2015年10月31日

2015年10月末の資産状況

日本株式(+円) 元本4323万9435円、時価7219万8941円。年間予想配当金230万0766円。
米国株(+米ドル) 元本1905万2840円、時価2393万0567円。年間予想配当金103万9764円。
中国株(+香港ドル)元本103万0083円、時価189万4754円。年間予想配当金13万5953円。
アセアン株    元本274万4899円、時価257万0210円。年間予想配当金12万7225円。
外貨建てファンド 元本426万1400円、時価450万3420円。年間予想分配金55万4400円。
FX        元本522万4836円、時価532万1317円。年間予想スワップ56万7210円。
貴金属      元本192万9349円、時価318万6783円。年間予想配当金0円。

合計       元本7748万2842円、時価1億1360万5992円。年間予想収入472万5318円。

あくまでも毎月最終営業日の夕方の数字であって、
外国株や為替などは正確な月末の数字ではない。
(ただし最終営業日の翌日が土日祝日の場合は例外もあり)
日本株にはJ-REITも含まれる。
米国株とは米国上場銘柄という意味であり、
英国やカナダ等に本社のある銘柄も含まれる。
中国株とは現状では香港株であるが、本土株を加える可能性もある。
FXの時価とは元本+含み損益であり、ポジション額ではない。
いわゆる生活防衛資金は含まれていない。
予想配当や分配金やスワップは、税引き前の数字であり、
税引き後が知りたければ勝手に2割ほど引けば良い。

ジャスダック指数が+4.14%、東証REIT指数が+3.10%。

日本株は指数に比べると良く頑張った。
と言っても、特に上げたのがあった訳でもないのだが。
強いて言えば日本空調サービスとAITが強かったぐらいか。
まぁ、全般に小じっかりな感じであった。
ビール権利落ちの日本ハウスと、パナと提携解消のエプコが弱かった。

米国株は全く売買せず。
値動きとしてはKMIとPOTとIBMを除いて、殆どの銘柄が上昇。
先月下旬の節税作業は素晴らしいタイミングだったと自画自賛。
これでCVXを手放さなけりゃ完璧だった。
ただ、月末になってNYCBが暴落。他の金融機関を買収するらしいのだが。
こういう派手な事をしない銘柄だと思ってたので、
意外というかちょっとガッカリ。

中国株とアセアン株も売買せず。
1ヶ月間、全く見てもいなかったのだが。

ファンドは米国小型ハイクオリティを買い増しするのを忘れてた(笑)
米国成長株集中投資の方は、やっぱり要らないかなぁと思い始めてる。
ユーロハイイールドも節税損切りが必要だが、タイミングを失したかも。

FXは辛うじて含み益になった。
しかしスワップがじりじりと減っていて、
これが予想収入減少の最大要因。

11月の方針は、
日本株は、もし売れる銘柄が出てきたら売って
その資金で買い玉を現引きしたい。
米国株はIBMを買い増ししたい。
ファンドは前述の通り。


スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 16:48 | Comment(4) | TrackBack(0) | 資産状況 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも拝見しております。

>日本株は、もし売れる銘柄が出てきたら売って
>その資金で買い玉を現引きしたい

なるほど、参考になります。

>NYCB、、、こういう派手な事をしない銘柄だと思ってたので、
>意外というかちょっとガッカリ

地味な銀行としてカナダの銀行はいかがですか。低配当すぎますか?
Posted by たけ at 2015年11月09日 23:21
たけさん、こんにちは。

カナダの地味な銀行ってアメリカに上場してるんですかね?
5大銀行なら検討したことはありますけど、配当は充分だと思います。
でも、米銀を差し置いて加銀を買うのも可笑しいかなぁと思って止めたんですが。

Posted by 管理人 at 2015年11月10日 07:45
言葉不足でした。5大銀行のことです。

サブプラ後の欧米銀行を検討した際、こう思って買ったのです。
(カナダの銀行は、欧州米国の投資銀行や商業銀行のように
 財務誤摩化し・規制回避・国外逃避など、無茶苦茶できなかった。
 商業銀行と投資銀行の中間くらいの味付けか。
 ならば欧州米国とカナダの銀行を混ぜて買っておけばどうかな。)
と。
Posted by たけ at 2015年11月12日 20:24
そうですね。
銀行株だけで数銘柄も買うなら、カナダの銀行は必須だと思います。

カナダ経済がもっと米国経済と相関していれば銀行も買いたかったのですが、
現状では資源価格との相関が強すぎると感じて、それもネックでした。

Posted by 管理人 at 2015年11月12日 23:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.