2016年12月01日

2016年11月末の米国株式ポートフォリオ

毎年恒例の節税損出し。
BTIに買収されるRAIの処分。
ベーカー・ヒューズと統合?するGEの処分。
この3つを大統領選挙の前に行ったのだが、さらにトランプ大統領への対応もあって
かなりPFが変わった。
トランプシフトとして、圧倒的にディフェンシブに偏ってたのを中立近くに修正した。

AAPLの売却はトランプシフト(脱FANG)。
AGRとRCIとULの売却はトランプシフト(ディフェンシブの比重を下げた)。
BTIの購入はRAIの代替。
EMRの購入はGEの代替&トランプシフト(インフラ)。
TROWとWFCの購入はトランプシフト(金融)。


BTI ブリティッシュ・アメリカン・タバコを新規買い。
EMR エマソン・エレクトリックを新規買い。
TROW Tロウ・プライスグループを新規買い。
WTC ウェルズ・ファーゴを新規買い。

DEO ディアジオを買い増し。
(GSKとIBMとKOとPFFとSOとVODを売って同株数を買い直し)

AGR アバングリッドを売却。
AAPL アップルを売却。
GE ゼネラル・エレクトリックを売却。
RAI レイノルズ・アメリカンを売却。
RCI ロジャーズ・コミュニケーションズを売却。
UL ユニリーバを売却。

現状はこんなPF。
ARCC エイリス・キャピタル
BP  BP(ADR)
BTI ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(ADR)
CSCO シスコシステムズ
CVX シェブロン
DEO ディアジオ(ADR)
EMR エマソン・エレクトリック
GSK  グラクソ・スミスクライン(ADR)
IBM  IBM
JNJ  ジョンソン・エンド・ジョンソン
KHC クラフト・ハインツ
KO コカ・コーラ
LMT  ロッキード・マーチン
MO  アルトリア・グループ
PFF  iシェアーズS&P米国優先株式インデックスファンド
PG  プロクター・アンド・ギャンブル
PM  フィリップ・モリス
PPL  パシフィック・パワー・アンド・ライト
SO サザン
T  AT&T
TROW Tロウ・プライスグループ
VOD ボーダフォン(ADR)
WTC ウェルズ・ファーゴ


スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 15:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国株 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.