2015年10月01日

2015年9月末の資産状況

日本株式(+円) 元本4314万4250円、時価6904万3456円。年間予想配当金226万3810円。
米国株(+米ドル) 元本1888万1591円、時価2174万0155円。年間予想配当金107万1336円。
中国株(+香港ドル)元本102万9847円、時価185万8247円。年間予想配当金11万1810円。
アセアン株    元本274万4898円、時価242万9403円。年間予想配当金12万3254円。
外貨建てファンド 元本429万1100円、時価437万7060円。年間予想分配金55万4400円。
FX        元本517万2978円、時価469万0511円。年間予想スワップ63万9845円。
貴金属      元本191万9349円、時価308万9331円。年間予想配当金0円。

合計       元本7718万4013円、時価1億0722万8163円。年間予想収入476万4455円。

あくまでも毎月最終営業日の夕方の数字であって、
外国株や為替などは正確な月末の数字ではない。
(ただし最終営業日の翌日が土日祝日の場合は例外もあり)
日本株にはJ-REITも含まれる。
米国株とは米国上場銘柄という意味であり、
英国やカナダ等に本社のある銘柄も含まれる。
中国株とは現状では香港株であるが、本土株を加える可能性もある。
FXの時価とは元本+含み損益であり、ポジション額ではない。
いわゆる生活防衛資金は含まれていない。
予想配当や分配金やスワップは、税引き前の数字であり、
税引き後が知りたければ勝手に2割ほど引けば良い。

ジャスダック指数が-4.45%、東証REIT指数が+2.65%。

日本株はまぁ指数並みだろうか。
特にはっきり動いたのもなく全般的にジリ貧。
強いて言えば例の携帯料金方針でコネクシオと沖セルが下げたぐらいか。
久々に反発のREITが下げを緩和してくれた。

米国株はあまりにも長くなったので別記事としてアップする。
売買としてはIBMを新規購入。
GSK、PFF、PGを買い増し。
KMI、MO、POTを部分売却。
CVXを売り切り。
値動きとしてはタバコと兵器と電力が強く、
資源と欧州が弱いという毎度お馴染みの展開。

ファンドは先月から買った2銘柄を買い増しした。
成長株集中投資の方は予想通りに分配金が5円まで減った。

FXはAUD/NZDショートを利益確定したが、
これは先月書いた疑問を解消するため。
はっきりと含み損に転落した。

10月の方針は、
日本株は動かない。というか、現金がないので殆ど動けない。
資金さえあれば現引きしたい買い玉はあるのだが。
米国株は値動き次第で節税の買い直しを継続。
ファンドは買い増し継続。


スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 17:08 | Comment(4) | TrackBack(0) | 資産状況 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも拝見しております。
CVXを売り切り、、、ですか。
私も保有していますが買い増ししようかと思っていました。
PFFとは? 名称を教えてくれませんでしょうか
(別記事で拝見できればよいのですが)
よろしくお願いします
Posted by たけ at 2015年10月01日 21:06
たけさん、こんにちは。
PFFはiShares US Preferred Stock ETF(iシェアーズ 米国優先株式 ETF)です。
https://www.blackrock.com/jp/products/239826/ishares-us-preferred-stock-etf

Posted by 管理人 at 2015年10月01日 23:06
毎月興味深く記事を拝見しております。
先月から購入したファンド2銘柄を買い増ししたとのことですが、さしつかえなければお教えいただけませんか?
当方、5年後をめどに配当金生活への移行を考えており、現在は国内株と米国株(ADR含む)が投資対象ですが、これらだけでは配当に不足感があるため、ファンド(投信)への投資を検討中です。できれば、冬葉さんのそれらファンドに対するお考えも含めて参考にさせていただきたいのですが。。。
Posted by 田舎の会社員 at 2015年10月05日 22:17
田舎の会社員さん、こんにちは。
「配当に不足感・・・」とのことですから、
恐らくは個別株で得られる以上のインカムのファンドを検討されてるのだと思うのですが、
それらは継続性に根拠がないので私は好きじゃないです。
ただ、収入額が充分ではない現状では、全く考慮しないという訳にもいかないです。
なので妥協ですね。

私のファンドに対する主目的は、個人が日本から手軽に購入できない金融アセットを購入する代替手段です。
なので、この意味でも「妥協」です。
Posted by 管理人 at 2015年10月06日 08:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.