258円、時価366万2096円。年間予想配当金18万0025円。
FX          元本506万0385円、時価521万2807円。年間予想スワップ52万1220円。
貴金属       元本232万9301円、時価360万7981円。年間予想配当金0円。

合計       元本8659万6293円、時価1億4545万7836円。年間予想収入487万6960円。

あくまでも毎月最終営業日の夕方の数字であって、
外国株や為替などは正確な月末の数字ではない。
(ただし最終営業日の翌日が土日祝日の場合は例外もあり)
日本株にはJ-REITも含まれる。
米国株とは米国上場銘柄という意味であり、
英国やカナダ等に本社のある銘柄も含まれる。
ファンドの分配金は受け取らずに再投資する場合もある。
FXの時価とは元本+含み損益であり、ポジション総額ではない。
いわゆる生活防衛資金は含まれていない。
予想配当や分配金やスワップは、税引き前の数字であり、
税引き後が知りたければ勝手に2割ほど引けば良い。

ジャスダック指数が+3.35%、東証REIT指数が-3.10%。

日本株の値動きとしてはソーバル、FTG、情報企画、日本SHL、北越工、中央自、沖セルが堅調。
逆に日成ビルド、ティーライフ、G7が弱い。
全般としては先月が軒並み上昇したのでその時間調整に見える。
そして幕間繋ぎに地味株PFのなかでも特に地味なFTGやSHLが強かったと。
因みにソーバルとSHLと中央自は金曜に上場来高値更新。
情報企画やIDも6月中に上場来高値更新してる。
(分割考慮してなかったりJQ上場時代が無視されてたりで、上場来高値を調べるのは大変だ)
個別の材料は、ティーライフの3Qが大幅増益も進捗率が67.8%で売られた。
4Qが稼ぎ時なのだが、目先筋の条件反射には敵わない。
ソーバルが保有する全ての自社株12万2251株の自社株を6月末に消却。
あとは6月になって気がついたのだが、5/30に三協フが9月末で2併合、100株単位にと発表してた。
これで保有株は全て100株単位になる。

米国株の売買は昨日の記事どおり。
値動きはABBV、WDRが強い。逆にBGS、KHC、SOが弱い。
ABBVはバイオ人気。SOはずっと弱いが、東芝の余波だろう。
新規に買ったABBVとWDRとBGSは明暗別れた。
(米株に限らないが、以前は「買って下がったら嫌だな」と思って新規の買いの手が引っ込む事もあったが、
最近は「下がれば節税損出しして買い戻せば簿価も下がって丁度良いや」と気軽に買える)
(逆に買い増しに抵抗感がある。簿価が上がっちゃうので)
(長期投資の肝は「簿価」なんじゃないかと、最近はそんな気もしてる)

ファンドはついに保有無しとなった。
10年振りぐらいかもしれない。
投資を始めた頃と違って、なんでも個別で買えるようになったので、
もう役目は終わった感がある。
しかし役目が完全ゼロだとも思ってないので、再び買う時は買うつもり。
尚、ファンドに使ってた資金は日本株口座に入れたので、日本株の数字は120万円ほど嵩増しされてる。

セントラル短資FXダイレクト。
通貨ペア数量LorS、Bid、スワップ(→は先週末から今週末の変化)
NZD/JPY5万L、81.043→82.367、30→30
ZAR/JPY20万L、8.599→8.593、12→12
TRY/JPY4万L、31.691→31.912、84→90
USD/CHF4万L、0.96943→0.95849、51→52
EUR/USD3万S、1.11967→1.14200、40→50
EUR/AUD4万S、1.47914→1.48523、56→62
USD/CAD2万L、1.32653→1.29668、20→36
資産残高は5049102円→5060385円。含み損益は+228652円→+152422円。
清算価値は5277754円→5212807円。証拠金維持率560%→570%。実効レバ4.4倍→4.3倍。
スワップは1354円/日→1428円/日。365倍で521220円/年。
売買はUSD/JPY2万通貨ロングを全てトントンで決済。USD/CADを1.3000で1万通貨ロング。
値動きとしてはユーロ高が凄い。全般としては含み損益悪化。
スワップは急増してる通貨ペアが目立つ。
アメリカが祝日なので一時的に荒れてるだけかもしれないが、増加傾向が続いてる。

貴金属は純銀ETFを買い増しした。


米国に続いて欧州や英国やカナダや豪州など、
もう世界中で利上げが取り沙汰されるようになってきた。
年後半は、この辺がポイントになりそうだ。


スポンサード リンク



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

posted by 冬葉ツトム at 12:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 資産状況 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


-- Yahoo! -- Copyright(C) 2009-2017 配当金生活 all rights reserved. -- Google --