スポンサード リンク



2017年04月22日

2017年4月第3週のFX

セントラル短資FXダイレクト。2017年の決済損益+20000円。
通貨ペア数量LorS、Bid、スワップ(→は先週末から今週末の変化)
USD/JPY3万L、108.627→109.168、30→25
NZD/JPY5万L、76.070→76.747、36→30
ZAR/JPY20万L、8.085→8.317、13→10
TRY/JPY4万L、29.442→29.942、86→78
USD/CHF4万L、1.00454→0.99641、54→54
EUR/USD3万S、1.06108→1.07191、36→33
EUR/AUD4万S、1.40035→1.42128、55→59
資産残高は5130495円→5139252円。含み損益は+150384円→+131515円。
清算価値は5280879円→5270767円。証拠金維持率592%→584%。実効レバ4.2倍→4.2倍。
スワップは1388円/日→1288円/日。470120円/年(単純に365倍しただけ)。

売買はなし。
値動きとしては対円ペアが小幅改善。しかし他は全て悪化。全般としては損益小幅悪化。
仏大統領選挙前にしてはユーロが買われてる。
為替市場は無難な結果を予想してるのだろうか。
それよりスワップが大きく減少。これは困るが、一過性?



etc.
能天気な皆さんが地政学リスクに飽きた1週間。
(正確に言うと、ずっとある地政学リスクを感じない能天気さん達が、
急に気が付いて、そして急に飽きた)
保有する日本株(+JREIT)の値動きは+280.08万円/週。5日間全勝だった
ただし月曜が最も大きい上げ幅で、あとはジリ貧。
個別ではソラストの月次が好調で多少買われたぐらい。
コンビニの無人レジはスペースや日成ビルドにも恩恵があると思うんだが。
ユニリタが9600アイネットと資本業務提携を、金曜の場中に発表して株価は乱高下してた。
どっちが主導なんだろう。売上高と上場市場は圧倒的にアイネットが上だが、他はほぼ互角。
(あらためてユニリタの利益率の高さを思い知る)
金曜引け後にダイキアクシスの分割が発表された。
2分割で優待権利は100株のままなので、人気が出そうではあるが。

日程。
4/11〜25 北朝鮮の招待で日本メディア12社など多くの海外記者が平壌入り
4/23 フランス大統領選挙の第1回投票
4/25 朝鮮人民軍の創建85周年
4/25頃 空母カール・ヴィンソンが朝鮮半島近海に到着(空母ロナルド・レーガンは以前から横須賀に)
4/28 米国の暫定予算の期限切れ
4/29 英国の離脱に関する臨時欧州首脳会議
5/2〜3 FOMC
5/7 フランス大統領選挙の第2回投票
5/9 韓国大統領選挙
5/19 イラン大統領選挙
焦点は4/25〜5/8と思われる。
米国の暫定予算については以前の記事に書いた通り。
FOMCは現状維持だろうが、金利動向に影響あるかも。
最近のトランプの発言を見るとイエレン続投の目も出てきて、
そうなると利上げペースは落ちるかもしれない。
(理由は、これも以前の記事に書いた通り)

フランス大統領選挙の候補者。数字は直近の世論調査の支持率。
マクロン(中道・前経済相)24%
ルペン(極右)23%
フィヨン(中道右派・元首相・妻への不正給与疑惑)19%
メランション(極左)19%
アモン(左派・前国民教育相)8%
投票時間は日本時間24日月曜日午前3時まで。月曜の寄り前に大勢判明と思われる。
第1回目で誰も過半数に達しなければ、上位2名が第2回目に進む。
下馬評ではマクロンとルペンが第2回投票に進み、そこではマクロンが圧勝。
もし第1回を勝ち抜くのがマクロンとメランションでも同様。
フィヨンとルペン、或いはフィヨンとメランションでもほぼ同様だが、第2回に不安が残る。
もしマクロンとフィヨンなら最も穏当な結果。
もしルペンとメランションなら最悪で、ショック安が見込まれる。

まぁ、つい5〜6年前に極左の首相がいた国に住んでて、
この程度の事で騒ぐのは可笑しな話だ。


スポンサード リンク



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

posted by 冬葉ツトム at 20:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | FXポジション | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


- Yahoo! -- Yahoo!カテゴリ - Copyright(C) 2009-2017 配当金生活 all rights reserved. - Google -- dmoz -