2015年07月03日

2015年6月末の資産状況

日本株式(+円) 元本4081万1681円、時価7332万0787円。年間予想配当金218万3450円。
米国株(+米ドル) 元本1800万7428円、時価2274万9891円。年間予想配当金103万5329円。
中国株(+香港ドル)元本242万9309円、時価438万0181円。年間予想配当金19万4105円。
アセアン株    元本234万4080円、時価246万9985円。年間予想配当金12万1289円。
外貨建てファンド 元本521万2960円、時価570万8370円。年間予想分配金86万0400円。
FX        元本633万6937円、時価685万7470円。年間予想スワップ122万0195円。
貴金属      元本185万3439円、時価324万5165円。年間予想配当金0円。

合計       元本7699万5834円、時価1億1873万1849円。年間予想収入561万4768円。

あくまでも毎月最終営業日の夕方の数字であって、
外国株や為替などは正確な月末の数字ではない。
(ただし最終営業日の翌日が土日祝日の場合は例外もあり)
日本株にはJ-REITも含まれる。
米国株とは米国上場銘柄という意味であり、
英国やカナダ等に本社のある銘柄も含まれる。
中国株とは現状では香港株であるが、本土株を加える可能性もある。
FXの時価とは元本+含み損益であり、ポジション額ではない。
いわゆる生活防衛資金は含まれていない。
予想配当や分配金やスワップは、税引き前の数字であり、
税引き後が知りたければ勝手に2割ほど引けば良い。

ジャスダック指数が+1.75%、東証REIT指数が-3.37%。

これにドル円が-1.5%ぐらいなのを考慮すると
前月比マイナスが妥当だが、意外に頑張った。
REIT以外の日本株の健闘が全て。
しかし個別にはダイキアクシス、アメイズ、グリクロといった
非主力組が強含みだったぐらいで、特に上げたのはなかったのだが。
なにが良かったのだろう?

米国株は、株安で円高という救いがない状態。
ただ、クラフトとAT&Tという買収話のある銘柄だけは上昇した。
逆に言えば、そんなイレギュラーな銘柄しか上がらないのだ。
しかもこんな株安が少なくとも年末までは続くと思う。

中国株は5月の急騰の一服。
アセアン株は急騰もしてないくせに一服。
SBIの特定口座対応はまだだろうか。
マネと楽天と同様の年末ギリギリ?
ベトナム株に興味があるのだが、外資規制が緩和されて
高くなったところで買う羽目になりそうな予感。

FXが最も足を引っ張った。
リスクオフで円高というワンパターン。


スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 15:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 資産状況 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.