2016年04月22日

リスクヘッジ

少し前に「日経225のプットオプションで保険を掛けてるのか?」という質問を頂いた。
「面倒だからやってない」と答えたのだが、もう少し詳しく書いておこう。
(先物もオプションも経験が無いので、頓珍漢な事を書くかもしれないが御容赦を)

確かに現物株に対してオプションでヘッジを掛けるという手は見た事がある。
(インベスターというよりトレーダーの皆さんがやってる様な気もするが)
いくら信頼してる現物株でも全体が暴落する時は道連れであり、
それを避けたいという気持ちも理解できる。

しかし本当に上手くいくものだろうか?

外貨建てファンドで「為替ヘッジ」というものがある。
例えば、米国債に投資するファンドがある。これの利回りが3%だとする。
仮に日本国債が-1%とすると、金利差の4%は魅力的だ。
しかしドル円の変動が10%もあったら、4%など簡単に消し飛んでしまう。
そこで為替ヘッジ付きという商品が創られる。
ドル先物を売る事で為替の変動を相殺しようという訳だ。
そして残るのは債券価格変動と金利差。
一見、まことに結構な仕組みに見える。

ところが、だ。
この時、為替ヘッジにかかるコストは4%なのだ。
金利裁定。
このヘッジコストで金利によるリターンが消え、
残ったものは日本国債の同等物である。
リターンは-1%。
そして業者の取り分というコストがここから引かれる。
更に言えば、ヘッジは必ず成功するとは限らず失敗する場合もあり、
失敗すればもっとリターンが減る。
失敗してもコストの方は減らないし。

先物やオプションに限らず他の方法も含めてヘッジって、これと同じじゃないのかね?
10%のリスクをヘッジすれば、10%のリターンが減る。
リスクゼロならリターンゼロ。
基本的にはリスク=リターンだと思ってる。

リスク少なくリターンを上げる人たちも居るだろうが、
その人たちはインベスターでもトレーダーでもなくアーティストだと思ってる。
ほんの一握りの選ばれたアーティストであり、常人には真似できない。
そんなアーティスティックな才能は私にはないので、
本格的なヘッジをしても努力の割りに効果は薄そうな気がする。
なので「面倒」なのだ。
(レバレッジの掛かってる信用取引やFXは、ある程度のヘッジは考慮するが)


そもそも、本筋の投資の方でインカム狙いなんていうセコい事やってる奴が、
ヘッジの方だけは華麗に芸術的な技を決められるというのが矛盾してるしね。

「自分に無理な事を無理と認識する」っていうのは、中々のリスクヘッジだと思う。


スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 16:16 | Comment(5) | TrackBack(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも拝見しています。
こういう話題も、いつも感心を持って拝見しています。

>そもそも本筋の投資の方でインカム狙い
>ヘッジの方だけは華麗に芸術的な技を決められるというのが矛盾
>「自分に無理な事を無理と認識する」っていうのはリスクヘッジ

自分も含めドキッとした人が大勢いたかも、、、。(笑)
本質的な事です。心しておきたいです。

ところで冬葉さんは、長期投資の観点から、
タイミング投資、資金配分、資金管理について、どのように思っておられますか?
Posted by たけ at 2016年04月22日 22:47
たけさん、こんにちは。
長期投資にも色々あるので、あくまで私の場合ですが。

私の投資対象は「永久社債」みたいな性格の代物が大半で、
保有してることが収益源なので、それを売ってしまうことは失業を意味します。
「ずっと、ほぼフルポジで居る事」が私の仕事です。
ですからタイミングの計り様がないし、配分も基本的には変え様がないし、
なので管理といってもただ持ってるだけです。

転職先(他の収益源)が見つかれば別ですが、その見込みもありませんし。
だったら自ら辞める(売る)訳がないのはサラリーマンと同じです。

Posted by 管理人 at 2016年04月22日 23:31
冬葉さんのことだから、様々な判断の上でメンドクサイっていう回答だろうと理解しておりました。私なりにその後考えて、かけるコストの大きさやタイミングを図る難しさを感じていました。勉強になります。ありがとうございました。
Posted by たんたん at 2016年04月23日 01:38
同感です。よく、現物買い持ちに対する売りヘッジなど聞きますが、例えば、100の買いポジに対して10の売りポジを持つならば、最初から買いポジを90に減らせば良いだけのことじゃないかと思います。そこに合理性があるとすれば流動性かなと。自分の保有銘柄全てを均等に100→90に減らすことは難しいので、その代わりに指数の売りポジを10持つということではないかと。
ただ、平均以上に相場タイミングを当てない限り、長期的にはやはりフルポジの人にはパフォーマンスは劣ると思います。
資産変動のボラを抑えるという発想から転換して、評価方法そのものを変える、例えば、額面の資産金額ではなく受取配当金額の増減や、持分の利益の増減などを軸にして考えれば、フルポジであっても変動は緩やかなものになると考えています。
Posted by 10円HAGE at 2016年04月29日 14:00
10円HAGEさん、こんにちは。
そうですね。評価方法を変えるというのも一法だと思います。
あとは評価期間を変えるとか。

でも、ヘッジする人の本当の目的はボラを抑える事じゃなくて、
本筋とヘッジで2倍の売買をする事なので、
まぁ、破綻しない程度に楽しくやれば良いですね。

Posted by 管理人 at 2016年04月29日 15:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.