スポンサード リンク



2017年04月29日

2017年4月末の資産状況

日本株式(+円)  元本5050万9707円、時価9565万9707円。年間予想配当金276万2752円。
米国株(+米ドル) 元本2249万6924円、時価2764万8798円。年間予想配当金105万1033円。
アセアン株    元本344万4258円、時価357万3064円。年間予想配当金17万4878円。
外貨建てファンド 元本130万0095円、時価126万1973円。年間予想分配金11万8763円。
FX          元本516万0649円、時価521万1550円。年間予想スワップ47万3770円。
貴金属       元本226万9775円、時価357万8247円。年間予想配当金0円。

合計       元本8518万1408円、時価1億3693万3339円。年間予想収入458万1196円。

あくまでも毎月最終営業日の夕方の数字であって、
外国株や為替などは正確な月末の数字ではない。
(ただし最終営業日の翌日が土日祝日の場合は例外もあり)
日本株にはJ-REITも含まれる。
米国株とは米国上場銘柄という意味であり、
英国やカナダ等に本社のある銘柄も含まれる。
ファンドの分配金は受け取らずに再投資する場合もある。
FXの時価とは元本+含み損益であり、ポジション総額ではない。
いわゆる生活防衛資金は含まれていない。
予想配当や分配金やスワップは、税引き前の数字であり、
税引き後が知りたければ勝手に2割ほど引けば良い。

ジャスダック指数が-1.33%、東証REIT指数が-2.39%。

日本株の値動きとしてはソーバル、システナ、兼松エレ、ミロク情報が強い。
夢真、ワールド、アプライド、構造計画、北越、G7、グリクロ、ウェッズ、中央自が弱かった。
その他の殆どは月中に下げて月末に戻ったV字型の値動き。
その月後半は2週間全勝で10連騰だった。
個別の材料は構造計画の粉体・混相流シミュレーションソフト販売と、
ユニリタが9600アイネットと資本業務提携、ダイキアクシスの分割、
夢真の子会社の夢エデュケーションが株式会社インフォコーパスと業務提携ぐらい。
AIT、アメイズ、ソーバル、夢真、SPK、沖セル、ID、兼松エレの決算と、
ソラストの月次があったが、どれもマァマァかな。
さらに金曜引け後にコネクシオとPLANTと東海リとSHLの決算、東海リの株式併合も発表された。
うちソーバルと沖セルと兼松エレとコネクシオは増配。
兼松エレは権利日の1ヵ月後に増配発表という事で、こういう株主無視なやり方は不愉快である。
SHLはロイヤリティ料率変更の影響を鑑みても通期に変更なしだそうだ。
ここは変に強気弱気な見通しを出す会社じゃないので、信用しても良さそう。

米国株の売買はBPとTROWとUFSを損出しして買い戻した。
日本株口座から米国株口座に少し資金を移したのだが、下旬の為替の戻りが速すぎて何も買えず。

ファンドも買い直して、ついでに買い増しした。
FXは意外なユーロ高で、ほぼ含み益がなくなった。


スポンサード リンク



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

posted by 冬葉ツトム at 15:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 資産状況 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


- Yahoo! -- Yahoo!カテゴリ - Copyright(C) 2009-2017 配当金生活 all rights reserved. - Google -- dmoz -