スポンサード リンク



2017年03月25日

2017年3月第4週のFX

セントラル短資FXダイレクト。2017年の決済損益+15000円。
通貨ペア数量LorS、Bid、スワップ(→は先週末から今週末の変化)
USD/JPY2万L、112.673→111.311、25→21
NZD/JPY5万L、78.995→78.243、39→31
ZAR/JPY20万L、8.851→8.941、13→13
TRY/JPY4万L、31.105→30.802、84→84
USD/CHF4万L、0.99819→0.99073、56→50
EUR/USD3万S、1.07366→1.08019、31→36
EUR/AUD4万S、1.39384→1.41664、56→55
資産残高は5087159円→5095882円。含み損益は+580944円→+389584円。
清算価値は5668103円→5485466円。証拠金維持率672%→622%。実効レバ3.7倍→4.0倍。
スワップは1357円/日→1321円/日。482165円/年(単純に365倍しただけ)。

売買はUSD/JPYを112.0と111.0で各5000通貨ロング。
値動きとしてはZAR/JPY以外の全ペアが悪化。全般としては含み損益大幅悪化。
ユーロ高とドル安の二重苦。
先週、ドルとランドが逆相関なんて話を書いたが、本当にそうなった(笑)
スワップは減少気味。




etc.
日本株PFは火曜が3連休明けの買い戻しなのか堅調、
水曜は地合が悪化したがエプコが東電子会社と提携して一時S高というネタのおかげでそれ程でもなく、
木曜はダイキアクシスがフィスコの能天気なレポートで大幅高のおかげでしっかり、
金曜は何故か急に楽観的な雰囲気で大幅高。
アルトナーが強めに感じるが四季報の影響だろうか?
(その四季報の予想が前号比で増益増配なのに「前号並み」と書かれてて可哀想)
エプコとダイキアクシスとソラストとG7と中央自とコネクシオが、
今週1週間中に年初来高値を更新した。

ダイキアクシスのフィスコアナリストレポートだが、
http://app.fisco.jp/data/report/20170322/6680070020170322001.pdf
「海外の水インフラビジネスが爆発的成長へ」というタイトルで
・海外事業はASEAN域内とインドでの飛躍を図る
・国内はストック型ビジネスの上水事業を強化
・今期の配当は1株当たり40円と10円の増配を計画
と、誠に結構なことが書かれてる。
このうち3番目はともかくとして、1と2番目は能天気としか言い様がない。
1番目の海外事業だが、2018年に売上げ倍増の中計でこれが飛躍と言ってるわけだが、
この計画が実現したとしてもダイキアクシスの売上げ全体の3.4%にしかならないのだ。
これが2倍だから凄いと(笑)
2番目の上水事業だが、高収益のストックビジネスなので力を入れると言ってるわけだが、
今期予想でダイキアクシスの売上げ全体の2.15%しかないのだ。
どれほど強化しても焼け石に水(笑)
海外も上水も、フィスコが言ってるここ1〜2年では大した影響はない。

このフィスコレポート。
「アジア開発銀行は2016〜2030年までの15年間におけるアジアのインフラ需要を総額3000兆円と推定」とか
「ASEAN経済共同体が発足した。域内人口はEUを上回る6億2000万人、域内総生産は2兆5000億ドルに達する」とかの、
スケールの大きな長期間の話と、ここ1〜2年のダイキアクシスの話とを織り交ぜながら書くという
リポートテクニックを駆使してる。
それとこれとは話が別なのだが、こう書くと「15年間の成長が1〜2年に」「ASEANの成長がダイキアクシスに」と見えてくる。
この辺のテクは、成長株投資家の個別銘柄分析にも良く活用されてるテクニックで、
上手い具合に「一見割高に見えるが、買うのは妥当だ」という結論に持ち込める。

海外とか上水とかより、このレポートの10〜11頁に書いてあるDCMとの関係の方が、はるかに興味深いと思うんだが。


スポンサード リンク



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

posted by 冬葉ツトム at 20:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | FXポジション | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448377932
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


- Yahoo! -- Yahoo!カテゴリ - Copyright(C) 2009-2017 配当金生活 all rights reserved. - Google -- dmoz -