スポンサード リンク



2017年02月10日

情報企画

3712情報企画の今後10年間を配当中心に占ってみる。
特に記載のないところは2016年9月期末の数字等を使用している。

金融機関の業務支援ソフトを開発・販売・保守。

システム事業内の「システムインテグレーション部門」が売上高全体の59.6%。
「システムサポート部門」が36.1%。
不動産賃貸事業が4.40%。

1986年 株式会社情報企画を大阪市に設立
1998年 東京営業部開設
2000年 (有)システムデザイン(データ入力代行会社)を吸収合併
2003年 東証マザーズに上場
2012年 子会社(株)アイピーサポートを設立
2013年 不動産賃貸業務を開始
2015年 東証二部に市場変更

【利益】
情報企画の売上高と経常利益と売上高経常利益率を並べてみると(百万円)
1999年 917、145、15.81%
2000年 620、21、3.39%
2001年 947、132、13.94%
2002年 1166、207、17.75%
2003年 1296、311、23.99%
2004年 1555、415、26.69%
2005年 1489、320、21.49%
2006年 2079、705、33.91%
2007年 2348、859、36.58%
2008年 2397、869、36.25%
2009年 1650、133、8.06%
2010年 1849、310、16.77%
2011年 1618、189、11.68%
2012年 1549、241、15.56%
2013年 1639、345、21.05%
2014年 1829、479、16.19%
2015年 2340、627、26.79%
2016年 2514、788、31.34%
2017予 2300、600、26.09%
となる。
取引相手が金融機関なので金融危機には滅法弱いはずだが、それでも黒字なのは素晴らしい。
(ただし2009年は特損で純損失)
そして順風時には利益率30%超のボロ儲け。
昨年、2008年のピークを売上高は更新したが利益はまだ。

【財務】
有利子負債はなく無借金。現預金が13.94億円。自己資本比率が72.0%。
全く危なげない状態。ずっと黒字だと自動的にこうなる。
有価証券もなし。

【配当政策】
「将来の事業展開と経営体質の強化のために必要な内部留保を確保しつつ、
安定した配当を継続していくことを基本方針とし、配当性向40%を目標」と。
実際の配当額と配当性向を並べると
1999年 25.0円、5.7%
2000年 0円、無配
2001年 12.5円、11.4%
2002年 13.75円、10.3%
2003年 7.5記、16.0%
2004年 10円、17.5%
2005年 10円、23.4%
2006年 20記、20.7%
2007年 45円、38.7%
2008年 50円、41.4%
2009年 20円、赤字
2010年 20円、58.8%
2011年 20円、149.4%
2012年 20円、65.3%
2013年 20円、38.2%
2014年 25円、35.6%
2015年 38円、35.6%
2016年 50円、31.4%
2017予 50円、41.9%
となる。
2003年の上場以降は確かに配当性向40%を目指してる感じ。
配当株的に減配はいただけないが、前述の通り金融界の住人なので
2009年の世界金融危機は最大の危機だったはずだが、それでも有配は維持。
還元意欲は感じる。
ただし、目標の40%はもっと上げられるのも確か。

大株主は
1位 松岡仁史 19.55%←創立社長
2位 有限会社サポート 7.94%←松岡家の資産運用会社
3位 従業員持株会 5.76%
4位 松岡千晴 2.98%←社長夫人
5位 浦西正善 1.98%←専務取締役
6位 井口宗久 1.55%←常務取締役
7位 立石雄嗣 1.46%←?
8位 近畿大阪銀行 1.22%
9位 見附博明 1.10%←?
10位 加藤猛 1.08%←元監査役
となっており、松岡家で30%を占める。経営陣も含めれば3分の1超。
そりゃ還元意欲も湧く。


http://buzip.net/osaka/jyohokikaku/president/
この「大阪の社長.tv」の社長談によると、
企業の決算から財務分析して融資判断するためのソフトを
銀行に売り込むことから始まった会社らしい。
そして各種の業務支援システムを銀行・信用金庫・信用組合に販売し、サポートしてる。
主な売れ筋商品は、担保評価システムが売上げ5.82億円、格付システムが2.33億円、
自己査定システム・実績率/債権償却システムが1.91億円、
契約書作成支援・融資稟議支援システムは2.81億円。
業界別売上げだと銀行が9.18億円(36.5%)、信用金庫が9.54億円(37.9%)、信用組合が4.68億円(18.6%)。

システムの保守サポートで喰ってる会社が好きなのだが、
売上げ全体の2〜3割が保守というところが多い。
が、この情報企画はシステムサポート(+不動産賃貸)が4割もある。
しかも残りの6割の方も、かなりの部分がバージョンアップで占められてるらしい。
(既存ユーザーの新規案件が4.29億円、新規ユーザーが1.55億円なので、
6割のうち半分以上はバージョンアップと思われる)
つまり、情報企画の売上げの7割以上が安定収入なのだ。

安定感抜群ではあるが、成長力には欠けるのも確か。
国内金融機関は合併が進み、販売先の数は減少中。
一般企業への展開も捗々しくない様だし(その展開は後進に期待してるらしい)。
不動産賃貸業も、不動産評価はお手のものだが「不動産への投資環境が良くないため、
しばらく新規投資は控えるつもり(松岡社長談)」だそうで。
であればM&Aが期待されるが「以前、システム会社への投資等で失敗した経緯があり、
企業への投資やM&Aは考えていない(松岡社長談)」と。
(2127日本M&Aセンターの三宅卓社長が創業のキッカケらしいのだが・・・)


さて10年後の配当。
上述の通り爆発的な成長力はないが、各システムは結構売れてるのも確か。
上場以降の14年で売上げ利益共にほぼ2倍になってる。
ただし金融サイクル次第なので、何処を切り取るかで見え方が違ってくる。
ここ10年ならやや減収減益でもある。
なので、なにも金融危機的なことが起きなければ、
今期の予想EPSを120円として1.5倍で180円ぐらいじゃなかろうか。
そして金融危機が起きたケースだが、これは何時起きたかで話が違う。
ちょうど10年後なら赤字だろう。(*後述)
ということは、2009年の20円配当が下限。EPS180の配当性向4割で72円配当が上限。
金融危機のタイミング次第で20〜72円の何処か。
下限を引き上げることも配当性向を上げることも考えられなくもないが、
とにかく慎重な会社なので積極的にハードルを上げる様なことはしないんじゃないかなと思う。
勘繰り過ぎかもしれないが、賃貸物件は4件あって、賃貸マンションと立体駐車場と
賃貸オフィスと賃貸店舗が各1件。
この分散っぷりも慎重さの表れなんじゃなかろうか・・・・・


*注
因みに2009年はシステム開発事業が-43.5%の減収、サポート事業が+2.2%の増収!で、
複合金融商品の評価損で経常利益が-84.6%、投資有価証券の減損と繰り延べ税金資産の取り崩しで純損失。
今は投資有価証券はないが賃貸不動産があるので、各種の減損は避けられないと思われる。
なお当時保有してた投資有価証券は、メキシコペソ建て債券とか日経ノックイン債とかグロソブとか。
懲りたんだろうねぇ(笑)


スポンサード リンク



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

posted by 冬葉ツトム at 16:02 | Comment(3) | TrackBack(0) | 保有銘柄 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
大型案件次第で業績が揺らぐので不動産屋みたいな感じかな、と思ってたのですが
かなり堅めの経営をされているのですね。
スルーしていたのですが、調べ始めました。
Q&Aを見ていても性格が良く出ている気がします。
ちょっと気になったのが第4四半期に売上が集中とQ&Aに出ていましたが、
そこまで偏っているようにも思えず、私との考え方の違いなのか
もしくは改善の努力が多少反映されてきているということなのかな?と思いました。
Posted by スコーン at 2017年02月11日 13:26
スコーンさん、こんにちは。
FAQとかも律儀さが見えますね。

昨年は売上げが
1Q9.24億円、2Q5.15億円、3Q4.32億円、4Q6.44億円。
一昨年は
1Q6.28億円、2Q5.95億円、3Q5.44億円、4Q5.74億円。
なので、そんなに偏ってもいないんですよね。
強いて言えば1Q偏重ですし。次いで4Q。

多分ですが、2Qや3Q発表のときに進捗が悪く見えるので、
4Qが大きいですよと強調してるんじゃないかと思います。
(実際にそういう質問がIRに来て、律儀に対応した結果かも)
上の数字を見ても1Q→2Q→3Qと尻すぼみに見えますし。

Posted by 管理人 at 2017年02月11日 18:15
なるほど、確かにそういう気がしますね。
もっと極端な所が一杯あるので、意識できてませんでした。
実際の質問に対する回答という所を意識すると、より腑に落ちる回答もちらほらと・・。
株価下がってるぞ、なんとかしろ!っていう質問もあったんでしょうね(苦笑)
今は相場が順調過ぎるのでどこかで全体が落ちた際に狙っていこうと思います。
ありがとうございます。
Posted by スコーン at 2017年02月12日 14:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


- Yahoo! -- Yahoo!カテゴリ - Copyright(C) 2009-2017 配当金生活 all rights reserved. - Google -- dmoz -