2017年06月17日

2017年6月第3週のFX

セントラル短資FXダイレクト。
通貨ペア数量LorS、Bid、スワップ(→は先週末から今週末の変化)
USD/JPY2万L、110.265→110.863、25→28
NZD/JPY5万L、79.499→80.408、30→30
ZAR/JPY20万L、8.542→8.637、10→10
TRY/JPY4万L、31.142→31.580、81→85
USD/CHF4万L、0.96895→0.97360、51→51
EUR/USD3万S、1.11964→1.11961、34→34
EUR/AUD4万S、1.48688→1.46886、60→63
USD/CAD1万L、・・・・・・・→1.32107、・・→20
資産残高は5019885円→5039020円。含み損益は+80933円→+240942円。
清算価値は5100818円→5279962円。証拠金維持率560%→562%。実効レバ4.4倍→4.4倍。
スワップは1282円/日→1324円/日。365倍で483260円/年。

売買はUSD/CADを10000通貨ロング。
USD/JPY5000通貨@109.000を110.000で、110.000を111.000で決済。
値動きとしては全ペアが改善。もちろん全般としても含み損益改善。
円安が効いた。米利上げでリスクオフなのか?
「利上げ」ではなく「予想通りの利上げ」ってことか。
新規にUSD/CADをロングした。
アメリカよりカナダが利上げで先行するはずがないし、
よほどの原油高にならない限りはロング有利だと思うのだが。
これに合わせてUSD/JPYのトラリピもどきは止めた。レバが上がり過ぎるので。
ただし現ポジはしばらく様子を見るつもり。
スワップは増加気味。



etc.
保有する日本株(+JREIT)の出来事。
ソーバルが発行済み株式数の2.91%にあたる12万2251株の自社株を今月末に消却。
これは保有する全ての自社株で、さすがソーバル。
あとは今週気がついたのだが、5/30に三協フが9月末で2併合、100株単位にと発表してた。
これで保有株は全て100株単位になる。
しかし三協フのこの2併合は要らないな。
会社側の言い訳は「望ましいとする投資単位(5万円以上50万円未満)を維持することを目的」だが、
そのまま100株単位にすれば13万円なのだから。
こういう、言い訳にもならない言い訳を平気で並べるのが田舎企業の駄目なところだ。

四季報が出た。【最高益】だらけ。
見出しで笑ったのは6104。もうネガティブな名前なんだな。
驚いたのは5994。桧家みたいに上場廃止ならよくあるが逆は珍しい。
株主優待のページが59頁もある。2004年夏号は33頁しかなかったのに。

保有株の記事を眺めてみたが、前号比で18/3期を減額してるのが
(イメージ的には、前号で100だった18/3を今号で95にし、代わりに19/3を105にするような)
日成ビルド、FTG、アプライド、ユニリタ、ハイマックス、日本空調、北越工、G7。
で、逆に今号で増額なのがシステナ、ID、ソラスト、南陽、SPK、兼松エレ、三協フ、ミロク情報、東テク。
他には売上げを減額で純利益を増額のパターンがソーバルとコンドーとAITとコネクシオと沖セル、逆が中央自と東海リ。
マチマチだな。単に予想が当たってないだけか(笑)

ってか、四季報も各企業の業績修正回数なんかカウントするなら、
自誌の予想の当たり外れも集計すりゃいいのに。

配当面では概ね増額傾向だが、
夢真、アプライド、ID、北越工、G7、中央自、AIT、沖セル辺りがトーンダウンしてる感じ。
ほとんどは会社計画が弱いのに合わせてるだけだが、
IDの横ばいはちょっと気になる。

3985テモナが利益率20%台までぼったくれるなら、
自社でやってるティーライフは現状の3倍近い利益でも不思議はないのに。
良心的なんだなぁ・・・・・


スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 13:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | FXポジション | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.