2016年09月01日

2016年8月末の資産状況

日本株式(+円)  元本4589万4079円、時価7587万8279円。年間予想配当金256万7416円。
米国株(+米ドル) 元本2030万7315円、時価2319万1973円。年間予想配当金94万1349円。
中国株(+香港ドル)元本121万5734円、時価154万1340円。年間予想配当金10万5782円。
アセアン株    元本253万6564円、時価233万7439円。年間予想配当金10万2854円。
外貨建てファンド 元本149万0850円、時価146万5216円。年間予想分配金24万5256円。
FX          元本529万1706円、時価453万7270円。年間予想スワップ42万4860円。
貴金属       元本235万3528円、時価354万2790円。年間予想配当金0円。

合計       元本7908万9776円、時価1億1249万4307円。年間予想収入438万7517円。

あくまでも毎月最終営業日の夕方の数字であって、
外国株や為替などは正確な月末の数字ではない。
(ただし最終営業日の翌日が土日祝日の場合は例外もあり)
日本株にはJ-REITも含まれる。
米国株とは米国上場銘柄という意味であり、
英国やカナダ等に本社のある銘柄も含まれる。
中国株とは現状では香港株であるが、本土株を加える可能性もある。
ファンドの分配金は受け取らずに再投資する場合もある。
FXの時価とは元本+含み損益であり、ポジション総額ではない。
いわゆる生活防衛資金は含まれていない。
予想配当や分配金やスワップは、税引き前の数字であり、
税引き後が知りたければ勝手に2割ほど引けば良い。

ジャスダック指数が-1.21%、東証REIT指数が-2.45%。

日本株の値動きは、最終日の福岡リートの大幅安のインパクトは大きかった。
これさえ無けりゃ日本株はプラスだったのだが。
強めだったのはエプコ、夢真、FTG、アプライド、プロシップ、アバント、
ダイキアクシス、中央自動車、ミロク情報といったところ。
それぞれ決算の結果に一喜一憂だが、FTGは自社株買いの発表、
中央自は100株に単元変更が効いてるかもしれない。
エプコはやっと電力事業への投資が終息して本来の姿に戻りつつあり、楽しみ。
数年後だと思うが、実力発揮できればEPS150程度はあると思うので。
弱かったのは日成ビルド、ソーバル、情報企画、明光ネット、コネクシオ。
こちらも1Qの結果と、ソーバルと明光は権利落ち。
日成ビルドの1Qは良かったのだが、市場の誇大妄想癖には閉口する。

米国株の売買は先月減配したPOTを売却。KO、LMTを買い増し。
値動きとしては、ARCCが強かったのは利上げを見越してか。
だとするとAGR、PPL、SOの電力株とJNJ、LMT、Tのディフェンシブが弱いのも頷ける。
金融株でも入れるべきだろうか・・・

ファンドは日本金融ハイブリッド証券オープンが分配金を80円から40円に大幅減額。
基準価額が1万円に近づいてるので、慌てて火消しという感じ。
この40円がインカムで賄える程度なので、健全にはなったが。

FXはUSD/CHFロングを1万通貨増やした。

貴金属は純銀ETFを少し買い戻した。

全般として、株価は軟調。月末にやや円安になるが為替ではカバーし切れず。
インカムは増配と円安で増加。

日本株と米国株は、少し銘柄数を減らそうかと思ってる。
「分散か集中か」とかの高尚な理由ではなく、単に集計作業が面倒だから(汗)


スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 10:55 | Comment(4) | TrackBack(0) | 資産状況 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
幅広く運用されてますね。
投資への考え方など、いつもとても参考になります。

私は今まで外国株を色々買ってきたんですけど、なんか疲れてしまって。(-_-)
8月に全部売却して、外国債券にしました。
最低購入単位が20万ドル以上になるのですが、格付けがまあまあで、利回りが4%くらいの債券があって、担当者が紹介してくれたので。
ただ、20万ドル以上なので、ちょっと偏ってしまうので、どうかな?と思いましたが・・・。

更新楽しみにしています。これからもがんばってください。(^-^)
Posted by デイちゃん at 2016年09月01日 18:48
デイちゃん、こんにちは。
応援ありがとうございます。

私だったら、全て外国債券という状態の方が怖いと感じるかもしれません。
(実際にやった事がないので良くわからないけど)
株式なら企業の成長という心の支え(笑)がありますが、
外国債券だとリターンの根拠の殆どは為替という丁半博打ですから。

Posted by 管理人 at 2016年09月01日 23:12
いつも拝見しています。
>市場の誇大妄想癖
予想していましたがこの銘柄も理想買い現実売りされてるのでしょう。
>ディフェンシブが弱いのも頷ける
電力は勢いがなくなりましたね。私はこのあたりを整理しました。
またいずれお世話になる日が来るでしょうけれど。
>金融株でも入れるべきだろうか
カナダの銀行は回復していると思いますがこの先どうでしょうかね
Posted by たけ at 2016年09月03日 13:58
たけさん、こんにちは。
「理想買い現実売り」ってのはビッグイベントがある場合(その前後)ですが、
日成ビルドの1Qがビッグイベントだとは思えません。
(建設会社なので1Qは最も売上げが少ない)
単に大口がマクロ面を見て資金を出し入れしてるんだと思ってます。

カナダの銀行は四大銀行のうちどれかを買おうかとちょっと考えてます。
利上げするほど好景気な米経済とある程度の連動性はありそうですし。
ただ、米銀よりも原油価格に翻弄され易そうで、そこが心配です。

Posted by 管理人 at 2016年09月03日 16:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.