2015年12月01日

2015年11月末の資産状況

日本株式(+円) 元本4391万0004円、時価7389万5810円。年間予想配当金230万2066円。
米国株(+米ドル) 元本1906万6678円、時価2339万9882円。年間予想配当金109万5265円。
中国株(+香港ドル)元本103万4415円、時価199万8274円。年間予想配当金11万4333円。
アセアン株    元本275万3345円、時価264万2007円。年間予想配当金12万8622円。
外貨建てファンド 元本392万1170円、時価421万5150円。年間予想分配金52万5600円。
FX        元本526万8295円、時価541万8638円。年間予想スワップ56万5750円。
貴金属      元本193万9349円、時価300万1528円。年間予想配当金0円。

合計       元本7789万3256円、時価1億1457万1289円。年間予想収入473万1636円。

あくまでも毎月最終営業日の夕方の数字であって、
外国株や為替などは正確な月末の数字ではない。
(ただし最終営業日の翌日が土日祝日の場合は例外もあり)
日本株にはJ-REITも含まれる。
米国株とは米国上場銘柄という意味であり、
英国やカナダ等に本社のある銘柄も含まれる。
中国株とは現状では香港株であるが、本土株を加える可能性もある。
FXの時価とは元本+含み損益であり、ポジション額ではない。
いわゆる生活防衛資金は含まれていない。
予想配当や分配金やスワップは、税引き前の数字であり、
税引き後が知りたければ勝手に2割ほど引けば良い。

ジャスダック指数が+4.61%、東証REIT指数が+1.33%。

日本株は対指数では芳しくない。
特に強かったのは2020年までにLED化で注目された(?)FTGと、
なんでだか判らないSHINPO。
(まさか、かんぽと間違われてたりして(笑))
SHLや日本空調といった主力が強かったのも効いた。
世紀東急、ソーバル、ユニリタ、IT4、アメイズ、IDEC、兼松エレ、フジ住宅も健闘。
スズデンも頑張ったが、それでも未だに4%超とは信じ難い
(後日訂正:記念配込みだった)
逆に弱かった方。常連の日成ビルドと夢真以外では
コネクシオと沖セルの通信コンビが低迷。
これとFTGで国策の明暗が別れた。

米国株は結局何も売買せず。
全般に小弱い展開の中、KMIの底なし沼感が凄い(笑)
損切りすべきだったのはCVXではなく、こちらだったか。
誰も注目してないだろうけどGEがしっかりしてる。

中国アセアン株も売買せず。
先月よりはかなり回復してきてる。

ファンドは損出ししたのだが、その時にユーロハイイールドを減らした。
で、その分で米国小型ハイクオリティを買い増ししようと思ってたら忘れた(汗)
なので元本が少し減少してる。

ゴールドが何時の間にか4500円/gを割ってる。

12月の方針は
日本株は、出してる売り注文が約定すれば、
既に建ててる新規銘柄の買い玉を現引きしたい。
米国株は、2回目の節税損出しをやらねばならぬ。
ファンドは米国小型の買い増しを今月こそ。
しかしどちらもFOMCの前が良いのか後が良いのか悩みどころ。
あとはこのまま放置で・・・・と思ったが、
SBIのベトナム株が特定口座で扱われる様になるのを思い出した。
これを買っちゃうと楽天で保有してるアセアン株と
バラバラになっちゃって、管理が面倒になりそう。
楽天がベトナムも扱ってくれれば良いのに。


スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 16:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | 資産状況 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも拝見しております。
KMIは本当に底なしに見える形になってますね。
シェールオイル・ガスの息の根を止めたい人達はまだまだ余力があるのでしょう。
XOMを少し買ったのですが早過ぎたかと反省しています。
と言ってもどうせタイミングなど分からないのですが。
Posted by たけ at 2015年12月03日 23:07
たけさん、こんにちは。

広瀬さんの話では「本当にシェール業者が苦しくなるのは、これから」だそうで。
http://markethack.net/archives/51990448.html

でも、XOM含めてオイルメジャーはそれほど下げてませんよね。
私の持ってるBPも、S&Pと同程度の動きですし。
KMIだけが異常に下げてて、どうしたものだか・・・・・

Posted by 管理人 at 2015年12月04日 07:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.