2016年10月01日

2016年9月末の資産状況

日本株式(+円)  元本4648万9542円、時価7806万2282円。年間予想配当金251万2048円。
米国株(+米ドル) 元本2034万8541円、時価2292万3142円。年間予想配当金92万9557円。
中国株(+香港ドル)元本124万1195円、時価160万5343円。年間予想配当金10万3858円。
アセアン株    元本253万6564円、時価230万3231円。年間予想配当金9万9335円。
外貨建てファンド 元本148万2119円、時価144万2239円。年間予想分配金24万5256円。
FX          元本532万9355円、時価450万3528円。年間予想スワップ43万5810円。
貴金属       元本237万1272円、時価352万7304円。年間予想配当金0円。

合計       元本7979万8588円、時価1億1436万7069円。年間予想収入432万5864円。

あくまでも毎月最終営業日の夕方の数字であって、
外国株や為替などは正確な月末の数字ではない。
(ただし最終営業日の翌日が土日祝日の場合は例外もあり)
日本株にはJ-REITも含まれる。
米国株とは米国上場銘柄という意味であり、
英国やカナダ等に本社のある銘柄も含まれる。
中国株とは現状では香港株であるが、本土株を加える可能性もある。
ファンドの分配金は受け取らずに再投資する場合もある。
FXの時価とは元本+含み損益であり、ポジション総額ではない。
いわゆる生活防衛資金は含まれていない。
予想配当や分配金やスワップは、税引き前の数字であり、
税引き後が知りたければ勝手に2割ほど引けば良い。

ジャスダック指数が+2.28%、東証REIT指数が+0.11%。

日本株の値動きは、システナ、アプライド、ティーライフ、ID、AIT、
コネクシオ、ミロク情報などが強かった。
なかでも特に強かったのはシステナとアプライドとミロク情報だが、
システナとミロクはテーマ性があって解らないでもないが、アプライドは謎。
逆に弱かったのは明光ネットぐらい。

外国株、FX、ファンドは一切売買しなかった。
米国株の値動きは大きな動きなく横ばい。
強いて言えばタバコ株が弱く、アップルとP&Gがしっかり。

全般としては外貨建て資産の円高による減少を日本株の増加がカバーした。
配当は、NJSやハークレイ等の配当利回り4%を手放して
3%のティーライフを買い増ししてるので、当然減少気味。

10月はもうそろそろ年末恒例の節税売りを考えながら、
日米株のリストラを続けたい。
と言っても米国株は不要な銘柄が無いんだが・・・・・・


スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 13:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 資産状況 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.